スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「魔法先生ネギま!」33巻感想 ※ネタばれ有り 

「魔法先生ネギま!」33巻読了~。

20110220_01.jpg

今巻収録分で連載300回達成とのことで、
おめでとうございます。

さて本編。

フェイトとの決戦に挑むネギパーティーの前に現れたザジ。
彼女が語るには、ネギが進もうとしている道は、
かつて超鈴音が変えようとした未来へと繋がるという。

20110220_02.jpg

それを止めるためザジは"完全なる世界"へとネギ達を落とす。

"完全なる世界"とは、ifの世界っぽい。
術にかかった本人が"こうありたい"と望む最善の世界を生み出す。
その誘惑に抗うためには「わずかな勇気」が必要だという。

幸せにおぼれ世界に対する違和感を無視してしまえば抜け出せない。
誰もが幸せになれる世界と言ってしまえば、
確かにこれを望むことは悪いことではないのだろう。

20110220_03.jpg

でも、今まで積み上げてきたこと、その中で犠牲になった人達の思いなど、
自分だけの人生として片付けてしまうわけにはいかないものもまた多い。
けど・・とか、中々堂々巡りになってしまうわけなんだけど、
ネギはネギらしく現実で前に進む道を選んでくれて嬉しい。

結局ネギの前に現れたのは、ザジの姉であることがわかったけど、
同時に彼女たち姉妹が魔族の、しかもかなり上級であることが判明。
龍宮隊長まで半魔族だったりと、本当ネギのクラスはどうなってたんだと。。w

さらに現実に戻ったネギの口から、
全ての元凶である「魔法世界の崩壊」を止める手立てがあるとの言葉が。

20110220_04.jpg

とりあえずこれまでの話で出てきたであろう手立てとして、
1."完全なる世界"への移住?
2.魔法世界の存在を地球人類に明かし、共存の道を辿る
とまぁ、こんなとこかな。

1は限定された人間のみで、多大な犠牲を払うリスクがあり、
2は地球と火星人類の敵対という、
未来に実績のある出来事が繰り返されるリスクがある。
まぁ、私の解釈なので違うかもだけど。

これに変わる第3の案の存在が出てきたことで、
ネギがただ仲間を助けたいという気持ちだけでなく、
未来への希望までかけた戦いへと発展してきましたねぇ。

とまぁ、まずはフェイトの元に辿り着いてからって話なんだけど、
ネギパーティーの新戦力も十分以上の働きをしているし、
パーティーバランスがどんどん良くなっていってて、
戦略の幅がとれるのが面白い。
複数パーティーも構成できるくらいだしねぇ。。

とりあえずネギの考えた崩壊回避策が気になるところ。
明かされるのはフェイトとの決着後になるかもだけど、
今から楽しみですわ。

次巻も期待して待ってます。

魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)
(2011/02/17)
赤松 健

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.02.20 Sun. 15:16 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2011年12号感想 ※ネタばれ有り
「ハヤテのごとく!」27巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/435-936a3694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。