スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「山風短2-第二幕 剣鬼喇嘛仏-」感想 ※ネタばれ有り 

「山風短2-第二幕 剣鬼喇嘛仏-」読了~。

20110305_01.jpg

まず始めに言っておくと、
すごいすごいとは思っていたけど、
山田風太郎は私の想像の及ぶ範囲に収まる人物ではなかった。

そんな本編。

細川家の跡取りでありながら、剣に生き、
宮本武蔵を追う男、与五郎。
そんな与五郎を小倉に止めおくため、
父であり藩主の忠興は、子飼いの忍、青龍組の力を借りる。

20110305_02.jpg

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

いやいや、、、これはねーわw
子を身ごもり、生まれることで解ける術ってことだけど、
随分思い切ったことを。。

だが、これで終わらないのが山田風太郎。
むしろここからが始めまりだったんだ・・・。

与五郎に惚れている登世は、このままの姿で武蔵を追うことを提案。
そしてそれを受け入れる与五郎。

ちょっと待てとw

あまりの出来事に呆然自失だった忠興と青龍組の頭領。
無理もない、っていうか、ぶっちゃけありえな~いw

与五郎を止めるため刺客を放つも、こんな恰好していても強すぎる2人。

20110305_03.jpg

いや、もう恰好いいのか悪いのかよくわからない。
戦闘後とかちょっといい感じになってしまったり、繋がってるからねw

刺客を退けつつ大阪入りし、晴れて武蔵と対面するも、
これには武蔵も困り顔。

20110305_04.jpg

ですよね~。

とまぁ、ここまでの展開は正直笑い成分多目でかなり腹筋が鍛えられた。
けれど、ここから生き様を描いていくのが山田風太郎節。

与五郎と登世が繋がったまま過ごした時、
武蔵と共に過ごし人の道を学ぶ日々。

登世と離れ、武蔵と立ち会うことを望み続けた男が、
手放して初めて自分が手にしていたものの価値に気付く。

凝り固まった信念を持つ男の人生を変えた愛の物語。
奇妙だが純粋な想いの形ですかね。

全体的な印象で言えば、突拍子も無い物語なんだけどw

いや~、やっぱり山田風太郎は凄い。
色々な意味で。

堪能させていただきましたっ。。


山風短(2) 剣鬼喇嘛仏 (KCデラックス)山風短(2) 剣鬼喇嘛仏 (KCデラックス)
(2011/03/04)
せがわ まさき

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.03.05 Sat. 14:27 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「サイレン」最終16巻感想 ※ネタばれ有り
「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」1巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/448-f97f9610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。