スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「小春原日和の育成日記」3巻感想 ※ネタばれ有り 

「小春原日和の育成日記」3巻読了~。

20110413_01.jpg

そろそろ立ち上るオーラで空を飛べそうな日和さん(嘘

今回の相手は姫宮の最大派閥である鷲津派、その一年生部隊。
百人一首で対決とはこれまた風流です。

そんな波乱が待ち受ける中での一つの出会い。

20110413_02.jpg

和歌が好きで武士口調の女の子。
うん、正体もわかりやすいねw

でもこのわかりやすさが、日和たちと仲良くなっていく中での
楽しげな表情や、隠し事をして寂しそうな雰囲気を際立たせてくれる。

そういう意味では
今巻はラストに向けての絆を築きあげる過程がメインでしたね。

"ぴよ・こらぼれーしょん"の総力を結集した上で、
さらに三姫に対する想いを積み上げたら怖いものなしでしょう。

20110413_03.jpg

日和の成長には佑介の気持ちの変化もあるようで。
恋愛方面への火種が小さくではあるけど灯りそうな気配。

一方、紆余曲折を経て三姫と本当の友達に。

20110413_04.jpg

同時に派閥とは違う"ぴよ組"がついに1年で最大勢力に拡大。
まずは1年を支配した上で次は上級生にとか、舞台はお嬢様学校だが、
展開的には不良漫画みたいなんだなw

ところで、思ったより光琉の威光は全校にとどろいているわけではなかったのね。
どちらかといえば革命者であり、旧体制と戦う人のようで。
光琉のいう「黄金の薔薇計画」というのが今後の物語を動かす要因になりそう。

ともあれ、日和たちはマイペースに自分の道を進むと結果はおのずと付いて来そうな。
駆け引きなりは佑介とか、光琉の役割かな。

さてさて、今巻で仲間的な意味での基盤ができたような感じ。
これから物語はもう一歩踏み込むことがあるのかな~と期待。

次巻も楽しみにしてます。

小春原日和の育成日記〈3〉 (電撃文庫)小春原日和の育成日記〈3〉 (電撃文庫)
(2011/04/08)
五十嵐 雄策

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2011.04.13 Wed. 22:05 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「ましろのおと」3巻感想 ※ネタばれ有り
「ソードアート・オンライン」7巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/478-1ff27f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。