スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

電撃文庫祭り 

4冊購入、電撃文庫。
「アスラクライン」14巻、「アクセル・ワールド」4巻、
「ロウきゅーぶ!」4巻、「世界平和は一家団欒のあとに」9巻。
どれも結構厚いですよ、、。。

20100207_05.jpg

「アスラクライン」はリバーシブルカバーってことで、
裏返して装着するとこんな感じ。

20100207_06.jpg

掲載誌のおまけで別カバーってのは多いけど、裏返しってのはいいなぁ。
アスラクライン13巻もこれがよかったよ。。


てことで、速攻でアスラクラインを読破!
以下ネタばれアリ。


アスラクライン13巻で完結みたいに思ってたけど、
14巻が完結みたいだねぇ。
短編を交えつつ、和葉と智春の出会いを描くという構成に。
おまけといえばそんな感じではあるけど。

今巻でメインとなるのは和葉と智春の話。
現代の世界で兄を探す和葉と、洛芦和高校で智春を待つ仲間達、
そして次元の狭間で和葉との過去を体験する智春。

現代と次元の狭間は全く別の話として描かれていて交わらないんだけど、
最終的に繋がっていくんだろうな~って感じで終わり。

この作者は、ここで終わりっていう描き方をしない人なのかな?
13巻でも思ったけど、智春、操緒、奏の未来を知りたい気持ちが大きいので、
若干思い残しが。。
まぁでも、終わり方としては全然アリなので問題ないか。

短編のうち3本は、本編に絡まない正真正銘おまけの話。
毎度のドタバタなんだけどおもしろい。
智春の巻き込まれっぷりがホントどうしようもないw

ヒロイン2人もいいけど、サブキャラ達は男も女も魅力的。
第2生徒会が絡む話なんて結構好きだし、
佐伯兄がカッコいいところを見せてくれるとなんか嬉しい。
ニアの智春への気持ちも、色々想像するとニヤけてしまう。

アスラクラインは短編だけでいいから、もっと読んでいたかった。
あとがきでは、今後の予定は完全に白紙と言われているけれど、
個人的にはまた読める日を期待したい。

アスラクライン〈14〉The Lost Files (電撃文庫)アスラクライン〈14〉The Lost Files (電撃文庫)
(2010/02/10)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:雑記

2010.02.07 Sun. 22:05 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« アクセル・ワールド4巻感想 ※ネタばれ有
漫画三昧 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/109-520665cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。