スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ラブアレルゲン」2巻感想 ※ネタばれ有り 

「ラブアレルゲン」2巻読了~。

20110127_01.jpg

表紙は新キャラの宮みやこ。

たすくの過去を知る女の子の登場に、
物語は新たな局面に突入。

と、まずは前巻の続きの廃墟となった遊園地の話。
廃墟好きのたすくと、パワフルなほのみ、中々いいコンビです。

終始ノリで突き進んだイベントだったけど、
お互いが知らなかった一面を知ることができたという何気に重大イベントだったり。

20110127_02.jpg

考えるより感じるほのみ様だからこそ、たすくは感じるものがあるのかも。
真っ直ぐ入ってくる言葉だからこそ響くという何か。
それは本当のほのみを知る人にしか触れることのできない魅力なのだろうね。

そんな一歩距離を近づけた二人の前に現れたのが、
たすくの幼馴染の宮みやこ。

20110127_03.jpg

たすくからは弟分としてしか見られていないけど、
本当はたすくのことが好きで会いに来たという。
たすくに近い距離にいるほのみとアキちゃんを意識するのも致し方ない。

そんなみやこの気持ちは全く知らずに、今日もほのみはゴーイングマイウェイ。
あれよあれよとみやこを恋愛同好会に引きずりこんだと思ったら、
活動活動、毎日活動w

ほのみに振り回されるだけに見える同好会も、
気づけば少しずつ変わる気持ちがそこにある。

たすくをずっと見てきたみやこだからこそ、
今のたすくが昔と変わっていることがよくわかる。
それが自分の知らないところで起こっていたというのはなんとも複雑だろう。

20110127_04.jpg

ほのみの気持ちの変化に気づきつつも決して動かそうとしないアキちゃんに、
恋をするみやこが、逆にたすくに恋愛を否定させる要素になりそうな
この奇妙な4人のバランス。

今巻の最後に、桜の精に自分の言葉の矛盾を指摘されたたすく。

20110127_05.jpg

中々に深い意味があるだけど、たすくはこれをどうにか意識していくのかな?

少しずつ、でも確実に変わっていくほのみとたすく。
アキちゃんとみやこという両者に対してのバランサーの存在がどう動くか注目したい。

いや、それにしても面白い。
昨年発売作品で期待したい一冊として挙げさせてもらったけど、
現段階でも全く揺るぎない期待を持たせてくれます。

私は電撃大王本誌でも読んでいるけど、コミックはまた感じ方が変わったり
読み返すことで新しい発見があったりと中々深い作品。

3巻も楽しみにしてます。


ラブアレルゲン 2 (電撃コミックス)ラブアレルゲン 2 (電撃コミックス)
(2011/01/27)
あかほり さとる

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.01.27 Thu. 22:03 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「.hack//Quantum」vol.1感想
「週刊少年ジャンプ」2011年8号感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/416-81eef509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。