スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「セキレイ」15巻感想 ※ネタばれ有 

「セキレイ」15巻読了~。

20131201_01.jpg

最終段階への移行した鶺鴒計画。
神器の扱いが怒涛の展開のまま遂行されたり、
御中の突然の登場と退場があったりしたステージ1を経て、
ステージ2は各葦牙戦力のガチンコのぶつかり合い。

特に注目は鹿火と鴉羽の一騎打ち。

20131201_02.jpg

過去の因縁がある2人。
結と結女も含めた過去の出会いが描かれたりと、
4人の相関が見えた感じがありました。

鹿火にとって乗り越えるべき壁である鴉羽というのもわかる関係ですね。
あとは結と鹿火の2人の願い。

20131201_03.jpg

鹿火が現れてからの流れは過去が描かれないままだったので、
そのポジションにしっくりきてませんでしたが、
このエピソードで一気に結と並び立つ存在だと意識できました。

こういう言い方をしてしまうと少し悲しいものがありますが、
皆人と結が夢を叶えられなかった形を
折彦と鹿火で描いたという感じでしょうか。

夢を託せる人ことは救いですけどね。

一方シリアスになりきらなかったけど、
らしい決着がついた結たちと瀬尾たち。

20131201_04.jpg

因縁といえば因縁だし、腐れ縁といえば腐れ縁な関係でしたね^^
世界存亡の危機だったりするあたり驚愕の事実のはずなのに、
このノリならなんとかなりそうな気がするのは楽観視しすぎですかねw

対して皆人たちは氷峨と対峙。
こちらはまさに因縁の対決といえますね。
いきなりの先制攻撃がありましたが、
これで倒れるなんてことはないはず。

次巻、皆人たちの戦いに注目してます。

セキレイ (15) (ヤングガンガンコミックス)セキレイ (15) (ヤングガンガンコミックス)
(2013/11/25)
極楽院 櫻子

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2013.12.01 Sun. 19:39 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2014年1号感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年52号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/1050-00031c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。