スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「新約 とある魔術の禁書目録」8巻感想 ※ネタばれ有 

「新約 とある魔術の禁書目録」8巻読了~。

20130912_01.jpg

本屋で表紙を見てあれ短編?と思った人が何人いるのかw
新約となって初めて表紙にインデックスが登場してるじゃないですか!

さらに巻頭のカラーピンナップもインデックスいるし、
本編もほぼ最初から最後まで出演するとかどうしちゃったのか。

でも、出番があるだけで結構いつも通りだったのにはなぜか安心しました。
うん、インデックスってこんな感じだよね~(´・ω・`)

20130912_03.jpg

前半では当麻とインデックス、そしてなぜか起きたら一緒に寝ていた
バードウェイとレッサー、さらには美琴を交えての
命をかけたラブコメ展開とか久しぶりに日常多めでしたね。
実際はグレムリンの拠点が見つかるまでの待機ではありますが。

日常の裏で各国が情報をもちよりグレムリンの拠点探しが進行していましたが、
やっぱりというか、学園都市、さらには日本がそこに加わっていないのは
相手が魔術師という点が強いのかなぁと。

20130912_04.jpg

学園都市はアレイスターが音信不通だったり、
技術の漏えいへの懸念から他国との協力関係を築くのを拒む性質だったりと
色々理由はありそうですけど。

とまぁ、いろんな人が出張って包囲網を築いたと思いきや、
完全に出し抜かれた形となったのは間抜けと言っていいのか、
グレムリンが上手と褒めるべきか微妙などこですねw
魔術的な意味合いからの絞り込みだったから、
魔術師メインで構成されたトップ会談だった時点で結果が見えていたのかも。

苦労の甲斐なく後手に回ってしまったわけですが、
本作的にはここからの上条勢力の活躍こそが待っていた展開。

ってことで何巻ぶりでしょうか。
ついにインデックスさんが戦場に舞い戻る時がきましたw

20130912_02.jpg

でもやっぱり武器はスペルインターセプト。
対魔術師では超強力だし、インデックスらしい能力なんだけど
何度見てもやっぱ地味ですw

とはいえ、当麻とインデックスはかなり相性がいい組み合わせ。
近距離特化の当麻なだけに、スペルインターセプトによる妨害は有効だし、
当麻が相手の何を狙えばいいかを的確にアドバイスできるってのもありますし。
・・・うん、こう考えると当麻+インデックスは強すぎるのかも?

ついでに美琴も敵を圧倒してたけど、合流して速攻置いてきぼりにされたとか不憫w
本人が頑張っても扱いが改善されてないとか、
インデックスとは違う方向のマイナスに向かうヒロインですね。

さて、熱いバトルを切り抜けて辿り着いたグレムリンの拠点。
でも、そこに待っていたのは絶望でした。

20130912_05.jpg

魔神の特性ってのが未だによくわからないのですが、
成功と失敗を50%の確率で内包するとか、
どちらでもいいから100%にして、
成功なら従い、失敗なら逆を選択するとか。

まずはその理論が適用される前提条件ってのがあるのかどうか。
誰に対しても何に対してもそうなのか、
例えばオッレルスのような同格の相手だとそうなるのか。

あと失敗100%はどうひっくり返しても失敗にしかならないような。

この辺は魔術的な理論ってことで通常の理論で考えちゃいけない部分なのかもですけど。
魔神が強いのはよくわかりますが、自分の中でこの考え方がうまく消化できずに
やや悶々としてしまうものがまだありますねぇ。

というわけで世界が滅びそうなのですが、
今巻はその陰が一瞬見えただけの学園都市が何やってるのか気になるところ。
これまで散々出てきた学園都市側の人間が全く動いていないのは、
次巻からの逆襲に向けて嵐の前の静けさなのか。
それとも我関せずで、事後に独自の動きを見せるのか。

魔術サイドも面子丸つぶれなわけなので、
こちらこそ逆襲に燃えていることでしょう。

もちろん当麻の活躍にも期待していますが、
個人的には若干魔神にビビってる上条さんの目を覚ますためにも
一方通行の一喝をぜひ見てみたいです。

次巻、どんな展開が待っているのでしょうか。
楽しみにしてます。

新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)
(2013/09/10)
鎌池和馬

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.09.13 Fri. 00:06 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2013年42号感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年41号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

100%の失敗は常にやろうとすることが失敗してしまうというものなので、誰かを助けようと思って行動しても逆に殺してしまう
だったら逆に殺そうと思い行動すれば助けられるということです

URL | 名無しる@ふわさん #-

2013.10.22 19:34 * 編集 *

なるほど、とてもしっくりきました。
なぜ私はこれを本編から理解できなかったのかw
わかりやすい説明ありがとうございます!

URL | むらちゃん #-

2013.10.23 00:47 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/1011-ade3d0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。