スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「宙のまにまに」8巻感想 ※ネタばれ有 

「宙のまにまに」8巻読了~。

20100723_01.jpg

現実は夏真っ盛りだけど、物語は11月~12月ってことで
美星たち3年生は受験生。

の前に、2年生の修学旅行の話から。

美星の居ぬ間に朔との仲を進展させようと頑張る姫だけど、
お約束というか空回りの連続。
そんな姫を見るのも楽しいけど(酷

20100723_02.jpg

美星がいないからこそ、美星を意識してしまうジレンマ。
朔が美星に抱く気持ちは恋愛とは違うと確認できてちょっと安心な姫。
でも本人にも気づかないところで育っていた気持ちに
ふいに気づく瞬間なんてがあるもので。。

当たり前にみんながいる今だけど、別れの時はもうすぐ近く。
その時にどんな気持ちが生まれているのかってのも気になるなぁ。

まぁ先の話は先々で、、
修学旅行の最後を迎えた2人には最高の舞台が用意されていましたね。

とりあえずグリーンフラッシュはwikiで確認。
人生で一度はお目にかかりたい現象ですわ。
何気にカメラに収めた江戸川は偉い。
お邪魔がなければ朔と姫はもう少し近づけたかもだけど(´・ω・`)

そんな修学旅行組の帰宅後は部活動~というわけにもいかず、受験生はお勉強。
文系に弱い美星のために助っ人参上。

20100723_03.jpg

近江さん眼鏡装着っ!!
・・・は、そういうオーラが見えるってだけだけど、似合ってるね~。
関係ないけどトビラの美星の眼鏡も可愛い。

20100723_06.jpg

文系漫画だけあって、眼鏡の扱いはお手の物(違
メガネを取ってかわいさアップなんてのは嘘なのです。
メガネは魅力アップのアイテムなのですよと強く主張(`・ω・´)

閑話休題。

受験、特に大学受験はかなり人生かかっているので
仲がいいから同じところへ~なんていかないものです。

20100723_04.jpg

将来やりたいこと、学びたい道に向き合っていれば尚のこと。
私は学生生活が過去の話になっているからこそ余計に、
こうして真っ直ぐ自分と向き合っている学生には羨望のような気持ちを抱く。
色々思い返してしまうね。

美星も好き嫌いで逃げてしまわず、目標に向けて立ち向かおうとしているのは好印象。
あれだけ星が大好きなのに、グッと我慢して勉強するってのは先を見ているから。
それでも息抜きも必要ってことで支えてくれる仲間たちの存在は非常に大きいと思う。

そして支えが必要な女の子がもう一人。

文江はしっかり者だからこそ、人から支えの手を伸ばしてもらうことに慣れてないかな。
自分の夢と回りの期待との狭間で迷いが生じてしまっても、
理解者が少ないことでどこか一歩踏み出せない。

後押しをしてくれる人間を求めていた彼女にとって、
朔は本当に大きな存在になりつつあるのだろう。

20100723_05.jpg

自分が望むときに欲しい言葉をかけてくれるなんて、ちょっとカッコよすぎだけど。
でも朔のスウィングバイの例え話は私の胸にも印象深かった。

地球の引力から脱するために地球の引力を利用する技術から、
"今の自分から脱するために今までの自分を取り巻いていたものが必要なんじゃないか"
という話に例えるのが、詩的というか哲学的というか、綺麗だけど深い。

どこかで使わせてもらいます(マテ

今巻は受験の話の印象が強かったせいか、
先に待つ別れを意識せずにはいられない気持ちがあって、どことなく切なげな印象。

「宙のまにまに」は天文部の活動がメインで星がいっぱいな印象が強いのに、
学生生活からその先にあるものまできちんと描けている点が、
ありふれた学園物語とは一線を画すものがあると思う。
キャラの色々な側面を見せるのも上手いです。

ただ受験に対してきっちり向き合った結果、星の話が少なめになってしまったのは仕方ない。
星のうんちく大好きな人は、幕間のページで堪能してくださいってことですね。

私個人としては、非常に大満足な一冊。
星漫画としての楽しさは証明されていただけに、
今巻で学園物語としてのレベルの高さも十分ってことがわかりました。

もうすぐ10巻っていう数字が色々気にしてしまうとこだけど、
まだまだこの物語から沢山の"楽しい"を貰えることに期待して9巻も楽しみにしてます。


宙のまにまに(8) (アフタヌーンKC)宙のまにまに(8) (アフタヌーンKC)
(2010/07/23)
柏原 麻実

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2010.07.23 Fri. 23:38 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「WORKING!!」8巻感想 ※ネタばれ有
「魔法少女リリカルなのはVivid」2巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/261-90b060c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。