スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「たいようのいえ」9巻感想 ※ネタばれ有 

「たいようのいえ」9巻読了~。

20130915_01.jpg

特装版探したけど見つかりませんでした><

基からの突然のキスから進み始める2人の関係。
でも世界は2人だけではなく、その周囲もあるわけで。
待ったなしで動く恋模様に目が離せない展開続き。

まずはフラれてしまったラジカルさんこと杉本さん。
初めての恋に、初めての失恋とそのショックはしばらく尾を引きそう。

20130915_02.jpg

真魚との会話はならなかったけど、
かわりというか大樹との接点が強くなったというか、
大樹の周りはフラれた女の子が集まるのはやはり
片思いの似た者同士な空気が呼ぶものなのでしょうか^^;

会話の中で重要そう点としては、告白して駄目だったその後のこと。
杉本さんは会社でずっと一緒にいることで苦しみが続きそうですが、
大樹の気持ちとしては真魚にフラれたら家を出ていくだろうということ。

逃げとも取れますが、フッたフラれたの男女が
ずっと一緒にいることのほうが難しそうですからね。

家族を元通りにするという気持ちが強い基と真魚にとって、
恋愛からそれがかなわなくなってしまうことが
状況を複雑化してしまうのかが心配です。

さらに大樹の真魚へのアプローチを後押しするのがちーちゃん。
真魚と基の関係が進展したと知っても、
自分の経験から片思いから告白へ踏み出すように勧めるあたり強い女の子ですね。

20130915_03.jpg

ちーちゃん的には真魚と基がうまくいくことを応援してるのでしょうけど、
大樹のことも応援したいと思っているのかな。
真魚を困らせるとぐるっと回って自分のところに相談が来るのでしょうが、
そこまでは考えていないのかもw

でも、ちーちゃんの考え方は個人的に好感が持てました。
そしてこの後、諦めなかったちーちゃんにも幸せが訪れるというのが
大樹にもより強い勇気を与えることになったでしょう。

幸せ絶頂のちーちゃんが語る恋人同士の実感が、
真魚にも影響を与えるわけですが、何気に影響力が強すぎるちーちゃんw
恋人関係を「約束してる関係」とか言えちゃうのが、読んでて赤面モノでした^^

20130915_04.jpg

素直な真魚がそれを基に伝えちゃう辺りもニヤニヤですね。
基は完全にデレてますしw

恋愛だけ考えればいいのであれば、2人は気持ちを言葉にできますが、
基が保留としたのは、自分にとっても真魚にとっても
家族の問題を優先させるためでしょう。

真魚のほうは一歩一歩という感じに改善の道を歩んでますし、
基のほうも、まぁ真魚と陽菜のメールが主体ですが微々たる動きがあるかな。

で、順調に見える時こそ落とし穴に注意なのがドラマ的な展開。

一番大きな問題は基と大樹が兄弟で真魚のことを好きなこと。
大樹が家に戻ってきたのは、真魚と基が一緒に住んでいることが大きいでしょうし、
フラれたら家を出ることまで考えている様子。

今巻ラストではついに大樹が真魚にはっきりと好きだと告白。
真魚もそれが恋愛感情であることがきちんと伝わりましたし、
もう逃れることができない状況。

20130915_05.jpg

大樹の告白を受けて真魚が最初に感じたことが、
大樹の気持ちを知らずに基のことを相談して傷つけていたことへの謝罪だったのが
なんか真魚らしくて優しい気持ちになりました。

さて、重要なのはこの後ですね。

大樹は真魚の気持ちを知って告白しているわけですし、
今だけを見れば断られるのはわかっているはず。
それでも告白に踏み切ったのは、基が真魚の気持ちに応える確証がないから。
でも実際は2人は両想いだと伝えあっているも同然の状況。
これは基のヘタレが生んだマズイ状態と言えるでしょうw

1人大人なはずの基が一番恋愛に消極的なのは色々事情があるのでしょうけど、
この先の対応次第では本当にただのヘタレ化になってしまう心配も。

真魚と大樹の共通の友人であるちーちゃんと織田くんあたりが、
2人の支えとなれるかにも注目したいところ。

次巻も波乱の展開となるかな。
楽しみにしてます。

たいようのいえ(9) (デザートコミックス)たいようのいえ(9) (デザートコミックス)
(2013/09/13)
タアモ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2013.09.15 Sun. 15:32 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「僕と彼女のゲーム戦争」6巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年42号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/1013-b9380afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。