スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「山風短」1巻感想 ※ネタばれ有 

「山風短 第一幕 くノ一紅騎兵」読了~。

20100814_01.jpg

原作:山田風太郎、漫画:せがわまさきによる3作目になるのかな。

帯にある通り、"美少年が子を成したっ!?"という中々に興味深い。
山田風太郎はどんな作品書いてたんだよってなものです。


そんな本作主人公の大山三十郎。
絶世の美女かと思いきや、絶世の美少年とは驚愕。

20100814_02.jpg

逸物を見せられては、、、どうにもならんな。。
それにしても天下に名だたる猛者どもにして、"立派な逸物"とはさらに驚愕。
さらにこの三十朗は、武のほうも超一流。
完璧です。

そんな三十朗は、"衆道の法"を学ぶため直江兼続の元へ。

20100814_03.jpg

男前の兼続。
細かい史実は知らないけど、上杉謙信の寵愛を受けていたっていうのは、
男同士の付き合い的な意味を超えて、肉体的な関係もあったの?
かなりびっくりなんだけど。

まぁ史実はさておき、戦国時代では男同士の関係が普通にあったという前説を聞いても、
あまりにも違和感なく展開される話についつい引き込まれる。
これが現代が舞台だとそうはいかないんだろうなぁ。
あとは、三十朗が美少年ってのもあるけど。

20100814_04.jpg

せがわまさきの描く女性的な姿勢・仕草は本当魅力的すぎる。
いい尻して(ry

これは景勝もハッスルしてしまうのも無理ない・・・のか?w

20100814_05.jpg

だが、男に子供は出来ないわ。
兼続もものすごい理由で子供が出来たこと話してるな。
どんだけ気持ちよかったのか想像した自分が嫌になったorz

そしてここからは怒涛の展開で進み、一気に事の真実までも披露される。

「恐るべし・・・真田忍び組」ってことがこの話の全てだねぇ。
山田風太郎の描く世界での忍術の底が深すぎる。

ところでちょっと気になったのは、
バジリスク・・というか、甲賀忍法帖での陽炎と本作の陽炎は何か関係があるのかな?
バジリスクの陽炎って死んでないよな~ってのもあって、
山田風太郎作品での繋がり的演出だったり?
物語的な意味は特にないんだけど、どうなんだろうか。

閑話休題。

山田風太郎×せがわまさきは、はずれがない。
本作もおもしろかった。

山風短は第二幕が2011年春予定で発売するみたいなので楽しみにしてます。



山風短(1) くノ一紅騎兵 (KCデラックス)山風短(1) くノ一紅騎兵 (KCデラックス)
(2010/08/06)
せがわ まさき

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2010.08.14 Sat. 21:38 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« ProjectDIVA2日記
「鋼の錬金術師」26巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/280-0b7eca2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。