スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「織田信奈の野望」3巻感想 ※ネタばれ有り 

「織田信奈の野望」3巻読了~。

20101102_01.jpg

表紙の信奈が奇抜な衣装ながらも、
その派手さがなんかツボにくるくらいお気に入り。
武将は皆虎が大好き。

本編。

いよいよ上洛を果たした信奈だが、
義元を将軍に据えるために、関白近衛前久から十二万貫文上納するという
無理難題を押し付けられてしまう。

こうなったら堺の商人を味方につけて資金を集めるぜってことで、
たこ焼きに並ぶ名物料理を考案することに。
すったもんだのあげくに、良晴と明智十兵衛光秀で料理対決。

この十兵衛ちゃんがまたオモシロキャラ。
信奈に並ぶほどの天才でありながら素直でいい子。
古今東西おでこちゃんに悪い子はいないのです(`・ω・´)

20101102_03.jpg

だが・・・空気読めない子w
イタイ、痛々しいくらいイタイ子だわwww
見ていて、もうやめてあげてって感じにむしろ可哀想になってきた。

空気読めなさすぎて信奈の怒りをかって落ち込んじゃったり。
史実では信奈を裏切るんだが、本作では応援してあげたくなる存在。

信長を語る上でははずすことの出来ない最重要人物なだけに、
本作でもがっつりメインに絡んできてる。
史実に沿うか完全分岐かはわからないけど、
本能寺の変までに何が起こるのかってのは最も注目して読んでいきたい。

とまぁ、わりとほのぼのした前半展開とはうって変わり、
後半は激しい戦いの連続。

松永久秀の強襲では十兵衛が自らの過失を払拭する働きを見せ、
松永久秀を仲間に。
さらに義元を将軍に据えた信奈は畿内平定のため、朝倉義景を討つため越前へ侵攻。

・・・ついに来た、「金ヶ崎の退き口」。
そして良晴の行動にまたも熱いものがこみ上げてきた。
もうなんていうか、良晴は現代人でありながら完全に武将の器だよ。
人望の厚さだけならば信奈に勝るとも劣らない。

織田軍家臣や足軽に至るまで、義に満ち溢れているその姿がまたいいね。

20101102_04.jpg

史実の大きな流れはくんでいるものの、仔細は色々違うので、
この撤退戦も何が起きるかわからない。
たとえ史実と同じであっても、おもしろくて仕方ない。
先が気になりますわ。


さてさて、戻って京ではうっかり伊達政宗との邂逅なんてあったりしたけど、
こちらはトンデモ設定に。

20101102_02.jpg

"邪気眼流"とはまたうまいことをw
後になればなるほど、やりたい放題な設定で武将を登場させるなぁ。
だが、それがイイ。

当初の目的はニヤニヤだったけど、
ニヤニヤよりもむしろ熱い戦いや人間関係がメインといっても過言ではない。
きちんと戦国時代してます。
3巻で早いかもだけど、私の中ではぐいぐい評価が上昇してますわ。

4巻も期待したい。

織田信奈の野望 3 (GA文庫)織田信奈の野望 3 (GA文庫)
(2010/05/15)
春日 みかげ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2010.11.02 Tue. 23:39 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「織田信奈の野望」4巻感想 ※ネタばれ有り
「週刊少年ジャンプ」48号感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/349-bc91fad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。