スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「大つけ麺博2011in浜松町」第一章行ってきました 

毎年恒例になってきた大つけ麺博。
今年も浜松町で開催中のまずは第一章に行ってきました。

一日だと2杯が限界なので毎年悩みますが、
今回まず1杯目は「麺屋こうじ」に突貫。

20111001_01.jpg

選んだ理由はかぼちゃで甘みとコクをプラスしているというスープから。

20111001_02.jpg

魚介豚骨でありながら見た目はクリーミーな色合い。
このあたりかぼちゃ効果でしょうか。

麺はやや細め。
トッピングなしだと、スープにチャーシュー1枚、
ホウレン草とメンマ、ネギがそえられてます。

さてお味のほうはというと、
あっさり魚介といった風情。

くどくないので食べやすいです。
かぼちゃはあくまで魚介豚骨の味に丸みを持たせるためっぽいのかな。
おいしいけどインパクトは薄いので、このあたりは好みに左右されそう。

2杯目は迷ったけど、つけ麺博は今年最後だという「69'N'ROLL ONE」へ。
町田なので近所の店なんですがね、そこは町田愛も含めてw

20111001_03.jpg

トッピングはどれも割高な感じなので敬遠してしまいました。
鳥チャーシューがうまいのはもうわかりきってるので、
食べたくなったら本店に行くので。。

20111001_04.jpg

さて味のほうは、昆布!!って感じの昆布っぷり。
かといってダシっぽいわけではなく、洗練された味わい。
つけ麺としては少し薄味かな~って気はするけど、
これまで味わったことのないつけ麺にインパクトは大。

スープのみで味わいつつ、薬味と一緒にして味わいを変えたりで飽きも来ない。

冷やしは正直苦手だけど、細麺の冷やしなら十分受け入れることができました。

個人的にはイベントならではの高評価としたいですね。
これまでのつけ麺のあり方にないオンリーワンの一杯でした。


さて、そのほかの店として、友人にもらった一口での感想をw

まずはもはや安定して参加な「花の季」。

あっさりスープに自家製麺と年々イベント提供としての完成度がアップしてる気が。
安心のおいしさでした。

「頑者×クレヨンしんちゃん」というよくわからないコラボは、
チョコレートを練りこんだ麺とカレー味スープという斬新さ。

麺のみで食べなかったのでチョコレート麺の按配はよくわからなかったです。
カレースープはまろやかな子供向けカレーな風味。

若干カレーすぎて、ラーメンとしてのインパクトより
カレーうどん的なものを連想したのは良し悪しかな?
子供向けな感じなのがクレヨンしんちゃんとのコラボ故か否かは知らないけどw


そんな感じの第一章。

列が長かった店は「豚の骨×無心by無鉄砲」を筆頭に、
「麺屋こうじ」、「中華そば豆天狗」。
行ったのは13時過ぎでしたが、人の入りはそこそこ。
並びもストレスを感じない程度でした。

イベント限定の味を提供する店側も完成度をあげてる気がするので、
そういう店に突貫してもはずれは少ないのかも?というのは良い傾向。
逆に遠方のため味わえない店の味をこの機会にと考えてる人は
足が遠のいてしまうかもというマイナス点もあるけど。

10月に入り気温も低くなってきている中、
温かいラーメンをいかに提供してくれるかは大いに評価に響きそうなので、
各店とも工夫を凝らして欲しいですね。

あと何回いけるかわかりませんが、
残る2、3章も期待したいところです。

スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:グルメ

2011.10.02 Sun. 02:17 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「東京ラーメンショー2010」に行ってきた 

「東京ラーメンショー2010」@駒沢公園に行ってきた。

東京ラーメンショーは昨年から開催されていたみたいで、
私は今年が初参加。

てことで、正直雰囲気とかどれくらい並ぶのかとかはよくわからなかったけど、
とりあえず13時頃から参加。

会場に着いてみると大盛況ながらも、チケット売り場は列はけが良く、
各行列もまんべんなく並ばれている模様。

量もわからなかったので、まずは1杯目は関東は避けて選択。
「新潟麺魂伝承会」へ。

選んだ決め手は、味噌で背脂ってところ。

20101106_01.jpg

燕三条系といわれるジャンル?で、
太麺で魚介系豚骨、背脂が特徴みたい。よく知らなかったですが。
背脂は思ったより少なめだったけど。

味のほうも関東の豚骨とは違った感じ。
味噌自体多く食べてないのでそう感じるかもってのはあるかもだけど、
非常においしかった。
何よりつけ麺博と違って、熱々の麺とスープが味わえましたw

で、割りスープなんてのもついてきたので、スープを割って飲んでみると、
煮干が聞いた割りスープが一気に味を変えて2度おいしいじゃありませんか。

完食完飲で満足度の高い一品でした。

で、こちらは友人にひと口貰った「多摩組」のラーメン。

20101106_02.jpg

ジャンクっぽさ漂う一品。
友人の好みで七味が大量にかかってますがw

こちらも正統派とはいえないもののおいしかった。
あと辛かったw

さて想像より一杯の量が多かったので、お腹の心配があったものの
2杯目もチャレンジ。

2杯目は「高田馬場ラーメン組合」の「馬場麺」。

20101106_03.jpg

関東だし、イベント後も馬場で食べられるみたいなのでどうかと思ったけど、
どうしても気になったので一度このタイミングで。

醤油と塩の2種類が選択でき、注文したのは塩。

一見すると麺だけしか入っていないように見えるけど、
器の1割に満たない程度にスープが入ってます。
これを麺に絡めて食す訳ですね。
新しい混ぜ系の形か。

とりあえず麺のみで食べてみたけど、麺が特別うまいわけではなさそう。
でもこの麺よく見ると、若干平たいというか四角っぽく、ラインが一本入っているような。
何にせよ、特別な麺っぽさがある。

で、スープに絡めて食べてみると中華スープに似たような味。
割いた鶏肉(どの部位かはわからなかったけど)も味がしみてておいしい。
味がしっかりしていて思ったより濃く、
麺にべっとり絡ませるまでもなく味わうことが可能。

ふむぅ、、これが馬場麺か。
味自体が劇的に新しくはないものの、確かに斬新である。
となると気になるのは醤油のほうなんだけど、
こちらは高田馬場へ行く機会があればいずれ食べてみたいところ。

他にもいろいろ気になる店があったものの、お腹いっぱいで終了。

イベントだから・・という妥協は一切感じられない750円に見合う質と量。
当然お腹もいっぱいになりました。
ごちそうさまです。

2011年もあれば参加したいですね。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:グルメ

2010.11.06 Sat. 22:29 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「大つけ麺博in浜松町 第1陣」に行ってきたよ 

大つけ麺博in浜松町 第1陣」に行ってきました。

第1回の日比谷での参加以来。
暇だったからってのが大きい理由ですが、
一応公式ページや参加者のブログを見たり若干下調べ有りで。

とはいえ、お腹具合もあるのでせいぜい食べれて2店舗という見込みでチョイス。

まずは無難に「陳健一×六厘舎」のコラボラーメンへ。

そしてここでは嬉しいハプニングってことで、
なんと陳健一氏ご本人の登場(`・ω・´)

20100920_01.jpg

テレビで見た人と同じだ~(当たり前w
しかもお客に対して陳氏からつけ麺が手渡されるというサービスっぷり。
お客さんに感謝したり、声をかけたりいい人ですね。

あまり長時間滞在はされなかったようなので、
絶妙のタイミングで並んでいた私は運がよかったかな。
貴重な経験でした。

んで肝心のつけ麺ですが、注文したのは"つけ麺博盛り"300円プラスで。

20100920_02.jpg

盛りがない場合は、麺の上には何も乗っていない状態。

味のほうは、最初の一杯ということもあってかなりおいしかった。
トッピングはつけたほうがボリュームもあっていいと思う。
肉もついてるし。
つけ麺としてはあっさりだけど、きちんと麺に絡んで味はしっかりしてる。
陳健一のつけ麺という感じで、六厘舎好きな人から見るとどう感じるかはわからないけど。
イベント限定のわりには完成された一杯と感じた。

次にゲットは「麺処くるり」。

20100920_04.jpg

濃厚味噌に、大根おろし、刻みニンニク、刻みショウガが入っているという、
ドロっとするほど濃厚なスープが特徴。
メンマとタマゴはトッピングでそれぞれ100円。

最初は大根おろしなしで、次に大根おろしを入れてという形で食べたけど、
大根おろしを入れたほうが個人的に好み。
とにかくベースのスープが濃厚で、特にニンニクがかなり主張してる。
2杯めだったので胃にはずっしりきたけど、味は好みだった。
欲を言えば、もう少しニンニクを抑えてショウガの風味を出すと食べやすいかな?
この量だからいいけど、ドンブリ1杯だときついかも。
それだけ濃厚でインパクトは大きかったってことで。

んで最後は友人がゲットの「花の季」。

20100920_03.jpg

全部乗せだけどトッピングの値段は聞き忘れた。
こちらの店は最初のつけ麺博で見かけて気になってたけど行ってないお店。

そしてくるりからまさに一転してさっぱりとした魚介豚骨系スープが特徴。
トッピングもネギとヘルシーな印象。

ただ残念なことに私の口の中はくるりのニンニク風味でいっぱいすぎて、
細かい味がわからなかったです。
特に麺の味が、ちょっと失敗したわorz
その中で感想としては、お肉が噛み切れないという・・・。
あとは麺の上の黒米ですか、、これが私はやや苦手な食感。
麺の柔らかさに異色な歯ごたえが混ざるように感じてしまって。。
この辺りは好みとしか言いようがない。


さて、大つけ麺博も開催場所単位では2回目の参加だけど、
印象としては今回はコラボラーメンが話題を集める形になってる。
ラーメンマニアだけでなく、たまたま来た人も多いであろうイベントなので、
知名度と話題性、あとはパッと見で行列ができてる店に更に並ぶ傾向が見られる。

「陳健一×六厘舎」なんてのは顕著な例。
逆に列が出来ないままな店もあったり、
第1回に比べても非常にわかりやすい結果が見えた。
味で勝負する前に企画力、アピール力が問われてると言っていいのでは。
イベントってのはそういうものなのかも。
他の日の集客がどうだったのかは気になるところ。

とはいえ、列の長短はあるものの全体の入場者数は結構多いのかな?
お昼を過ぎても券売機の列は途切れなかったので。

つけ麺はすでにブームではないとは思うけど、
こういうイベントに参加すると進化の余地が多分に残されているジャンルと感じる。
第1陣は22日まで、その後第3陣終了の10月6日までは開催されているので、
興味のある人はふらっと参加してみてもいいのでは。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:グルメ

2010.09.20 Mon. 23:37 -edit- Trackback 1 / Comment 0

△page top

「B-1グランプリin厚木」に行って来たよ 

B-1グランプリin厚木」に行って来ました~。

今やB-1グランプリはメジャーなイベント。
ではあるものの、関東では初開催ってことで行かずにいられないでしょう。
電車で20分程度だし。

が、参加人数は半端ないです。
開始1時間後には多くの店舗で30~1時間待ちも目立つように。

幸い私は一緒に行った友人の綿密な計画に乗っかったおかげで、
サクサクお目当てのブツを入手。

ってことで、感想を。

まずは第二会場からスタートして最初に並んだのが「四日市とんてき」。
名前くらいは耳にした程度で、どういうものか知ったのは少し前。

20100918_01.jpg

開始前の列では「久留米やきとり」といい勝負だったように見える。
お店の方のアピールも楽しくて好印象。
それほど退屈しない待ち時間を過ごせました。

20100918_02.jpg

味のほうはニンニク醤油味かな?
肉、キャベツ、ニンニクを一緒に口に入れると力強さを感じる味わい。
濃い口の味が好みであればおいしくいただけるのでは。

さて、ここからはざっと。

次にゲットしたのは「北上コロッケ」。

20100918_06.jpg

こちらは思ったより並びがなかったけど、恐らく知名度の差かと。
かわいい絵の箱に入れての提供、ちょっとした点でアピールするのがいいね。

20100918_07.jpg

そして味のほうはかなりあっさりコロッケ。
いくつでも入りそう。
里芋の粘りとささやかに香るアスパラガスが印象的。

これは殿堂入りの「富士宮やきそば」。

20100918_05.jpg

私は静岡出身だけど食べたことなかったりする一品。
一般的な焼きそばに比べて若干太めの麺と、
イワシの削り粉がかかっているのが特徴。

個人的要望としては、もっと削り粉かかってるとよかったかな。
味的には普通の焼きそばとそこまで差がなかったような。

さらに静岡から「三島コロッケ」。
別に静岡をひいきしてるわけではないですよw

20100918_03.jpg

"三島馬鈴薯(メークイン)"を100%使っているのが特徴らしい。
そして今回私が食べた中で一番おいしいと思ったのがこの「三島コロッケ」。

20100918_04.jpg

温かいうちに食べたこともあるけど、
ホクホクながらもよくあるジャガイモのコロッケより粘りがあって逆に新鮮。
勝手ながら私のお勧めw


そして第一会場へ場所を移してまずゲットしたのが「十和田バラ焼き」。

タキシードで焼きにかかるのと、時折かかる「ラビアンローズ」の掛け声が特徴w
いや、今日は本当暑かったのでこの衣装は相当だったのでは。

20100918_08.jpg

ぱっと見でどこの家庭でも簡単に作れそうな感じだけど、それが逆に親しみがわく。
実際に鉄板で焼いてるところを見ると、
玉ねぎと肉を別で焼いたり、見えないとこでの下ごしらえもありそうでこだわり有りな感じ。

ご飯が欲しくなる一品にご飯をつけて提供してくれるサービスも◎。
気持ちもう少し肉が欲しかったけどね。
だが玉ねぎが美味過ぎたので、満足度は高い。

そしてラスト、「豊川いなり寿司」。

20100918_09.jpg

色々と種類があるようだけど、今回提供されたのは「わさびいなり」。
わさびといってもそれほどツンとせず、主張しすぎない程度のもの。
個人的にはもっとガッツリきてもよかったけど、大衆向けとすればちょうどいいのかも。

いなり寿司は地方により、更には家庭により味が変わるから難しいジャンル。
列もそれほどできてなかったのは、そういう背景があるからかも。
まずは食べて貰えるといいなぁ~と、気持ちだけ応援してみる。

というわけで、全店舗数からすれば微々たるものだけど、
お腹いっぱい、気持ちも大満足で締め。
だが、体力は底を尽きましたorz

「B-1グランプリ」は明日9月19日も開催される。
今日は厳しい暑さのため、汗だく&日焼けが厳しかった。
熱中症で倒れる人もいたみたいだし、参加予定の人は対策を万全に。

そして出店側の方もあと一日乗り切れるよう応援しています。


テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:グルメ

2010.09.18 Sat. 20:55 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

鰻屋「愛川」(高田馬場)行ってきました 

本日は大学時代の仲間との交友会っていうか、毎度の麻雀勝負(`・ω・´)

昼食には、高田馬場の鰻屋「愛川」へ。
食べログへのリンクはこちら

早稲田通りのツタヤの正面くらいの道に入ってすぐあたりの、
アットホームな雰囲気のお店。

店内はお座敷席とテーブル席があり、
比較的常連さんで賑わうお店のようですね。

私が頼んだのは菊の堅焼き。
菊がだいたいウナギ一匹分くらいらしい。

20100828_01.jpg

ほうれん草の胡麻和え、肝吸い、おしんこもついてて彩りもよし。
「愛川」は背開きで素焼き、蒸して再び焼く関東風らしい、食べログによると。

とにもかくにも本当おいしかった。
堅焼きにすると焦げ目がついてサクサク感が増していてこれが私の好みに合う。
ふわふわ感が好きな人は堅焼きではなく、ノーマルで注文できますし、
お客のニーズをカバー。

んで、あとは肝焼きなんかも。

20100828_02.jpg

こちらもカリっとしていて、苦味もほとんどなく食べやすい。
あと、気持ち的に精力アップしてる感じがw

お店の店主と奥さんもとても気さくな方で、
食後にも軽く会話をさせていただいたり、味だけでなく雰囲気も◎。
常連さんが多いってのも頷ける話。

機会があればまた行きたいですわ。。


そんな鰻パワーは麻雀に如何なく発揮されました(≧∇≦)b
まぁ、仕事はいいや(マテ

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:グルメ

2010.08.28 Sat. 23:12 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。