スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ツノありっ!」2巻感想 ※ネタばれ有り 

「ツノありっ!」2巻読了~。

20110329_01.jpg

表紙は新キャラの百目鬼藍奈。

そんな彼女の登場は物語中盤で、
まず序盤は風香のお見合い騒動から。

欠席が続く風香の様子を見に、風紀委員の面々は風香の家を訪れる。
予想通りというか、極道の家という設定がなんともw
物怖じしない京子とかさすがw

そこから風香の恋人役となる日高がお見合いをぶち壊すという、
なんともベタな作戦が展開されるわけだけど
まずは・・真夕、恐ろしい子w

20110329_03.jpg

色なしとはいえ、確かに鬼の血を引いていることを実感。
そしてそれは風香のように直接的いじめではなく、
利用できるものは利用してやろうとか、面白そうだから乗っかろう的な
たちの悪さが全面に出ているというw

1巻では潜めていた本性が、2巻では全開でしたわ。

鬼に変装して、情報戦?も加えお見合いを壊すどころか、
風香の母親含めて組員に認められるとか予想以上の成果がまた笑える。

20110329_04.jpg

風香との関係も少しずつ変わっていきそうかな?

で、ここから登場の藍奈さん。
お見合い想像は中盤からの話の序章にもなっていましたね。

20110329_02.jpg

カラーイラストだとなんとなくエロそうなイメージを勝手に持っていたw
実際はタカビーなお嬢様って雰囲気。
人間の扱いが虫けら程度な感じってのがまた。。

青鬼ってことで、赤鬼のような身体的な力強さはないが、
強力な超能力が使えるという設定。
風香の力に対抗できるって時点でその凄さがうかがえますわ。

ところがどっこい(古)、
なんだかんだで日高に命を救われて、
日高に興味を持ってしまうんですね、ニヤニヤ。

あくまで下僕として見てってことだけど。

風香と藍奈が日高という下僕を巡ってライバル関係って、
言っみるとどういうことかって感じになるなw
まぁ、鬼のプライドってことですか。

ドタバタも今後物理的破壊力をもってパワーアップしそうですねw

で、1巻で日高に惚れ気味になった京子の出番がないわって嘆きそうだったけど、
最後にきちんと用意されてました。。。

20110329_05.jpg

おバカ方面でwww

京子は猪突猛進な性格ってのはわかってたけど、
その暴走っぷりはそんな言葉では言い表せないほどでしたよ。
むしろアホの子って位置づけとして認識。

鬼のブラで豊胸に成功、でも人間はふくらみすぎて使用後には
元より小さくなってしまうとか、また物凄い設定ですわw

結果としては膨らみすぎを免れたけど、
個人的には元より小さくなった展開も見てみたかった(酷

あと、1巻はあれだけ頑張ったのに2巻では完全に放置気味なむつみガンバレw

さて、2巻になって新キャラ登場。
1巻からのキャラでは京子がトラブルの火を付け、
真夕がその火を大きくするって展開が定着してきた感じかな。

ラストでは合宿の前振りなんかもあったし、
今後は学園イベント的なもので話が展開していくのかも。

あまりに強力な女の子達を相手に、
日高はどこまで生き残れるか、もとい頑張れるかw

次巻も楽しみにしてます。

ツノありっ!2 (MF文庫J)ツノありっ!2 (MF文庫J)
(2011/03/22)
阿智 太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2011.03.29 Tue. 20:20 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2011 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。