スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

(アニメ版)「四月は君の嘘」感想 ※ネタばれ有 

久しぶりすぎますが、TVアニメ「四月は君の嘘」がついに最終回を迎えました。
宣言したので感想を書きたいと思います。

まずは、予想以上のクオリティで高い満足度が得られました!
大部分が原作に忠実だったのも原作ファンとしては嬉しかった点です。

個人的に結末が悲しいものなのは好みとは言い難く、
アニメオリジナルの結末があっても・・・なんて邪道っぽい期待もしましたが、
ここは完全に好みの問題ですね^^;
ラスト1話前とラストで公生の演奏が途切れてしまったのは、
若干盛り上がりに水を差してしまった感もあって、
1時間スペシャルで演奏からラストまで続けて欲しかったというのは後出しの希望でしょうか。

とまぁ若干の不満というか、元の期待が高かっただけにあれもこれもと欲張ってしまうのは
映像化のクオリティがそれだけ高く、毎回楽しみにしてた気持ちの表れと解釈して欲しいところw

一転個人的に絶賛したい点は、椿の可愛らしさ。
強気と弱気、お転婆と女の子らしさといった、
相反する感情のうねりを絶妙な演技で表現してたと思います。
イメージ以上に声があってて驚きました。

かをりとの恋は悲しい形で終わりを迎えたけど、
最終回はそれでも前に進む姿が見られたので、
この先の公生と椿がどういう関係を築いていくのかってのはすごく見たいです。
むしろ渡がおかしな感じにかをりへの気持ちを引きずりそうな気がしなくもなくて心配w

そしてもう1点絶賛せざるを得ないのが演奏の表現。
一番期待していた部分でもあり、最大の見どころでもある部分。
これに関してはアニメならではの良さが随所に見られて、見てよかったと素直に思えました。
お気に入りは公生とかをりの共演、公生と凪の共演の2つですが、
導入である前者と、クライマックスに近い頃の後者、どちらも甲乙つけがたい感動を貰いました。
最高です!(陳腐^^)

というわけで良いアニメ化となって本当によかったです。

原作者の新川直司先生は近年で個人的一押しの作家さんなので、
次回作も大いに期待しています。
早く読みたいです^^

DVD付き 四月は君の嘘(11)限定版 (講談社キャラクターズA)DVD付き 四月は君の嘘(11)限定版 (講談社キャラクターズA)
(2015/05/15)
新川 直司

商品詳細を見る


四月は君の嘘 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]四月は君の嘘 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2015/02/25)
花江夏樹、種田梨沙 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:アニメ

2015.03.20 Fri. 22:40 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

アニメ「カーニバル・ファンタズム」3rdSeason感想 ※ネタばれ有 

アニメ「カーニバル・ファンタズム」3rdSeason視聴終了~。

20120103_05.jpg

TYPE-MOON10周年のお祭りもいよいよフィナーレ。
てことで、本編の充実に加え、特典映像有、
MELTY BLOODも付くとか超豪華仕様。

全巻収納BOXは特典までまるっと収まるのが嬉しい。

20120103_06.jpg

厚いし重いですが^^

さて、本編ですが、凄い力を持ってる人たちが全力でお馬鹿なことやったら
こういう感じになるという集大成的出来栄え。

オチが分かっていても繰り返し見れる面白さ。
1stより2nd、2ndより3rdとどんどん面白くなっていったというのが
私の印象でした。

あと、最後まで弓塚さつきは報われない感じなのが最高w

さてさて、そんな3rdは本編よりある意味凄いのが特典映像の
「Fate/Prototype」。

めちゃめちゃクオリティ高い上に、
もうこの物語が始まるかという高揚感に包まれながらも、
これがネタ映像っていうんだから驚きですよw

20120103_07.jpg

ヒロインがかなりツボにくるキャラでした。
内弁慶のツンキャラとか、弱気委員長タイプ?
あとメガネ。

これが原型となってFateが出来たということで、
全体の設定はもちろん、キャラの性格付けとか結構継承してるんですねぇ。
でも、プロトはプロトで見てみたいなぁ。

そんなこんなで、1~3巻すべて大満足なお祭りアニメ。
特典が豪華すぎるのも嬉しい限り。
値段がはるけど、ファンならマストアイテムなんじゃないかな。

「魔法使いの夜」の発売も決まったし、
TYPE-MOONはこれからも応援していきたいです。


『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
(2011/12/31)
TYPE MOON

商品詳細を見る



魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)
(2012/04/12)
Windows

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:アニメ

2012.01.03 Tue. 21:11 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

アニメ「カーニバル・ファンタズム」2ndSeason 

アニメ「カーニバル・ファンタズム」2ndSeason視聴終了~。

20111030_01.jpg

お祭り第2弾も軽快に飛ばしてきてますw

1stではほぼ総出演だったのに対して、
2ndでは特定のキャラをメインに据えてそのキャラらしいストーリー展開が見所。
"らしい"っていってもふざけた方向なのは言うまでもないw

前回出番のなかったさくらが今巻ではメインを張ってるのもちょっと嬉しいですね。

20111030_02.jpg

薄幸っぷりの裏にある腹黒さを隠しきれてないけどw
さくらのために奮闘するライダーが報われない悲しさとか、
間桐家のこんなありそうでないひとコマが面白かったです。

あと個人的に面白かったのは、第3話のキャスターの話。

20111030_03.jpg

エルフの若奥様がすっかり板についているキャスター。
セイバー好きがオタク趣味っぽく描かれていて、
その秘密を葛木にばれるのを怖がってるとかアホながらちょっと可愛い。

葛木のバカ亭主っぷりもツボで、結局2人のラブラブ生活を見せ付けられただけじゃんと、
見終わってから気づきましたがw

1話はバーサーカーが買い物をする話、4話はセイバーがバイトをする話と
Fate勢はマスターとサーヴァントの関係が様々なだけに、
どこをとっても面白いですね。

月姫の殺伐さとは違うほのぼの展開が多いのも特徴でした。

1巻とはまた一味違う展開、そして面白さを増してきた印象の2巻でした。
大満足です。

3巻は年末発売。
楽しみにしてます。


『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
(2011/10/28)
TYPE MOON

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:アニメ

2011.10.30 Sun. 15:25 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

アニメ「カーニバル・ファンタズム」1stSeason感想 

アニメ「カーニバル・ファンタズム」1stSeason視聴終了~。

20110814_01.jpg

TYPE-MOON10周年記念企画で、月姫とFateキャラによるお祭りアニメ。
amazonから届くまでゲームだと思ってたのは内緒^^;

初回版には画集がついてきて、これまたガッツリぶ厚い内容。

懐かしいものから最新のものまで約300枚のイラストを収録ということで、
見応えのある内容です。

20110814_02.jpg

さて、本編のほうはお祭りの名に恥じない?やりたい放題な内容w

20110814_03.jpg

オーディオコメンタリーを聴いてなるほどと思ったけど、
ヒロイン同志が殺し合いしてる月姫と、士郎を中心にほのぼのなFateという、
対象的なヒロインたち。

素で笑えるのが月姫で、ニヤニヤできるのがFateといった感じでしょうか。

個人的には「放課後☆路地裏同盟」がツボでした。
リーズバイフェとか知らないと思ったら、メルブラ追加キャラですか。。
まぁ、さっちんの頑張りが見れたのが何よりですわwww

と、内容もさることながら注目は終始動きまくるキャラ達でしょう。
これだけ賑やかかつ動きがあると、見てるだけで楽しいもの。

とりあえずOPのノリの良さは最高です。



あと、本作はオーディオコメンタリーも必聴。
「教えて!知得留先生」バージョンで本編を解説してくれますw

本作は3rdSeasonまで発売が予定されているようなので続きも楽しみ。

「魔法使いの夜」発売まではこれで間を繋ぎましょうかw


『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
(2011/08/14)
Windows

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:アニメ

2011.08.14 Sun. 19:16 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「.hack//Quantum」vol.3感想 ※ネタばれ有り 

「.hack//Quantum」vol.3視聴終了~。

20110409_01.jpg

ついにQuantum最終巻。

現実世界での自らの死を知り暴走するハーミット。
ドナー適合者だとわかりながらも、
どうにもできないサクヤ。

そんな折に開かれる「攻城戦」イベント。
仮想世界での戦争が、ハーミットのチートスキルで
痛みを伴う戦争に代わり恐慌に陥るザ・ワールド。

印象としては、やはり駆け足感があるのだけれど、
ハーミットがサクヤを最後の地へ招くあたりからのやりとりは、
なんとも切ないシーンの連続で涙腺が緩んでしまいそうになった。

出会うべくして出会った2人だけど、
その遅すぎた出会いがなんともやり切れない気持ちにさせてくれる。

ハーミットがドナー探しのために多くのプレイヤーを犠牲としたことに対しても
責めるに責め切れないというか。

最後に救いがあったのはちょっとホッとしたけれど。

ハーミットに力を与えた人物ってのは謎のまま・・でいいのかな?
Quantumという物語としてはそこまで解明する必要はないのだろうけど、
佐伯玲子はこれからも戦い続けると・・・がんばれw

さて、総合しての感想としては個人的に満足度の高い良作でしたっ!
30分でvol3までというのは若干ボリューム不足ではあるものの、
サクヤとハーミットの1つの物語は十分堪能できまし。

.hackシリーズで毎回思うように、Quantumメンバーでの日常の姿がもっと見たいかな。
事件終了後ってやつです。

まぁ今後.hackシリーズの展開があるかどうか・・・それがまずひとつの懸念ですかね。

兎にも角にもとても面白かったです。
さて、vol1から見返しますかw

.hack//Quantum 3 [Blu-ray].hack//Quantum 3 [Blu-ray]
(2011/04/07)
花澤香菜、沢城みゆき 他

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:アニメ

2011.04.09 Sat. 14:32 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。