スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「あまんちゅ!」3巻感想 ※ネタばれ有 

「あまんちゅ!」3巻読了~。

20100810_01.jpg

表紙にも登場の火鳥真斗先生は、今巻フル登場。
教師として、ダイバーとして、いち人間としてカッコイイ姿がいっぱい。

そんな真斗も、ぴかりの素敵んぐスポットには少女らしさが(≧▽≦)

20100810_02.jpg

山の壁面や、山間を抜ける電車っていうのは、
こういうギリギリの迫り来るような光景ってのも魅力的だね。

少女といえば、意外な少女らしさを見せてくれた姉ちゃん。

20100810_04.jpg

ラブレターにドキドキして顔を真っ赤にしてしまうなんて、
普段の破天荒なキャラからは想像できなかった。
あまんちゅでは初の(やや)恋話だったので新鮮でした。

さて、そんな日常風景も描きつつ、
今巻のメインはてこの"オープン・ウォーター・ダイバー"挑戦!

"オープン・ウォーター・ダイバー"って何?って思った人は迷わずwiki確認っ!
私は全然知識がないので、全力で楽しむためにもこの程度の労力は惜しまない。

しかし、海へ出る前に重大な事実が発覚!

20100810_03.jpg

えぇ~っww
泳げないでスキューバってできるものなんだろうか?
意外と豪胆というかチャレンジャーなてこ。

それでも成長途上のてこは諦めない。
かわいらしくも"らっこ泳ぎ"(てこ命名)で課題クリアっ!

別の話だったけど、ぴかりの言葉で言うところの
「今わたし達ができることを精いっぱいやるまで」ってことだね。

20100810_05.jpg

これまでぴかりいるからこそ勇気を出せていたてこが、
ぴかりがいない時でも自分の力を出せるようになっているのが嬉しい。

そしていよいよ海へっ!!

最初は期待、次に不安、そして純粋に海に惹かれる想いの強さに身を任せ。
辿り着いた海の底は神秘的な蒼の世界・・・。

スキューバ経験のある人はより感動できるんだろうなぁ。
欲を言えば、天野こずえの描くカラーで蒼さを見たかった。

順調に課題をクリアしたてこは遂に"オープン・ウォーター・ダイバー"に。

20100810_06.jpg

もうこのあたり、くさい台詞に赤くなりつつ私も一緒に喜んでましたわ。
思わず言葉に溢れるくらいのてこの気持ちが十分に伝わってきて感動。

成長するてこ、支える部員・先生たち。
ゆっくりと、でも確実に一歩一歩進んでいるのがわかって、見ているこちらも応援したくなる。

優しい気持ちにさせてくれるこれまでの天野こずえ作品に加えて、
「あまんちゅ!」はより成長物語としての色が強くなっているので、
読者に力も与えてくれる点が特徴的な気がする。
ファンタジーなしの学園物語って点も、より身近に感じられるしね。

本当、この一冊に沢山の力を貰える、そんな3巻でした。
大満足です。

そしてダイビング部の成長はまだまだこれから。
より多くの感動、そしてエネルギーを与えてくれることに期待してます。



あまんちゅ!(3) (ブレイドコミックス)あまんちゅ!(3) (ブレイドコミックス)
(2010/08/10)
天野こずえ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2010.08.10 Tue. 23:38 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「空色スクエア。」3巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」36・37合併号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/277-32100c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。