スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ソードアート・オンライン」4巻感想 ※ネタばれ有 

「ソードアート・オンライン-フェアリィ・ダンス-」4巻読了~。

20100410_01.jpg

フェアリィ・ダンス編も今巻で完結。

いや、もう本当おもしろかった。
今巻でもキリトの無双っぷりは健在。
SOはこれがあってこそって所もあるよねぇ。。

でもそんな今巻の一番の見所は、キリトとリーファの関係。
現実では和人と直葉という義兄妹というのがね、、、また色々あります。

直葉は和人への親愛とは異なる男女の気持ちを抱きながらも、
和人の明日菜を想う気持ちを知っていることで複雑な心境。
ながらも、オンラインではキリトに惹かれ始めている。

病室で明日菜を見る和人を見て、自分が和人へ寄せる気持ちが恋であることを確信し、
同時に決して届かない想いであることにも気づいてしまう。

20100410_02.jpg

さらにはオンラインでキリトが探し求める人の名が"アスナ"であることを知り、
和人=キリトであることに気づき、2重の意味で失恋を味わうことに。

もうこの辺は直葉にとってはどんな心境なのかと。。

現実世界では和人と直葉として、オンラインではキリトとリーファとして向き合う2人。

20100410_03.jpg

お互いがお互いの気持ちを受け止めることはできないけれど、
気持ちを伝え合うことで前に進むことができるように。

それにしても、キリトに関わる女性プレイヤーは魅力的なのが多いな。。
悲しいかなアスナ以外に見向きもしないキリトに失恋の1択しかないけれど。

さて、色恋は一旦据え置いてアスナ救出作戦。
製作者の悪意たっぷりの無限ポップという難航不落のゲートに挑む2人+α。
圧倒的に数が足りないところに、シルフとケットシーの大軍勢が合流。
熱いね~。。
完全にその他大勢ではあるものの、MMOの醍醐味ってのはやはりこういう部分だね。

・・・そんな必死の突破劇の先にあったものが、
管理者権限でしか開かない扉ってのが最悪すぎた。。
まぁさすがの裏技で突破するわけだけどw

そして遂にアスナの元にたどり着くキリトとユイ。

20100410_04.jpg

なんか、ここまでの道のりではユイが一番の功労者だったな。
彼女がいなければ突破できない壁が多すぎた。

幸せをかみ締める3人の前に順当に立ちふさがる妖精王オベイロンこと須郷。

20100410_05.jpg

・・・もうこの辺りは色々と気分が悪い展開だった。
ていうかもう気持ち悪いね。。
キリトがオベイロンを倒しても全く気持ちが晴れないという。
最高に後味の悪い結末でしたわ。

さらには現実に戻っても須郷として和人を殺そうとするとかね、、もう。

そんな出来事を乗り越えて、現実世界では初めて言葉を交わす和人と明日菜。
「はじめまして」という言葉が切なくもあり、愛おしくもあるかな。
私的にはもう少し素直な帰還を果たしてもらいたかったって気持ちもあるけど。。

そして真のエピローグ?
SAO帰還者への教育機関提供とか、アインクラッド攻略記念パーティとか。。
私としてはシリカとリズリットの登場が嬉しかった。

20100410_06.jpg

しかも挿絵付きとはw
和人と明日菜のラヴっぷりを目の当たりにしながらも、
割って入りたくてたまらない戦意満々な2人に笑ったよ。。
恋する女は強しです。

VRMMOも完全になくなるかと思いきや、
茅場晶彦が残したVR環境を動かすためのパッケージによりまさかの生き残り。

一部SAOプレイヤーもアルヴヘイム・オンラインへ参加ぽい流れなのかな?
オンでもオフでも全員集合みたいな流れは結構好きです。

そんなアルヴヘイム・オンラインの現状の語りでは、
キリトとリーファがイチャイチャw(違
フェアリィ・テイル編は途中から、もしかすれば最初から直葉がヒロインだったかも。。

どうやらSOシリーズは続刊があるようで、
銃と鋼鉄のMMO<ガンゲイル・オンライン>が舞台らしい。
あるVRで作ったキャラを別のゲームへコンバートできる仕組みという伏線が利用されそう。
これまでとは違った方向性になるらしいけど、楽しみにしてます。

川原礫作品の今後の予定は、
「アクセル・ワールド」5巻が6月10日予定。
「ソードアート・オンライン」5巻が秋予定らしい。

今後の活躍にも期待してます。

ソードアート・オンライン 4 (電撃文庫 か 16-8)ソードアート・オンライン 4 (電撃文庫 か 16-8)
(2010/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2010.04.10 Sat. 15:13 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「灼眼のシャナ」20巻感想 ※ネタばれ有
「3月のライオン」4巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/168-7247b462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。