スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

(アニメ版)「四月は君の嘘」感想 ※ネタばれ有 

久しぶりすぎますが、TVアニメ「四月は君の嘘」がついに最終回を迎えました。
宣言したので感想を書きたいと思います。

まずは、予想以上のクオリティで高い満足度が得られました!
大部分が原作に忠実だったのも原作ファンとしては嬉しかった点です。

個人的に結末が悲しいものなのは好みとは言い難く、
アニメオリジナルの結末があっても・・・なんて邪道っぽい期待もしましたが、
ここは完全に好みの問題ですね^^;
ラスト1話前とラストで公生の演奏が途切れてしまったのは、
若干盛り上がりに水を差してしまった感もあって、
1時間スペシャルで演奏からラストまで続けて欲しかったというのは後出しの希望でしょうか。

とまぁ若干の不満というか、元の期待が高かっただけにあれもこれもと欲張ってしまうのは
映像化のクオリティがそれだけ高く、毎回楽しみにしてた気持ちの表れと解釈して欲しいところw

一転個人的に絶賛したい点は、椿の可愛らしさ。
強気と弱気、お転婆と女の子らしさといった、
相反する感情のうねりを絶妙な演技で表現してたと思います。
イメージ以上に声があってて驚きました。

かをりとの恋は悲しい形で終わりを迎えたけど、
最終回はそれでも前に進む姿が見られたので、
この先の公生と椿がどういう関係を築いていくのかってのはすごく見たいです。
むしろ渡がおかしな感じにかをりへの気持ちを引きずりそうな気がしなくもなくて心配w

そしてもう1点絶賛せざるを得ないのが演奏の表現。
一番期待していた部分でもあり、最大の見どころでもある部分。
これに関してはアニメならではの良さが随所に見られて、見てよかったと素直に思えました。
お気に入りは公生とかをりの共演、公生と凪の共演の2つですが、
導入である前者と、クライマックスに近い頃の後者、どちらも甲乙つけがたい感動を貰いました。
最高です!(陳腐^^)

というわけで良いアニメ化となって本当によかったです。

原作者の新川直司先生は近年で個人的一押しの作家さんなので、
次回作も大いに期待しています。
早く読みたいです^^

DVD付き 四月は君の嘘(11)限定版 (講談社キャラクターズA)DVD付き 四月は君の嘘(11)限定版 (講談社キャラクターズA)
(2015/05/15)
新川 直司

商品詳細を見る


四月は君の嘘 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]四月は君の嘘 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2015/02/25)
花江夏樹、種田梨沙 他

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:アニメ

2015.03.20 Fri. 22:40 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 注意事項など
せっかくなので一言 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/1086-0df1ac84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。