スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「月刊少年マガジン」12月号感想 ※ネタばれ有り 

日本一おもしろい少年誌「月刊少年マガジン」読了~。

20101107_05.jpg

表紙は新連載の「ふでかげ」。
原作は川原正敏氏と、同誌で2作掛け持ち連載とか凄すぎ。

話は導入部でまだわからないけど、
サッカーに武道をインスパイアした動きを取り入れた、
アクションサッカーみたいなノリになるのかな?
静かな立ち上がりだったので、これからって感じですね。

一方「修羅の門」は早速バトル開始。

20101107_06.jpg

現実を見ていても思うけど、ローキックってのは凄い。
鍛えられたローキックは痛さの質が違うなんてことを聞いたことがある。
だから、見ていて陸奥はローキックを喰らいすぎだと思うんだがどうだろう。

とりあえず飛田はあっさり負けると思ってすみませんw

「ましろのおと」は1月空けて連載再開。

どうやらこれからは部活動を中心に描かれる模様。
わいわいやりながらも、梅が仕組んだ大会出場へ流れていく・・と。
大会には田沼総一郎も参加するようで、雪との初対決があるのか。

の前に、三味線屋においてひとつの出会い。

20101107_07.jpg

厳しい意見をぶつけてくる裏には、松吾朗に対する思いもあるようで。
人に評価されることに興味のない雪の演奏。
松吾朗と似ているようで、決定的に違う何かがあるかもしれない。

この出会いも今後の雪の糧となるんだろうな。

「四稲家の人々」は最近シリアス展開続き。

駒を奪われながらも葉月参戦で復帰した春彦。
とはいえ、何もかも足りない現状を覆すのは至難の技。

満足な策もないまま卯月達の奪還に挑むも時すでに遅し。

20101107_08.jpg

全てを持つ男、獅童弘矛が全てを終わらせた後。
強いんだが、馬鹿、馬鹿だが真っ直ぐな心を持つ弘矛の情けにより、
半年の猶予を得ることに。

おぉ、、なんか熱い展開になってる。。
のほほんと生きてきて、その優しさだけがとり得な春彦はどこまで成長できるか。

ここにきて仕切りなおしになるとは思わなかったなぁ。
ガチバトル方面に成長するのか、策士として成長するかはわからないけど、
春彦の覚悟がどれほどか見るのが楽しみ。

「C.M.B」は休載だった。
なんかめずらしい。

今月も面白かった~。
来月はあだちとか氏の新連載も開始だし、こちらも待ち遠しい。
次月も楽しみにしてます。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:月マガ

2010.11.07 Sun. 23:28 -edit- Trackback 1 / Comment 2

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」49号感想 ※ネタばれ有り
「ビリオネアガール」1巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

ローキックはモーション少ないし、相手の機動力を削ぐし、威力自体ありますからかなり効果的ですよね。
でも、それ故か今日びの総合格闘はローばかりの気もします(最も殺す気でやるわけにもいきませんが^^;)。
「修羅の門」は活人拳に対するアンチテーゼもあるからそういうのを主張するために敢えて喰らわせつつも効果的に描写しない、というのもあるかもしれませんね。ポイントを外せば致命傷は免れるし、キック全般にいえることですが敢えて前に出て威力が乗る前に受けてしまうのもあります。

と、まあ知った風に書きましたが「格闘技」に関しては漫画や格闘技オタクから「聞いた話」レベルですw
(中国拳法なら嗜んでいるから多少は実体験を交えて語れますけどw)
ああ、そういえば実際に喰らったこともありました(実体験?w) 私、結構タッパあるから(身長180cm、体重80kg)格闘技オタクに付き合わされて(まあ、結構おもしろかったですがw)

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2010.11.08 00:16 * 編集 *

>黒鉄さん

いいガタイしてますね。羨ましい。
キックを威力が乗る前に受けるってのは物凄い勇気ですよね。
格闘技を見ていてわかる時もあれば、わからないときもありますが、
捌きの技術は私には到底理解の及ばない範囲です。。

URL | むらちゃん #-

2010.11.08 23:03 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/355-784d306a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

修羅の門

巻を重ねるほどに

漫画情報サイト

2010.11.13 11:25

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。