スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「傾物語」感想 ※ネタばれ有り 

「傾物語」読了~。

20110105_01.jpg

サブタイトルは"まよいキョンシー"。
八九寺の話・・・ではあるものの、
八九寺が多く描かれるかというとそうではない今巻。

だが、非常に面白かったです(≧▽≦)

20110105_02.jpg

これは過去ですか?いいえパラレルワールドです。

夏休みの宿題を終わらせるためというあんまりな理由から、
まさかのタイムスリップを慣行。
いや、できる忍もすごいんだけどねw

こんな導入から始まった物語が、どんどん超展開に入っていきながらも
これがまたぐいぐい引き込まれましたわ。

八九寺を事故から救った世界。
まさかのハイスクール・オブ・ザ・デッド(違

阿良々木と忍の今の関係を知っているだけに、
忍との良好な関係を築けなかった世界というのは悲しいもの。
暴走したキスショットが、パートナー足りえる2人を見たときの気持ちはいかほどか。

ていうか、八九寺が生きている姿を見られたこともよかったんだけど、
今巻はほぼ全て阿良々木と忍の話でしょう。
まさに血の結束なのだが、だからこそそれが解けたとき、
危ういバランスだってこともわかりました。
いくつか飛ばして、今から鬼物語が楽しみになってきてるというw

ただ、八九寺が好きな人にとっては、思った以上に登場しなくて肩透かしかも?
あと、展開がぶっ飛びすぎてついていけない人もいるかもw
私としては大満足な一冊でしたが。

ん~、やっぱり阿良々木と忍の恋愛とはまた違う
強固だけど奇妙な関係は見ていて面白い。

死ぬときは一緒と言い切れる2人。
物語が終わる~というのを想像すると色々気になるしね~。
セカンドシーズンで完結するとは言われてないんだろうし、想像しすぎかもだけど。

さて、次の「花物語」、サブタイトルは"するがデビル"。
「猫物語(白)」と平行した話が読めるわけですね。
「傾物語」で多少触れるかと思ったら、一切触れなかった神原。
一息つく間も無く新たなトラブルに見舞われる阿良々木さん、頑張ってくださいw

活躍を楽しみにしてます。


傾物語 (講談社BOX)傾物語 (講談社BOX)
(2010/12/25)
西尾 維新

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2011.01.05 Wed. 23:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「月刊少年マガジン」2011年2月号感想 ※ネタばれ有り
「週刊少年ジャンプ」2011年5・6合併号感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/405-52df715e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。