スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「.hack//Quantum」vol.3感想 ※ネタばれ有り 

「.hack//Quantum」vol.3視聴終了~。

20110409_01.jpg

ついにQuantum最終巻。

現実世界での自らの死を知り暴走するハーミット。
ドナー適合者だとわかりながらも、
どうにもできないサクヤ。

そんな折に開かれる「攻城戦」イベント。
仮想世界での戦争が、ハーミットのチートスキルで
痛みを伴う戦争に代わり恐慌に陥るザ・ワールド。

印象としては、やはり駆け足感があるのだけれど、
ハーミットがサクヤを最後の地へ招くあたりからのやりとりは、
なんとも切ないシーンの連続で涙腺が緩んでしまいそうになった。

出会うべくして出会った2人だけど、
その遅すぎた出会いがなんともやり切れない気持ちにさせてくれる。

ハーミットがドナー探しのために多くのプレイヤーを犠牲としたことに対しても
責めるに責め切れないというか。

最後に救いがあったのはちょっとホッとしたけれど。

ハーミットに力を与えた人物ってのは謎のまま・・でいいのかな?
Quantumという物語としてはそこまで解明する必要はないのだろうけど、
佐伯玲子はこれからも戦い続けると・・・がんばれw

さて、総合しての感想としては個人的に満足度の高い良作でしたっ!
30分でvol3までというのは若干ボリューム不足ではあるものの、
サクヤとハーミットの1つの物語は十分堪能できまし。

.hackシリーズで毎回思うように、Quantumメンバーでの日常の姿がもっと見たいかな。
事件終了後ってやつです。

まぁ今後.hackシリーズの展開があるかどうか・・・それがまずひとつの懸念ですかね。

兎にも角にもとても面白かったです。
さて、vol1から見返しますかw

.hack//Quantum 3 [Blu-ray].hack//Quantum 3 [Blu-ray]
(2011/04/07)
花澤香菜、沢城みゆき 他

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:アニメ

2011.04.09 Sat. 14:32 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

« 「おまもりひまり」8巻感想 ※ネタばれ有り
「月刊少年マガジン」2011年5月号感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

サクヤとハーミットが抱き合うシーンは涙腺が緩くなるものがありましたよ…。
その前のハーミットが頬を赤く染めて「ぎゅってしてもらってもいいかな?」は同姓じゃなかったらもう速効でハグしてしまいそうな可愛さでしたw

今後も佐伯さんはがんばるのでしょうね。
しかし、CC社はなにやってるんだかw 隠ぺい工作ばかりな気が…

日常もそうだし、過去話でも膨らませられる要素はありそうです。
キャラが立っているからこそできることであり、.hackシリーズの魅力ではないかと個人的には思ったりします。

URL | 黒鉄 #-

2011.04.09 19:45 * 編集 *

CC社が生き残っていることがこの世界の最大の謎ですw

過去話もいいですね。
さらっと本編では触れているものの、
この絆が築かれるまでっていうのは
ありふれてるけど素敵なドラマがある予感。

キャラクターそれぞれの背景がきちんとしていて、
一人ひとりが独立して目的を持っているのが、
仮想世界でありながら現実味があって共感できますね。
.hackのこういう世界感の虜になって今まで来ているとw

またひとつ惹かれる要素となった作品でした。

URL | むらちゃん #-

2011.04.09 23:19 * 編集 *

Qは結構謎が残りましたよね。

佐伯令子はなんでオーヴァン探してたのかとか、
なんでG.Uで碑文対消滅したはずなのにタルヴォス
の力使えるの?とか(G.U+でのダミー碑文使いpc
みたいな扱いなのかもしれないけど)

pcボディーだけはちらっとパイ型になったから前の物
だと思うけど、あれだけ強力なデータドレイン放てる
のはちょいと疑問を感じました。

しかし、Qでもこれまでの作品群通り気が付きにくい
複線というか裏テーマ的な重要な情報をさらっと入れ
込んでましたね。そこはさすがCC2、作り方がうまい
とすごく関心しました。

URL | yx #-

2012.01.15 04:07 * 編集 *

私は全ての.hack作品を網羅してないので、
他の作品との繋がりや、裏設定的なものは不明点が多いです。
佐伯玲子は作品跨り過ぎてる上に、
リアルとバーチャルどっちも顔出ししてますからねぇw

本作を見ると、データドレイン含め未帰還者を生み出したりする力も
実用レベルに近い状態まで解析されてる節もあるかなって思ってました。

まぁそれはそれで社会問題ですけど^^;

とりあえず本作はサクヤとハーミットの物語に焦点を当て、
2人の絆を語るに必須でない要素の説明を省いたのは
プラスに8割、マイナス2割なまとめ方って気がしてます。

何を描くかを明確にして作品をまとめている点で
私的には高評価です^^

URL | むらちゃん #-

2012.01.15 23:10 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/473-fde6394c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。