スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

のらくら雑記帳が選ぶ2013年面白かった作品 

今年1年、のらくら雑記帳に
お付き合いいただいたみなさんありがとうございます。
特に下期は更新が滞りまくって申し訳ない限り。

なにはともあれ今年も個人的趣味全開でお送りする
のらくら雑記帳が選ぶ2013年面白かった作品を紹介します。

<2013年に最も面白かった作品>

・【漫画】「おまもりひまり」12巻 作者:的良みらん 発売:ドラゴンコミックスエイジ

ハーレムエンドの衝撃が大きく、一番印象に残ってます。
瞬間最大風速的な意味では自分の中で飛び抜けていたということで選びました。
シリアス展開も多い上にサービスシーンも盛りだくさん。
ご都合主義な部分も多いですが、良いバランスで働いていたのではないでしょうか。
自分好みの完結をしてくれたのもよかったです。

おまもりひまり 12 (ドラゴンコミックスエイジ ま 1-1-12)おまもりひまり 12 (ドラゴンコミックスエイジ ま 1-1-12)
(2013/11/08)
的良 みらん

商品詳細を見る



・【ラノベ】「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 作者:伏見つかさ 発売:電撃文庫

今年はやはりこの作品でしょうか。
漫画のほうで選んだ「おまもりひまり」とは逆に、
いまいち結末に納得できない派でしたが^^;
京介の出した結論や、それを受けたヒロインたちの反応など、
ラブコメでここまで色々考えて読んだのはめずらしいかもしれません。
メディアミックスも盛り上がったし、
ひとつのムーブメントを築いた作品といっていいかもです。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)
(2013/06/07)
伏見 つかさ

商品詳細を見る



<2013年に1巻が発売して今後も期待したい作品>

・【漫画】「放課後のトラットリア」1巻 作者:水口鷹志 発売:メテオCOMICS

注目すべきは橙乃ままれ原作ってとこですが、
絵柄も好みで自分好みのコラボになっています。
突如異世界に来てしまった料理研究部が、
どこまでこの世界で自分たちらしく生きられるのかとか、
あとは橙乃ままれ作品おなじみの政治・経済の展開など見どころが多そう。
最大の懸念は刊行ペースでしょうか。
2巻が本当に出るのかどうか…^^;

放課後のトラットリア 1 (メテオCOMICS)放課後のトラットリア 1 (メテオCOMICS)
(2013/01/12)
水口鷹志、橙乃ままれ 他

商品詳細を見る



今年は新規開拓が少なすぎたのでもう1つ追加で。
2014年は盛り上がるんじゃないかなと思うものを選んでみました。


<2014年の展開が気になる作品>

・【漫画】「緋弾のアリア」 作者:赤松中学 発売:MF文庫J

ブログで感想書いてないんですけどねw
アニメ開始頃に買って文庫は読み続けていますが、
どんどん化け物っぷりを発揮するキンジが見ていて面白いです。
「やがて魔剱のアリスベル」との繋がりも見どころ。
最新16巻の巻末で新プロジェクト始動とあったのが気になるところ。
アニメ2期がやるのか、別のモノになるのか。

緋弾のアリアXVI 星の砦の人狼 (MF文庫J)緋弾のアリアXVI 星の砦の人狼 (MF文庫J)
(2013/12/21)
赤松 中学

商品詳細を見る


・【漫画】「THE IDOLM@STER」 作者:まな 発売:REX COMICS

アイマスに関してはこの作品だけではなく、他にも色々ありますが代表で。
それなりに歴史も深いアイマスだけど、
2014年は一応の新作ゲームがでますし何より劇場版公開が大きいところ。
ミリオンライブのキャラがアニメで初登場となるのは個人的に大注目。
後は私がメインでやってるシンデレラガールズが2周年を迎えましたし、
そろそろ大規模企画が来てもいいんじゃないかなぁと期待してます。
もちろん漫画もどれも面白いので、安定した刊行で楽しませて欲しいです。

THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス)THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス)
(2013/03/27)
まな、高橋 龍也 他

商品詳細を見る


<2013年作品総括>
更新の少なさを毎年反省しています…orz
近所で一番近く、品揃え抜群の本屋が閉店してしまったのが痛い(言い訳
来年はもう少し計画的な購買計画を立てないとなぁといった感じ。

とまぁ個人的リアルの話は置いておいて、
今年は完結巻ラッシュだったという印象の強い年でした。

最も面白かった作品に挙げて2作品を始め、
漫画もラノベも打ち切りではない完結が複数ありました。
終わって欲しくはないと思う気持ちと、きちんと終わらせて欲しいという気持ちが
背反してなんとも複雑な心境ですが^^;

あとは相変わらずのメディアミックスラッシュ。
アニメ化で一番楽しめたのは「ダイヤのA」でしょうか。
どこまでやるのかは気になるところですが、丁寧に作られているのがわかります。

出版以外を発としては「艦これ」一色に感じました。
春先くらいから盛り上がり、夏以降順次ユーザーを増やす体制ができてからは
どこもかしこも艦これだらけ。
ゲームは無課金で楽しめる分、他の展開での収入は莫大となっていそうw
2013年のオタク業界は「艦これ」が飛びぬけていたのは間違いないですね。

というわけで2013年も
「のらくら雑記帳」にお付き合いいただきありがとうございます。

2014年もみなさんにとって良い年でありますように。

スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:2013年総括

2013.12.31 Tue. 14:43 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。