スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「烏丸響子の事件簿」9巻感想 ※ネタばれ有り 

「烏丸響子の事件簿」9巻読了~。

20101224_01.jpg

クリスマスは年に一度の鬼退治の日w
やはり今年もこの日に発売しましたねぇ。

京都を舞台とした最終章もいよいよクライマックスへ加速。
脱獄を果たした黒鉄兄弟は内田家へ。

20101224_02.jpg

内田家といえば桐雄が・・と思ったら、
烏丸家とは違った意味でこちらも怪しい雰囲気。
東北といい、鬼と宗教は切っても切れない縁なのか。

久しくメインに出張ってこない桐雄の動きも合わせて、
内田家と烏丸家がどう動き、どこで交差するか、注目したい。

さて、烏丸サイド。

京都府警で烏丸の血縁である島崎の案内で、
烏丸の隠れ里に辿り着いた響子はついに母親と再会を果たす。

20101224_03.jpg

母親の沙登子は鬼の血を引いていない人間の女性。
だが鬼の血を引けども娘を愛する気持ちはまさに母親。
母の愛を覚えていない響子にとっては気恥ずかしくもあり、
嬉しくもあるんだろうね。

烏丸一族と隠れ里に住む鬼たちにとっては一族のしがらみがあるものの、
しばし純粋な親子愛に心温まる光景。

しかしこの平穏は本当に一時のもの。
やはり現れたるは三田村浩三。
15年前の事件、そして15年間響子を育てた父親のような存在。
三田村の真意を聞かずして物語は終われない。

20101224_04.jpg

果たして三田村の口から出た言葉は全くの意外なもの。
三田村と沙登子の過去の出会い。
全てはここから始まったのだ・・・って過去編へ。。
クライマックス直前でかw

いや~、なんか15年前の事件の真相が見えてきたって意味で面白く、
ここにきてきな臭さを全面に出し始めた内田家が気になり、、、
と、本当にこのままクライマックスまで駆け抜けられるのかw

次巻10巻が最終巻。
きっと来年の今日読めるはずwww
期待して待ってます。。


烏丸響子の事件簿 9 (バーズコミックス)烏丸響子の事件簿 9 (バーズコミックス)
(2010/12/24)
広井 王子

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2010.12.24 Fri. 20:51 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「セキレイ」11巻感想 ※ネタばれ有り
「涼宮ハルヒの消失」ブルーレイ版感想 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/396-4b1c0d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。