スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「魔法少女リリカルなのはVivid」3巻&「魔法戦記リリカルなのはForce」3巻感想 ※ネタばれ有り 

「魔法少女リリカルなのはVivid」3巻、そして
「魔法戦記リリカルなのはForce」3巻読了~。。

20110309_04.jpg

そして今巻からねんぷち付限定版が発売。
予約したのは数ヶ月前だったので、随分長く待ったものですw

20110309_01.jpg


20110309_02.jpg


20110309_03.jpg


だが、このクオリティを見れば待ったかいがあったというもの。
本当よくできてます。

販売側も物量を揃えているのか、店頭にはまだまだ並んでいたので、
通常版と迷ってる人がいたらぜひとも限定版をおススメしたいですわ。

さてコミック感想。
まずはVividから。

猛者揃いの6対6フィールドマッチはいよいよ激戦。
まず勢いに乗ったのがストイックファイターのアインハルト。
無謀にも我らがなのはさんに挑戦。

20110309_05.jpg

ところがVividでヴィヴィオと並ぶヒロインだけあり、
アインハルトの実力は想像以上。
なのはお得意のえげつない(笑)バインド魔法を破り、
一矢報いるところまで追い込むとは驚きでした。

だがここはなのはの実力と経験が、アインハルトの隙を見逃さない。

20110309_06.jpg

ほぼ溜めのない砲撃で2200ダメージオーバーとかすんごい威力w
笑顔でぶっぱなしとか白い悪魔なだけありますね。

この2人のバトルも熱いけど、もうこのレベルになると見所が多すぎて困る。
ヴィヴィオとアインハルトが抜き出て強いかと思ってたけど、
コロナとリオも負けず劣らず強いなぁ。
ノーヴェは弟子を鍛えすぎなんじゃないかな?w

で、そんな激戦の中で色んな意味で目が釘付けだったのが、
エリオの脱衣攻撃だな、、唯一の男としての大役を見事にこなす男。

20110309_07.jpg

そして最終決着はまさかというか、予想通りというか、
ハルマゲドンで試合終了とかwww

20110309_08.jpg

集束砲の激突による被害がでかすぎて笑ったw
そんな中、フェイトの服をさらにボロボロにしていた
エリオの働きには敬意を表したい(`・ω・́)ゝビシッ

競技者としての強さを求めるという道が見え始めたアインハルト。
魔法戦で競うインターミドルチャンピオンシップへの参加を決意。

20110309_09.jpg

ようやくこの物語の大きな舞台への準備が整いましたね~。
現状での潜在能力もさることながら、経験を積むことで日々成長する彼女達。
まだ見ぬ好敵手たちが続々登場するかと思うとワクワクが止まらない。

今後の展開にも期待度が高まります。


続いてForceの感想。

こちらは打って変わって血と死の匂いただよう戦場が舞台。

自身では制御できなくなったゼロ因子の力に翻弄されるトーマ。
人を殺さないようにするため、自ら姿を消すことを決意。

20110309_10.jpg

だが、トーマの仲間、管理局員たち、さらにはフッケバインも、
そんな理由でトーマを放り出すように人達ではなかった。

トーマの友人代表として、ついにその力を発揮するアイシス。

20110309_11.jpg

直前にトーマの力で昏倒させられた彼女だが、
トーマを救うために危険を顧みない姿に心を打たれる。
偶然出会って一緒に旅をするようになっただけなのに、ここまで親身になるアイシス。
この絆の力はきっとトーマにとって必要なものになるのだろう。

管理局側からは、なのはが遂に参戦。

20110309_12.jpg

なのはの言葉は、この物語を追っている読者にとっては実感を持って染み入るだろう。
今この場でトーマを救いたいという気持ちが強くなる場面でした。

フッケバインも犯罪者集団と言われつつも、その仲間意識は強固なもの。
同じ毒を持つものとして、トーマを救いたい気持ちは、
トーマの仲間や管理局にも劣らないのかもしれない。

そんな中ついに登場したフッケバイン頭領のカレン。

20110309_13.jpg

奇襲とはいえ、はやての背後から一閃、
さらにヴィータとエリオを軽くあしらうほどの実力。

これはとてつもない強敵が現れたものですわ。

フッケバインはやっていることが苛烈で残虐性を感じるが、
彼らの心のうちにあるものがまだ見えていないという現状が、
敵として憎みきれないモヤモヤを生み出している。

撃墜されたトーマがどうなってしまうのかも気になるし、
いいとこで続いてしまったのが惜しいな~。。


VividとForce共に4巻は9月発売だったかな。
半年後ってことで長い。
面白さを増しているだけに期待感も合わせて上昇するばかり。

ねんぷちの出来も気になるところだし、
今から9月が待ち遠しいです。


魔法少女リリカルなのはViVid (3)限定版 (角川コミックス・エース)魔法少女リリカルなのはViVid (3)限定版 (角川コミックス・エース)
(2011/03/10)
藤真 拓哉

商品詳細を見る



魔法戦記リリカルなのはForce (3)限定版 (角川コミックス・エース)魔法戦記リリカルなのはForce (3)限定版 (角川コミックス・エース)
(2011/03/10)
緋賀 ゆかり

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.03.09 Wed. 21:56 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「君に届け」13巻感想 ※ネタばれ有り
「新約 とある魔術の禁書目録」1巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/454-f0eadad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。