スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「月刊少年マガジン」2014年3月号感想 ※ネタばれ有 

日本一面白い少年誌「月刊少年マガジン」読了~。

20140206_01.jpg

表紙はアニメが開始した「ノラガミ」。
巻頭カラーでも登場。

アニメのほうは予想を遥かに超える面白さで正直驚きですw
月マガでアニメってあまり良作になったイメージなかったので。。
ノリもテンポもいいし、話の構成もいいですね。
この調子で最後までいってほしいです。

さて本編のほうは新展開に突入。

20140206_02.jpg

黄泉から戻っての夜トたち、そして七福神たちのこれからの動きが見えそうなところに、
夜トの父親の今の姿が初お目見え。

まさかの藤崎君というか、登場したときに一番怪しかったのを
一度スルーしての正体判明というのは完全に罠ですね。
見事に騙されましたw

一番近いところにいるひよりに危険が迫りそうですがはてさて。
この後の展開に注目です。

「修羅の門」は最後まで格闘家としての漢としての生き様を体現した飛田の姿が印象的。

20140206_03.jpg

また一方で姜子牙の恐ろしさも発揮された試合でした。
飛田が繰り出す完璧に決まったと思われる技の数々を
反射で切り抜けるとか、まさに戦いの申し子。
オートガード、オートカウンター持ちみたいなものですね。

次は九十九との決勝。
ダメージ量でも差がある上に、まだ実力の全てが見えていない相手だけに
九十九の苦戦は必至。
どんな戦いになるか楽しみです。

ついにマニの唄が披露された「ましろのおと」。
雪の演奏とマニの唄が見事にかみ合いましたね。

20140206_04.jpg

「三下り」という唄を知らない私でも
マニの素晴らしい唄が聴こえてくるかのような迫力のあるコマの数々。
グイグイ引き込まれました。

一方大会で点を取るやり方を捨て、自分らしさを全面に出した成宮は
限界を超えてしまい声がでなくなることに。
この舞台に挑んだ成宮の気持ちも色々あるのでしょうが、
勝つも負けるも、成功するも失敗するも芸の世界。
とはいえ、自分の意志で挑んだという点においては胸を張れるかな。

次回は結果発表。
見た限りマニの優勝が固い感じですが、結果を聞くまでは安心できませんね。
期待して待ちたいと思います。

というわけで今月も面白かった月マガ。
新連載の「金の彼女、銀の彼女」は微エロラブコメ。
基本的におバカなノリみたいなので、気軽に読めそうかな。

今月休載だった「四月は君の嘘」も来月再開。
いいとこで空いてしまった分すごく楽しみです。

来月号も期待してます!

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:月マガ

2014.02.06 Thu. 21:53 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2014年11号感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2014年10号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/1070-5481153b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。