スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「鋼の錬金術師」26巻感想 ※ネタばれ有 

「鋼の錬金術師」26巻読了~。

20100812_01.jpg

表紙は人柱のみなさん。
仲良く生け贄(マテ

ついに発動した血の練成陣。
開けてびっくり地球の扉。

20100812_02.jpg

なんか出てきた~~( ゚Д゚)

ホムンクルスが言う「神」が何なのかは、これを読んだ今でもよくわかってないです。
真理の扉の向こうにいる誰かなのかなぁ?
最終巻まで見たら情報収集してみるか。

「神」とやらを取り込んだホムンクルスは悪い顔したホーエンハイムみたい。
超越者でありながら人の姿にこだわるのは、人への執着の表れなのか。

20100812_03.jpg

用は済んだとばかりに圧倒的力で人柱たちをねじ伏せにかかるホムンクルス。
そんな窮地を救うメイの練丹陣。

20100812_04.jpg

そしてここから怒涛の反撃が始まるっ!

メイの防御陣で時間を稼ぎ、
ホーエンハイムが長年かけて配置した賢者の石、そして月の影を練成陣として発動する錬金術。
ブラッドレイを打ち倒し、地殻エネルギーの使用に制限をかける賢者の石を中和する錬丹術の発動。
リミッター解除でパワーアップした力での集団攻撃w

怒涛の大規模錬金術の発動でホムンクルスの術も振り出しに戻しそうな勢い。
一瞬のひらめきではなく、長年かけ、理論を組み立て、準備を万端に望んでの逆転劇。
まさに錬金術師らしい戦い、そこに偶然は存在しない。

倒されたブラッドレイも敵ながら最高にカッコイイ漢だった。

20100812_05.jpg

それでもホムンクルスも元々強い上に、
新たに手にした力も全て失っていないのでピンチは続く。
なんか一人だけ等価交換の錬金術を超越した感じ。

兎にも角にも次巻で最後!
この戦いの終止符はどのように打たれるのか。
エドとアルの体はどうなるのか。
もう色々な結果が気になってしょうがないです。

でも原作もアニメも最終回を向かえて、コミックしか読んでいない私は
どこでネタばれするかと戦々恐々。

最終27巻は11月発売予定ってことで、
鋼の錬金術師の有終の美を期待してますっ!!


鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)
(2010/08/12)
荒川 弘

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2010.08.12 Thu. 23:40 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「山風短」1巻感想 ※ネタばれ有
「空色スクエア。」3巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/279-8cfd72ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。