スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

【Myチョイス・映画編】トゥルーマン・ショー 

映画はそこそこ見る程度で、人の顔を覚えること(特に外国人)が苦手なため
中々映画通にはなれない私。

そんな私が一番好きな映画がトゥルーマン・ショー。
顔と名前が一致する数少ない俳優ジム・キャリーが主演。

あらすじ
トゥルーマンの住む町は巨大なスタジオの中、住んでいる住人は皆俳優であり、
の妻もまた演技をしている。
そして彼の生活はノン・ストップでテレビ放映されている。
トゥルーマンはその真実を知らない。
だが、彼が異変に気づいたときに彼がとる行動は、それを見守る視聴者はどうするだろうか。


シナリオはとにかく奇抜。
ジム・キャリーが主演ということもあり、マスクの印象を持っていた私は序盤に展開されるノリでコメディ調の映画かと思っていた。
なぜなら設定自体が非人道的であり、真面目に考えるとかなり重いテーマになりそうだからだ。さとと-汗
かくしてコメディっぽく描かれている部分はあるが、これはまさにヒューマンドラマ。
あくまでトゥルーマンという人間の生き様に焦点を向けさせようとしているのか、
重い部分は裏に持たせるにとどめているように感じる。
とにかくトゥルーマンを応援する気持ちが上昇を続けていくに従い、映画にのめり込む自分を感じた。
ジム・キャリーの感情を表に出した演技、彼の表情ひとつひとつが目を釘付けにさせる。
彼でなければこの映画はどうなっていただろう?全く想像できない。

ラストシーンで扉を開け、世界に向けての台詞を残したシーンをずっと忘れないだろう。

トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]
(2006/04/21)
ジム・キャリーエド・ハリス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想

ジャンル: 映画

カテゴリ:映画

2009.10.31 Sat. 20:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2009 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。