スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「とある魔術の禁書目録」22巻感想 ※ネタばれ有 

「とある魔術の禁書目録」22巻読了~。

20101007_01.jpg

ついに、「ロシア編」完結!
あとがきでは「神の右席」編と記載されてるので、公式はこっちかな?

これまででさえ怒涛の展開の連続だったが、
今巻は話の収束に向けて更にその度合いが加速。

そして全く予想しなかった結末、
新展開に向けて早速伏線が貼られる、
ていうか過去の伏線を回収します宣言的なものも見られたりと、
語るべきところが多すぎる充実の内容。

とりあえず目次ページの御坂妹が可愛すぎた(そこかw

20101007_02.jpg

フィギュア化有りと見たね、それくらい可愛い。

そんな妹に負けじと、美琴がそのスペックを如何なく発揮。
派手な大技から細かい作業まで、学園都市第三位の応用力の高さが素晴らしい。

20101007_03.jpg

単純な力比べでも強いとは思うけど、なんかこういう力の使い方を見せられると
改めて美琴の存在感を意識付けられる・・・本編では地味だったからなぁ(´д⊂)
とはいえ、美琴の話はほぼ行間として語られるあたり不憫だw


そして、個人的に一番注目していた浜面VS麦野。
驚愕の展開!!

なんと、、、

麦野がデレたっ!!!( ゚Д゚)

ちょっwどういうことwww
いや、まぁ多少表現に誇張はあるとは思いつつも、
麦野って浜面のこと大好きじゃんと感じさせるには十分なんじゃないかと。。

あれですね、麦野的には浜辺で恋人を追いかけるように、
波打ち際でふざけて水をかけるかのように、
ロシアまで追いかけて原子崩しをぶっ放していたと。(違
ツンすぎてうっかり殺しちゃうとこだったネ。(マテ

いや、もう、、、全然有りだねっ!( ゚∀゚ )

20101007_04.jpg

原子崩しをぶっ放されてツッコミ入れるとか、浜面は大物だよ。
だが滝壷がいるから断る的なところも男前w

これからも「アイテム」は最大限の応援をさせていただきます。。


そしてシリアス一直線の一方通行さん。

最小限の情報から最大限の結果に結びつけるのがさすが。
一方通行の頭の中だけで展開される独自解釈はあるものの、
理論と経験を組み合わせていくあたりが第一位。

ラストオーダーが目覚めたあたり、一緒になって喜びましたわ。
いつしか一方通行の想いに引きづられて、ラストオーダーを愛おしく感じるように。

20101007_05.jpg

あとがきで、一方通行は家族を欲していると書かれているけど、
物語の中で絆を繋ぎとめようとあがく姿から痛いほどそれが感じられた。
本当、幸せになってもらいたい。


でもって我らが主人公、上条当麻。

敢えて言うけど、上条さんマジぱねぇw

右腕斬られた瞬間に、第2巻が頭の中でフラッシュバック。
出るの、出ちゃうの?って思った。
龍は出なかったけど、なんか物凄い力を放出してみたり、
自分の中の何かと対話?をしている様子。
挙句の果てに、腕が再生しちゃったり。
ピッコロかよっ!て思った人は多いはずw

そしてフィアンマが一瞬で雑魚キャラに(えー

20101007_06.jpg

ナイスホームラン!(違

戦い方が一気にパワーアップして、打ち消すだけではなくなったのは私は好印象。
元々バトルセンスだけで戦ってきたのに説得力が多少なりとも加わったのでは。
プロの魔術師と対等以上に戦える理由付けはOKです。

逆に言うと、フィアンマレベルに対して未だ隠された力を出さずに勝利しちゃう
その潜在能力が恐ろしい。
アレイスターはその力の本質を知っているようだし、
次からの展開ではその辺りが語られたりするのだろうか?

さてさて、次からは新展開になるわけだけど、
この「神の右席編」で世界の様相は一変してしまった。
少なからず魔術の存在が公となり、学園都市の保持する技術が
外の世界の数世代先であることも露見。

更には何やら企むローラや、表の世界に出てきたアレイスター、
SS2で登場した魔人になるはずだった男オッレルスの登場など、
日陰の人々が行動に移るのか。

世界規模の話が続くかはわからないけど、
各国や学園都市がどう立ち振る舞うのかが注目かな。

何より当麻がどうなってしまうのかは気になる。

次巻は「救った後」の世界の話ということだけど、
幕間的に一息つくのか、このまま突っ走るのか。
どちらにしろ、楽しみすぎて待ちきれませんわ。

次巻も期待してますっ!


とある魔術の禁書目録 22 (電撃文庫 か 12-26)とある魔術の禁書目録 22 (電撃文庫 か 12-26)
(2010/10)
鎌池 和馬

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2010.10.07 Thu. 01:34 -edit- Trackback 0 / Comment 3

△page top

« 「月刊少年マガジン」11月号感想 ※ネタばれ有り
秋の電撃祭り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

俺も読みました!

俺も22巻は今日買ってさっそく読破しました!
なんかフィアンマが最終的に弱すぎたのは笑いましたwww
ただ読んだあとがかなち後味悪かったです…
早く23巻読みたい!!!
その前にロシア編20巻から読み直しますけどwww

上条さんはどうなるのやら…
『2回目の死』ってことは1回目は記憶喪失のことでいいのだろうか…?

URL | 武光 #mN/Q/1PM

2010.10.08 00:23 * 編集 *

僕も今読み終わりました!
めっちゃ面白かったです!
てか一方さんいけみんすぎ

URL | 木原君 #-

2010.10.08 15:47 * 編集 *

>武光さん
毎回読み出すと止まらないんですよね。
途中からフィアンマには同情の念すら抱いてましたw
今巻の引きは何かと次の展開に向けてるのが多かったので、
23巻は余計に楽しみです。

私も『2回目の死』の1回目は記憶喪失だと思います。
記憶を失う前の当麻は、学園都市の暗部に触れていたのでは~、
なんて勘ぐってもいますね。

>木原君さん
一方通行は必死な分応援したくなります。
かつて最強だったことになんの執着もない今の姿だからこそ
私は好きになれた感じがしますね。
惚れてしまいます(笑

URL | むらちゃん #-

2010.10.08 22:41 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/324-5ff5f984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。