スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「鋼殻のレギオス」17巻感想 ※ネタばれ有り 

「鋼殻のレギオス」17巻読了~。

20110320_06.jpg

表紙にメイが登場。
ヴァティがメイに近づいている状況からも、
色々推測してしまう表紙でしたが。。

さて本編。

ニーナに自分で動く宣言をしたレイフォン。
そしてレイフォンに付いて行くと決めたフェリ。

そんな中、早速行動を見せたのがフェリ。
デルボネの遺産の最深部に挑戦することに。

行動を起こすためにはまず知ること。
それがわかっていても、フェリの決断力には驚かされる。

レイフォンも日々の鍛錬を重ねる日々。

そんな蚊帳の外な2人に対して、
確実な力を手に入れているニーナとクラリーベル。

20110320_08.jpg

2対1というハンデはあるものの、
鋼糸の使用を解禁した状態の本気のレイフォンに挑む2人。
対するレイフォンもガチで迎え撃つ。

いや~、このバトルは熱い。
ニーナとクラリーベルの連携がカッチリ噛み合っていたり、
戦況を力と技で動かすレイフォン。。
そして、まさかまさかのレイフォン敗北とか。

一番の敗因はレイフォンが相手の力を見誤ったことなのかな~。
それほどまでに2人の成長が目を見張るものだったってことなのだろう。

それにしても、リーリンには精神的支柱を崩され、
ニーナとクラリーベルには、身体的強さで上に行かれるとか、
レイフォンが築き上げてきたものがどんどん崩れるという展開に・・・。

そしてこのタイミングで動くメイシェン!

20110320_07.jpg

一般人であるメイにとって、レイフォンに対する自身の想いや、
レイフォンの周りにいる女性達と自分との違いはいろいろ気になるところ。

フェリを見るレイフォンの視線に、決定的な気持ちを感じたメイ。
変わってしまうことへの不安に急かされるように、
メイはレイフォンに告白をする。

ヴァティの分析によると、可能性としては5分5分だったという。
それでもメイはレイフォンに受け入れられることはなかった。

結果はそれを導く道程を辿ってこそ辿り着くもの。
メイはもっと時間をかけて積み重ねようとしていたけれど、
その時間がないことに中途で気付いてしまった。

なんとも切ない展開でした。。
告白、そしてその後のやりとりからもメイの優しさが悲しいほど伝わってくる。
「かっこいい人でいてください」というメイの願いを、
レイフォンはどこまで受け止めることができるのか。

1人の女の子の願いを背負うことになったレイフォン。
前に進む理由が増えたけど、これは枷ではなく後押しになって欲しい理由だな。

さて、状況が停滞を許さないのはレイフォンだけではない。

20110320_09.jpg

ジルドレイド再び。

今回はニーナの可能性を考慮しての交渉というか勧誘的な形。
それにしても選ばれた人間は酷な選択を迫られ続けますね。
人であること、世界とツェルニとの天秤・・・。

ニーナがどういう決断をするかわからないけど、
現状打てる手は少ないのでしょうねぇ。。

別件だけど同じく試練が与えられるリーリン。

20110320_10.jpg

そして登場、エルミ・リグザリオ。
亜空間=レイフォン達の世界を創った人物。

これでイグナシスが揃えば、鍵となる人は全員登場になるのかな。
アイレインは違う形で存在しているとしてだけど。

袂が完全に分かれたと思ったリーリンとレイフォンも、
ヴァティがツェルニにいるということから
再び交錯する要素になったように見えるね。

ヴァティが動くのが先か、グレンダンあるいはエルミが動くのが先か、
はたまたジルドレイド並びに電子精霊が動くのか。

世界は待ってくれないってのがあちこちで実感できるエピソードが多いだけに、
舞台の準備が整っているような感じがしますね。

レイフォンは自身がはじき出されて世界に再び追いつくことができるのか。
フェリが手に入れたデルボネの遺産とそこから導かれる都市外には
何が待ち受けるのか。

次巻を楽しみにしてますっ!

鋼殻のレギオス17  サマー・ナイト・レイヴ (富士見ファンタジア文庫)鋼殻のレギオス17 サマー・ナイト・レイヴ (富士見ファンタジア文庫)
(2011/03/19)
雨木 シュウスケ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2011.03.20 Sun. 20:53 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「本日の騎士ミロク」7巻感想 ※ネタばれ有り
「ながされて藍蘭島」18巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

初めてコメントします。
とても、良い感想だと思います。自分も同じ感想でした。←誰目線だよ!(笑)
 自分は今日17巻を読んだのですが、レイフォンVSニーナ・クララの模擬戦が一番興奮しました!(戦闘シーン大好き!)
一応レイフォンは現状での「本気」でしたが、はっきり言って天剣を使ってないレイフォンに勝っても、レイフォンの「本気」に勝ったことにはならないと思います。天剣技を一回使っただけで壊れてしまうダイトを使うレイフォンに対して、クララは自分専用の、ニーナは電子精霊から貰った「廃貴族の剄に耐えられるダイト」を使ったのでは、出せる実力に差がありすぎると思いました。作中では、ただ「負けた」としか書かれてませんが、こういう説明もあってもいいのでは?と思いました。
 これから、物語はクライマックスなので、これからの展開にさらに期待したいです。
   乱文、長文失礼いたしました。m(_ _)m

URL | ばうあー #XMatgrFs

2011.04.30 17:02 * 編集 *

コメントありがとうございます。

共感していただけたようでなによりです^^
私はクラリーベルが好きなので、
この模擬戦は単純な興奮と共に思い入れも合わさって大興奮でしたw

レイフォンの「本気」については私も同様の想いを抱いています。

ただ、過去の巻でレイフォンは今のダイトで出来る限界を模索している描写もあると、
素直にレイフォンが負けを認めてしまったこともあったりで、
精神面での成長を描くためにも
武器については演出上触れなかったのかもしれませんね。

ただ、ハーレイ達が武器の性能を更に向上したときに、
効率良くダイトに剄を流そうとする工夫が結実して
天剣と渡り合えるくらいになってほしいという期待も抱いている自分がいます。

あくまで学園都市の人間として最後まで戦うのは、
困難がつきまとうでしょうが、それらを乗り越えて結果が出たら
それは最高に燃える展開だと思います。

URL | むらちゃん #-

2011.05.02 23:40 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/463-9a75988c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。