スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

映画「十三人の刺客」感想 ※ネタばれ有り 

十三人の刺客」観てきた。
あ、公式ページにリンク貼ってるけど、
未鑑賞の方はしっかり読むのはお勧めしないですわ。
内容を公開しすぎてる部分もあるので。

さてさて、一応評判がいいのは知っての鑑賞。
橋本MOVIXもほぼ満席に見えたので、盛況のようです。

とりあえず結論から言えば、見る価値有りの一作。
面白かったです。

まず13人対200人超という無謀な殺陣は必見。
無謀は無謀だけど、最大限の準備の上での万全の態勢。
そして13人は精鋭な上に覚悟完了済み。
痺れる設定です。

最初「300」的な展開かと思ったんだけど、全然違った。

1つは宿場町を丸ごと要塞化し、迎える立場である点。
もう1つは集団の戦闘ではなく、個々の力に特化している点。

ツッコミ所がないわけではないんだけど、
彼らの覚悟を前にすれば、これくらいはやってくれるという気持ちが強くあり、
簡単に否定してしまうのも無粋な気がしてしまう。

というわけで、実は前半のあり方がこの物語のありようを左右していると思う。

鍵を握ったのは二人の人物。
衝動のまま他者を省みない行動を続ける明石藩主・松平斉韶。
幕府老中・土井の命により斉韶暗殺の旗頭となる島田新左衛門。

斉韶の残虐性をこれでもかと演出する前半は吐き気すら覚えるほど。
方やその異様さを目の当たりにし立ち上がる新左衛門の人心力も見事なもの。

時代劇をそれほど観ていない私は、
独特の言いまわしは若干聞き取りにくかったりしたものの、
難しい内容ではないのが救いでした。

覚悟を決めた男たちが、世のため人のため、そして自身の有り様のために、
悪逆非道な藩主の首を獲る。
プラスして、武士とは主君に仕えるものを信念とする半兵衛との衝突。
これを追えば理解しやすいというスタンスで挑みました。

最後に殺陣に戻って敢えて気になったこと。
倉永左平太役の松方弘樹の殺陣が突出しすぎていた点。
普通なら素晴らしいのに、これだけ人数がいると素人目にも差がはっきりとわかり逆に違和感。
正しい意味での役不足かも?

何はともあれ、私個人としては楽しめました。


テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:映画

2010.10.10 Sun. 23:56 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「夜桜四重奏」9巻感想 ※ネタばれ有り
「らき☆すた」8巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/329-7323699d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。