スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ダイヤのA」23巻感想 ※ネタばれ有り 

「ダイヤのA」23巻読了~。

20101017_01.jpg

地区予選決勝戦で敗退した余韻を引きずりつつも、
早々に3年生が引退し次の世代へ。

敗北の余韻はレギュラーメンバーに特に重くのしかかるが、
その敗北を受け入れなければ次に進むことができない。

20101017_02.jpg

チームの頭脳である御幸は試合を振り返り、そして3年の抜けた戦力を分析し、
現在のチームの不安材料と対策を考えるほどに先を見据えている。

一方ベンチ入りすら出来なかったが常にムードメーカーでいた前園。

20101017_03.jpg

チーム一丸だからといって、ベンチ入りすらできなかった悔しさを
自分達の代で晴らそうというその頼もしく力強い言葉が、
凹んでいる面々の起爆剤となって欲しい。

とまぁ、まずは精神論。
この23巻では立ち直りの兆しは見えているものの、
新チームがいいスタートを切れているとはとても言えない。
そして戦力的にも甲子園を目指すには色々と不足している。
だからこそ、力をつけるための貴重な時間を少しでも無駄にして欲しくない。

特に心配なのが川上。
決勝時点ではエースの器ではなかったけど、十分に評価できる投球だった。
四球が多いという欠点は川上だけでなく、全投手の課題でもあるし
投手陣は課題が明確な分、よりメンタル重視に鍛える必要があると思う。

20101017_04.jpg

んで、沢村。
表向きは自分を取り戻しているように見えるけど、
内面では色々な不安が渦巻いているようだ。

練習試合でコースの甘さを指摘されているように、
内角を投げれなくなる投手になる心配が一番大きい。

あ~、なんか色々とモヤモヤする展開でした。
最後の伊佐敷の一喝で鬱屈しそうな気持ちをとどめることができたものの、
もうしばらくは彼らの立ち直りを見守る展開になるのかな。

新キャプテン御幸の負担、川上の不調、沢村のトラウマの懸念、
そしてチームの総合力の低下、監督の辞任など等。

直近の秋大会。
勝てるチーム作りができていることを祈るのみです。

ダイヤのA(23) (少年マガジンコミックス)ダイヤのA(23) (少年マガジンコミックス)
(2010/10/15)
寺嶋 裕二

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2010.10.17 Sun. 17:35 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」46号感想 ※ネタばれ有り
「さよならフットボール」2巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/336-ec6e1a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。