スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「新約 とある魔術の禁書目録」9巻感想 ※ネタばれ有 

「新約 とある魔術の禁書目録」9巻読了~。

20140113_01.jpg

世界が滅びてましたw
いきなりええー!?ってな感じでスタートした今巻。
丸々1冊が神となったオティヌスと上条当麻の2人の戦いが描かれました。

右手の力を確実に潰すために当麻の心を挫くため、
数々の見方を変えた世界を当麻に見せるオティヌス。

肉体的にも精神的にもこれはきついってくらいの消耗戦を続けますが、
それでも挫けない当麻が凄い。

でも、ついに訪れた決定打は、誰もが幸せな世界の光景。
当麻が救って得た人々の小さな幸せを遥かに超える
誰にとってもこれ以上ない最高の幸せの形が体現された世界。

20140113_02.jpg

完璧な世界を見せられた上に、
異物である当麻がいると世界を壊す可能性となるとまで言われて
さすがの当麻もこれには耐えられませんでしたね。

オティヌスに自殺を促され、それに従う決意を固める当麻だけど、
寸での所に現れたのはミサカネットワークの「総体」。

なんともあやふやな存在だからこそ、
オティヌスの作り出した世界で異物として存在を果たした彼女。
元の世界にも総体として存在はしている見たいですね。
ミサカネットワークとか「とある」の世界で応用ききすぎていて怖いw

20140113_03.jpg

総体と当麻の会話ですが、
読者の言いたいことを言ってくれた感があって
ここまでモヤモヤしてたものが晴れてくる爽快感があってよかったです。

倫理や理屈ではなく、どこまでもエゴを追求しての行動ってのが人間らしいというか、
自分を殺してしまう当麻からは偽善しか感じられなくなりそうだったので
ほっとしたという感じ。

これまで散々正義の味方やヒーローなんて言葉が使われてきましたが、
新約になってから少しずつどこにでもいる高校生の基準に引き下ろされてきたのが
ついにかなったというところでしょうか。

でも一度拳を固める決意をしてしまえば後は貫くのみって辺りは
やっぱり主人公の当麻らしさでもあって、そこはやっぱカッコいい部分でした。

オティヌスとの戦いも拳を交えるという点では戦いと呼べるかは難しいとこですが、
1人の少女であり神である彼女の唯一の理解者という立ち位置となったのは
今巻での一番の収穫になった部分でしょうか。

当麻の望んだ元の世界に戻った2人。
他の誰にも理解できない2人だけの奇妙な絆が出来上がっているようなものは
これまでの戦いを一変するのは確実。

20140113_04.jpg

世界を敵に回してオティヌスを救うと決めた当麻ですが、
さて本当にどうなってしまうのか。

あらすじいわく、金髪碧眼の女神様が渾身のデレを見せてくれるそうですが、
やっぱそうなるのかw

詳しい事情を知らずとも仲間になってくれる人はいるだろうけど、
さすがに各国首脳陣はけじめをつける必要がありますからねぇ。

次巻で決着が付きそうですが、それがどんな形になるのか。
注目してます。

新約 とある魔術の禁書目録 (9) (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (9) (電撃文庫)
(2014/01/10)
鎌池和馬

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2014.01.13 Mon. 22:03 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「冴えない彼女の育てかた」5巻感想 ※ネタばれ有 

「冴えない彼女の育てかた」5巻読了~。

20131124_01.jpg

挑発的な表紙が来ましたね。
ってことで今巻は詩羽が再びのメイン。

ちなみに個人的に楽しみだった美智留を含めての日常風景も
場面は少なかったけどきちんとありました。

20131124_02.jpg

学校が違うというのが最大のネックであり、さすがに出番が少ないですが、
登場してからのマイペースっぷりは健在。
英梨々は幼馴染のメリットをいかせず相性悪く、
詩羽に泣きつくというのが面白い光景。
願わくば次巻以降ももっと出番があるといいなw

さて、メインであるところの詩羽の行動。
それは2つ用意した結末のどちらがいいかを倫也に選択させること。
瑠璃にキャラ設定に自分を重ねている部分がある詩羽にとっては、
自分を選んでくれるのかという重要な選択だったようですが。

で、結末まで飛んでしまうと倫也の斜め上っぷりがすごかったとw
鈍感主人公も極まっているというか、
ゲーム制作という観点でしか見ていなかったというか、
そもそも巡璃と瑠璃をいちキャラとして見ているがために
現実の女の子の気持ちを重ねてみることをしていなかったというか。

なんにせよギャルゲー主人公としてひとつの決断選択肢を
華麗にスルーする回答を選ぶあたりさすがです。

だからこそゲーム制作という面から見れば
盲点だった重大な欠陥を改修することができたわけで
これはこれで結果オーライとも言えるのかな?^^;

そのきっかとなったのがライバルである伊織の言葉というのは皮肉でしたが。

20131124_03.jpg

悪堕ちを演出するとか、
白昼の公園で楽しそうに世界を作ってる彼らを想像すると
随分笑えるシーンではありましたがw

何はともあれ3巻の伏線を回収、冬コミの役者は決まった感じでしょうか。
あとはゲーム制作がきっちり間に合えば・・・。

恋愛の進展を犠牲にしたおかげ?か、
ゲーム制作も残すところは原画担当の英梨々のみかな。
しばらく恵としか交流が深まってなかった英梨々が
久しぶりに倫也と真っ向からぶつかる話が見れそうで楽しみです。

ちなみに恵の扱いについては相変わらず判断しづらいですねぇ。。

20131124_04.jpg

詩羽指導の演技については瞬間風速としては最大級のヒロインっぷりを見せますが、
素の姿はあまり変わっていないあたり微妙なポジションw
倫也との関係は良い意味でも悪い意味でもフラットに見えますわ。
それでも目が離せないのも確かなだけに絶妙ですw

そんなわけで修羅場でシリアスな展開になりそうな山場を
コメディのノリを合わせて突き抜けた今巻。
詩羽の気持ちはまだまだ折れていないのか気になりますがw
ひとまずは次巻の英梨々のターンを楽しみにしてます。

冴えない彼女の育てかた 5 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 5 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/11/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.11.24 Sun. 22:33 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「ストライク・ザ・ブラッド」9巻感想 ※ネタばれ有 

「ストライク・ザ・ブラッド」9巻読了~。

20131027_06.jpg

10月からアニメも開始している本作。
良くも悪くも無難な感じになってるといった印象ですが、
ペース的には5巻くらいまでいきそうかな?
クオリティ維持して頑張って欲しいです。

さて本編の感想。

赤道直下の常夏島なのになぜ今までなかったのか水着回w

20131027_07.jpg

といってもそんなに出番がなかったというか、
普通に水着より凪沙の水着エプロンが一番破壊力あった気がしなくもないw
これから凪沙のルームウェアはこれでお願いします(マテ

浅葱とか水着姿を披露するのに頑張ったりしたけど、
いつも通りラッキースケベの被害にあったりとなんとも不遇なヒロインw
古城の周りの女の子は努力するほど空回りしてそうですねw

そして今回も新たなヒロイン登場ってことで、
世界最強の夢魔"リリス"の後継者である江口結瞳。
ついに小学生にまでその毒牙にかける古城(違

彼女の精神支配能力を使い、レヴィアタンを操り、
それをもって浅葱を殺そうと企てるとか、
むしろそこまでしないと殺せない浅葱がどんな存在なんだって話ですが、
これまでにも出てきた"カインの巫女"という言葉が、
聖殲を起こす引き金となるみたいですね。

20131027_08.jpg

こちらも新キャラとなる妃崎霧葉という
獅子王機関同様に政府側に人間からもたらされた情報は
既存の勢力も一枚岩でないことを明確とするものでした。

絃神島は聖殲の舞台として用意された、
もしくは浅葱を生かすために用意された舞台という感じですが、
やはり鍵となるのは聖殲という言葉ですね。
カインの巫女の役割も気になるところですし、
古城含めて真祖たち、そして政府やその他勢力が何を目的としているのかなど
少しずつ真相に近づいていそうでいて、まだまだ見えないものも多そうです。

ただ、古城たちはまだそれぞれのポジションがいかに重要か、
今の戦力バランスがどうなっているかを意識する位置までは来ていないかな?

20131027_09.jpg

結瞳も古城ハーレムの一角となった感じで、
単純に美少女揃いではなく、それぞれが一騎当千というか
場面次第では古城より戦える面子揃いになってきましたね。

浅葱が狙われる立場にいることを古城や浅葱本人が知ったときには
また違った動きになるのかもしれませんが、
現状それを知っている紗矢華がどの程度事態を把握しているか、
それを古城たちに伝えるかは微妙なとこでしょうか。

一番事情を把握している矢瀬や那月あたりが
今回のように裏で立ち回り続けるのかもしれませんが。

真相に近づいたようでもう1つ2つ壁がありそうになってきた今巻。
水面下で起きている諸々がそろそろ浮上してきそうですね。

次巻も楽しみにしてます。

ストライク・ザ・ブラッド (9) 黒の剣巫 (電撃文庫)ストライク・ザ・ブラッド (9) 黒の剣巫 (電撃文庫)
(2013/10/10)
三雲岳斗

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.10.27 Sun. 22:08 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

「アクセル・ワールド」15巻感想 ※ネタばれ有 

「アクセル・ワールド」15巻読了~。

20131013_05.jpg

表紙が黒雪姫じゃないことでひとつネタが出来るのが最近の流れw
ついにアバターですらなくなってメタトロン登場ですが、
人より人らしい外見です。
でも小っちゃいアイコン姿で偉そうな口調なのも、それはそれで可愛かったりw

さて本編はニコ奪還&現実帰還のために二手に分かれた一向。
それぞれの行く先で重大事項が起こるなど緊迫感あふれる展開でした。

まずはカラーピンナップで肌色満載なネガビュ古参の女性陣。

20131013_06.jpg

脱出ポータル目指しつつISSキット破壊をも目標とするなど
難易度が高いミッションですが、
目の前にあるものは破壊して進むという真性ドSの彼女たちにこそ
本性もとい本領発揮の道程でしたね^^;

辿り着いた先に待っていたのは、ポータル座標に固定された
ISSキット本体と目される巨大な目玉アバター。
そしてそこから登場した退場したはずの初代赤の王レッド・ライダー。

20131013_07.jpg

伏線となっていたレッド・ライダーの紋章の入ったアイテム、
明かされるISSキット製造の謎、
レッド・ライダーの正体とそれを生み出した加速研究会会長の能力。
色々と繋がってきましたね。

それはそれとしてレッド・ライダーがイケメンすぎました。
黒雪姫に裏切られたことなどは、その真相があることで割り切ってる様子だし、
研究会に意にそぐわず駒として利用されている中でも
自分のしたことの後始末をしようとしていたり、さすがの王の1人といった風格です。

弱体化してるとはいえ、遠距離型とは思えぬ近接戦闘への対処などその強さもすごい。
スカーレット・レインとは全くタイプの違う赤系統の妙技といったところ。
格闘ゲームに出てきそうな銃キャラですね。

思わぬ相手との対戦の後は、ISSキット本体との対決。
極太レーザーや近接の瘤攻撃?など、一撃が即死級の技の連発とかさすがのチート。
レベル8、9の面々をここまで圧倒するに至る
ISSキット本体の強さの源はわかりませんでしたが、
単身で護衛がついていないだけの強さの保証があったということですかね。

さすがに全員が本気を繰り出しての戦闘となったのが見ごたえありましたが、
特によかったのはスカイ・レイカーの心意の中和と、
アーダー・メイデンのマグマの心意。

どちらも2人だからこその技であったり、行動であったりと
その絆の深さがうかがえたのが印象に残りました。

でも倒したと思ったら次なる展開が…は本作お決まりのパターンですね。

ってことで今巻のもう1つの展開、ハルユキ、タクム、チユ、パドさんの方へ。
ブラックバイス追跡の最終地点は彼らの本拠地であろう学校。
アルゴン・アレイ、そして突如現れたウルフラム・サーベラスと
今回の決着にはおあつらえ向きの場所と面子が勢揃い。

20131013_08.jpg

鍵となったのは意外といえば意外だし、
伏線はあったといえばその通りなウルフラム・サーベラス。

単純なアバター戦での決着の後に待っていたのは、
クロウの願いもサーベラスの願いも全てを染める黒い存在、
サーベラスに宿る第三の人格としてまさかのダスク・テイカー復活。

本作において最も思い出したくない期間を演出したキャラなだけに
読んでるこちらも悪夢を感じざるを得なかったです。

さらにここからの展開はさらなる最悪展開へ。
ダスク・テイカーの略奪スキルで、スカーレット・レインの強化外装を強奪、
それをまとったダスク・テイカーに、ISSキット本体から放たれた悪意の種?が融合、
災禍の鎧マークⅡが誕生してしまうという形に。

20131013_09.jpg

ニコ復活で、意外と?気丈なままでいてくれたのが安心材料ですが、
最大級の悪意が再来してしまったことで、
加速世界はかつて以上の危機に見舞われてしまう可能性が出てきました。

これは今度こそ王の出番でしょうという気がしますが、
加速研究会と白の王こと黒雪姫の姉の存在が繋がっている線が濃厚なのも気になるところ。

まずは目の前の窮地を脱することに専念となるのでしょうか。
さすがにここで災禍の鎧を浄化はできないでしょうし、
ライム・ベルの能力でも戻せるのか怪しそうなところ。

黒雪姫たちが現実に戻って、ニコのニューロリンカーを抜いてしまった場合も
戦力的な心配がありますしね。
連戦に次ぐ連戦だしで、やはり仕切りなおせるのが一番賢い選択かな?

あと能美は反魂状態だから、現実に帰還することなく無制限中立フィールドに
存在し続けるのかな?
被害拡大も心配です。

というわけで追跡、戦闘、真相の公開と次なる展開への布石と
目が離せない展開続きですごく面白かったです。
クロウの成長も著しく、仲間との連携も合わせて戦闘の見ごたえもアップですね。

今巻も巻末に川原礫続刊情報。

「ソードアート・オンライン-プログレッシブ-」2巻が12月10日、
「アクセル・ワールド」16巻は2014年春頃とのこと。
隔月ではなく来年春というあたりが
何かしらメディアミックスとの調整が入ってる気がしますがどうでしょうか。

どちらも楽しみにしてます。

アクセル・ワールド (15) ―終わりと始まり― (電撃文庫)アクセル・ワールド (15) ―終わりと始まり― (電撃文庫)
(2013/10/10)
川原礫

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.10.14 Mon. 00:08 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「鋼殻のレギオス」25巻感想 ※ネタばれ有 

「鋼殻のレギオス」25巻読了~。

20130925_01.jpg

ドラゴンマガジン出の短編4本に書き下ろし2本の短編集。
ドラゴンマガジン掲載のものは2007、2009年と
結構前なので、時系列的にもその辺りの話。
書き下ろしは完結後の話で、あとがきでの作者の言葉を借りると
近い未来と遠い未来の話。

全編通してニーナがかなり出番が多いのを見ると、
本作においてニーナを中心に話が展開していたのかがわかりますね。

とはいえドラゴンマガジン掲載分は、
今読むにしては登場人物の立ち位置や心境などが
過去のものだという意識が強く、その辺り違和感となってしまったかなと。

てことで、感想は書き下ろしで。

まずは"パーソンズ"。
これは近い未来の話。
明確に書かれていませんが、ゴルネオやアルシェイラの子供の年齢を見るに、
数年、経っていても10年前後くらいって感じでしょうか。

"パーソンズ"とはいえ、全キャラ総出演ではなく、
ミフィがグレンダンを訪れて、体制の変革から新たな時代へという節目を描いたもの。

グレンダンといえばアルシェイラを筆頭に、
災厄へ対抗する力を集めていたわけですが、
脅威が去った後、どうなるのかってのはひとつの注目点ですね。

20130925_02.jpg

アルシェイラが王位を譲るための一悶着に
クラリーベルが筆頭となって暗躍したとか、相変わらずというか
こういう小芝居が似合いすぎるのですがw

20130925_04.jpg

王位継承権のままクラリーベルが次の王になるのかと思いきや、
アルシェイラが王位継承決定戦を開催するとかイベント勃発。
いや、正直こっちをすごく見たかったのですけど、
その模様は描かれなかったのが残念。

アルシェイラ自らが参戦、それを止めるリーリンとか、
子供対決とか見どころ盛りだくさんだっただろうなぁ。

個人的にはクラリーベルがなんだかんだ勝ち残って、
中二臭い女王様姿を披露したという結果を思い描きましたw

描き下ろしもう1本、そしてレギオスを締めくくったのは"ハイ・ブースター"。

遠い未来の話ということですが、クラスメイトが登場しているあたりから
十数年、あるいは数十年後という感じ。

ニーナはアルシェイラみたいな感じで勁の力で若さを保ってるのかな?
レイフォンとフェリは、言葉からだとちょっと特殊な存在になっている様子。
最終エピソードでまさかの新用語や人名が出てきたりと、
ここに至るまでに誰が何をしてきたのか、一気に時が立ちすぎてる気がしますね^^;

20130925_03.jpg

オーロラフィールド絡みの話は未だに続いているというか、
より積極的に探索をしているようで、
それと共に"検索者"という新たな敵も出現。
戦いの日々が続いていて、その中でニーナがかなりの中核を担っているのは
ずっと変わらないニーナらしさとも言えるかな。

レイフォンとフェリは・・・相変わらずですね。
何も変わっていないというか掛け合いに熟練の夫婦みたいな安定感が出てますが、
実際男女関係としてどの程度進んでいるのか結構気になるところだったり。

最終巻になって子持ちがアルシェイラと、
ゴルネオ&シャンテしか描かれなかったのは
本編でのすったもんだからするとちょっと寂しいかな。

シャーニッドとダルシェナあたりはこのあと進展に期待って感じですが。

レイフォンを中心とした女性陣として
メイシェンが幸せになっていてくれればなぁとは思います。

そんなこんなでこれで本当の最終巻。
本音は後日談でもっと濃密な状況を読みたいとか、
もっとカオスな短編も見たいとか色々思ってますが、
とにもかくにもレギオス堪能しました!

楽しい作品をありがとうございました。

雨木シュウスケ氏は新作がもう発売されているので、
そちらにも期待してます。

鋼殻のレギオス25    アンド・ゼン・アフター・ザット (富士見ファンタジア文庫)鋼殻のレギオス25 アンド・ゼン・アフター・ザット (富士見ファンタジア文庫)
(2013/09/20)
雨木 シュウスケ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.09.25 Wed. 23:07 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。