スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「魔法先生ネギま!」34巻感想 ※ネタばれ有り 

「魔法先生ネギま!」34巻読了~。

20110517_01.jpg

夏公開予定の劇場版がサンデーの「ハヤテのごとく!」とコラボのようで。
どんな内容になるか、気になりますね。

さて本編。

フェイトの元へ抜けようとするネギだが、
強敵デュナミスの技が一枚上手。
攻撃をまともにくらったネギは生命の危機への本能的回避からか、
闇の力を加速させることに。

20110517_02.jpg

デュナミスを撃破するものの、暴走を続けるネギ。
そんなネギを食い止めたのは、アスナに変化していた栞。

危ういところを救われたネギだが、
反動で意識を失ってしまい、ネギパーティー大ピンチ。

だが、ネギの力がなくとも止まらないネギパーティーの面々。
フェイトとの対決を避ける奇策を用いて挑む。

その策の中心に添えられたのが夏見。
アーティファクトは激レアながらも、魔法については完全に素人。

20110517_03.jpg

ながらも、精一杯の根性で役目を見事に果たす様に感動しましたよ。
魔法世界での経験もあり、コタローの支えもあり、
周りのみんなの頑張りを見たり、夏見なりの成長があったからこそなのかな。

そのかいあって、ものの見事な奇襲成功!
実力差を策で補い、それが成る瞬間ってのは思わず鳥肌が立ちますわ。
犠牲は出てしまったけど、誰もが瞬間的に最大限の力を発揮。
最高の瞬間でした。

だが、絶望の扉はすでに開かれていた。

過去のやりとりで伏線があったから、あながち予想はずれではなかったけど、
アーウェルンクスは一人ではなかったと。。

20110517_04.jpg

フェイトと同等の力を持つ相手を、
しかも別行動していたネギパーティーの面々が各個撃破されるという
まさに最悪の展開。

刹那や龍宮は各々戦闘中だし、
負傷中のコタローも楓ですら長く持たない始末。

が、絶体絶命のピンチに目覚めてこその主人公。

20110517_05.jpg

まさかのフェイトまでも、自分の邪魔は許さんとばかりに立ちふさがる。
造られたものであろうフェイトも、
完全に個としての意思を手に入れてるのがわかる瞬間。

行動がシンクロしてるのが、似ている2人という印象を強く持たせるねぇ。
周りの思惑とは関係なく、今はただライバルとの決着をつけるのみですか。

今巻では単純な力では劣るキャラたちが、
協力し合いながら自身の持てる力を最大限に発揮し、
強者に一泡吹かせるという一味違った展開が見所。

彼ら彼女らの成長と覚悟には、単純なバトルとは違う面での力を感じ、
勇気を貰えました。

展開的には多く出ている犠牲と、時間制限も気になるところ。

次巻はいよいよ両雄激突!
魔法世界編もクライマックス間近かな?
楽しみにしてます。


魔法先生ネギま!(34) (少年マガジンコミックス)魔法先生ネギま!(34) (少年マガジンコミックス)
(2011/05/17)
赤松 健

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.05.17 Tue. 23:28 -edit- Trackback 1 / Comment 0

△page top

« 「ハヤテのごとく!」28巻感想 ※ネタばれ有り
「週刊少年ジャンプ」2011年23号感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/497-62887769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネギま!関連サイト巡回(05/18)

■「のらくら雑記帳」さん「「魔法先生ネギま!」34巻感想 ※ネタばれ有り」 のらくら雑記帳  「魔法先生ネギま!」34巻感想 ※ネタばれ有り >展開的には多く出ている犠牲と、 >時間制限も気になる...

ネギま!部屋(楊さんのページ別館)

2011.05.18 21:06

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。