スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「月刊少年マガジン」2011年6月号感想 ※ネタばれ有り 

日本一面白い少年誌「月刊少年マガジン」読了~。

20110511_01.jpg

表紙は「修羅の門」。
仕事の忙しさですっかり発売日を忘れてました^^;

さて今月もどれも面白かったけど、
個人的好みでいつも通りの作品の感想をw

まずは「ましろのおと」。

神木清流の突然の訪問にもマイペースな雪。
だが、ひょんなことから実現した協奏は、
雪にも愛好会にも劇的な効果をもたらすことに。

20110511_02.jpg

神木清流は色々と企んでいそうなわりに、
結構感情に素直なところもあって中々にいいキャラですなw

ネットの世界では唯と舞がアバターで出会うとか、
2人の性格そのまんまのアバターすぎて笑ったw

私が思っているよりも三味線甲子園を盛り上げる展開になってきていて
本番までまだまだ楽しめそうです。

「四月は君の嘘」は連載2話目。

かをりのヴァイオリンコンクールをみんなで見に行く流れ。
母の死によりピアノから遠ざかっていた公正も、
コンクール独特の空気に自然と浸りはじめる。

そんな中始まるかをりの演奏は、個性的すぎる彼女を象徴するかのような演奏。

20110511_03.jpg

このあたりちょっと「のだめカンタービレ」ののだめに近いイメージかな。

賞に興味がないかをりがコンクールに出場した理由は、
単純に自身の演奏を聴いてもらいたいがためなのか
他に理由があるのかは気になるところ。

そしてかをりの演奏を聴いた公正は、
ピアノに対して音楽に対して何かしらのアクションを起こすのか。

まだまだ物語の"起"の部分ではあるものの、
もう先が楽しみでしょうがないです。

「ノラガミ」は、前話からやや不穏な空気漂う関係が進行中。

そんなシリアスな流れでの夜トの紐っぷりにはむしろ脱帽w

20110511_04.jpg

小福と大黒から語られた夜トの過去やら、
夜トを狙って現れたライオンに乗った変な女とか、
何やらバトルな予感もしてきてますねぇ。

夜トが多くを語らないことがネックとなって
色々なことが曖昧なまま事態が進行していっているのは
若干置いてきぼりをくっている気分があるので、
これらが解消される展開がそろそろ欲しいところです。

本編とは関係ないとこで、グランドチャレンジに挑む夜トの漫画は
非常に面白かったですwww

今月も高レベルに安定した面白さ&満足度でした。
個人的に好きな作家さんも続々連載開始で、
近年読み続けてる中でもかなり充実したラインナップに感じてます。

来月はしっかり発売日に買おうw

次号も楽しみにしてますっ!

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:月マガ

2011.05.12 Thu. 00:22 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「れでぃ×ばと!」12巻感想 ※ネタばれ有り。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」8巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/491-fc2d06cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。