スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「月刊少年マガジン」2013年11月号感想 ※ネタばれ有 

日本一面白い少年誌「月刊少年マガジン」読了~。

20131009_01.jpg

表紙は連載再開の「ましろのおと」。
何か月ぶりになるんだろう、ようやくですわ。

話のほうも大河がその真意を語ったことで、
雪やマニの中でもひとつ納得がいったかな?

20131009_03.jpg

民謡居酒屋では急になにかが変わるということはないものの、
金城さんへの伴奏から、雪らしい演奏+唄い手に合わせる演奏というものが
見えた…かはまだまだこれからですかね。

ラストは梶君が修行しにくるなど意外な展開。
単身奏者としては雪が上だろうけど、
梶君らしさは雪に多大な影響を与えるかもしれません。
楽しみです。

こちらは違う意味で意外な展開「修羅の門」。
双子とかマジっすかw

20131009_04.jpg

なんかひと昔ふた昔に使われたトリックな気もしますが、
自信満々で送り出した秘密兵器がこれとはなんという拍子抜けw

それでも強さだけはホンモノだったのは九十九的には嬉しいとこみたいですが^^;
周りもそれはそれでって空気だし、試合は反則でも
勝負としては継続という流れになりましたね。

実際ジム・ライアンの強さにどう対抗するのか。
これで負けるのはなんとも後味悪いので、
スカッと気持ちのいい勝利を見たいです。

「四月は君の嘘」は巻頭カラーで登場。
久しぶりにかをりがメインとなりましたが、なんとも切ない展開。

20131009_02.jpg

一日だけ外出許可を得たかをりと公生のプチデート。
それがかをりにとってどれだけかけがえのない、忘れられない時間となったか。
言葉の端々から常に今という瞬間を精一杯感じようとするかをりの気持ちが見えますし、
流した涙がかをりが抱えている問題の切実さを表しています。
その理由を聞けなかった公生だけど、
聞かなかったこと、聞けなかったことが後になって後悔とならないことを祈るばかり。

アニメ化のキャストも発表された「ノラガミ」は
こちらも切ない展開に。

20131009_05.jpg

代替わりが多いが、何度でも蘇るその性質から当代への執着が薄い恵比須神。
それを当たり前としてしまっていた代々の恵比須だけど、
夜トだけが今の恵比須の本心と向き合っていましたね。

夜トが救った命がすぐその後に失われることになってしまいましたが、
恵比寿の死にたくないという本心を言わせたことは、
夜ト自身がこれから歩む道にとって強さの証明となるのではないでしょうか。

というわけでしんみりしっとりする展開が多かった印象の今月号。
緊張感高まるとも言いかえられますね。
注目展開となる作品が多くなってきてるのも目が離せません。

来月号も楽しみにしてます。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:月マガ

2013.10.09 Wed. 21:51 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2013年46号感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年45号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

ほんと、竜頭蛇尾でしたね<双子

さすがに負けることはないと思いますが、
単純にこき下ろす展開は勘弁ですね。

川原礫作品みたいに、敵役を徹底的に外道にして
それをたたきのめしてカタルシスを与えるというのはちょっと…

さすがにそんな展開はないと思いますが。
あ、でもSAOやAWは嫌いじゃないですよ(^^;

…で、ここまで書いて気付いたのですが、両方とも性が川原w

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2013.10.10 11:38 * 編集 *

ひとまず1対1の純粋な試合として楽しめるだけの展開が欲しいですね。
とはいえ、個人的にはジム・ライアンの焦り顔がすごく見たい!www

試合とは別ですが商業的な意味での兵とTSFの構図としては、
まんまとTSFのプロモーションに利用されてるのは何となく悔しいので、
それも逆に利用し返すくらいのインパクトある決着にも期待です。

URL | #-

2013.10.13 07:38 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/1026-282aa84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。