スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「週刊少年ジャンプ」2011年24号感想 ※ネタばれ有り 

月曜は「週刊少年ジャンプ」の発売日。

20110523_01.jpg

表紙は「トリコ」。

今週は「バクマン。」が熱い。

PCPの犯罪を模倣した事件の影響で、
スランプに陥るシュージン。
形になるものの面白さのない話にボツを出すサイコー。

20110523_02.jpg

非常なほどに厳しいサイコーだが、
応えようとするシュージン。
これこそが亜城木夢叶の姿。

そんな熱い二人を見ながらふと思ったことがあったんだど・・・。

20110523_03.jpg

「いぬまるだしっ」がそれとなく代弁してくれてて笑ったw
・・・まぁ、あえてこれ以上は触れないでおこう。。

「マジコ」は意外とあっさりゾディアを撃退。
と思ったら、ゾディアは儀式の途中だったとか。
今回は顔見せ段階って感じなのか。

儀式を完了させたシオンたちとの別れを寂しがるルーだが、
そこは予想通り、暖かく旅の仲間に迎え入れることに。

20110523_05.jpg

シオンとも結構いい感じにじゃれあいしてて、
和み度が増した感じw

「めだかボックス」は、違う意味で球磨川が漢を見せるw

20110523_04.jpg

そこに痺れる(ry

オリエンテーリングで、
敵対させずに生徒会メンバーと研修生を戦わせるという展開作りに、
おお~という感じ。

あと阿久根にスポットが当たりそうな感じにも注目か。
触れてるだけでスルーかもしれないけど。

生徒会同士とか、研修生同士とかもあるかもで中々に楽しみ。
あ、あと連載2周年おめでとうございます^^

「保健室の死神」はいよいよ最終バトルな感じに。

まずは経一とルダスの戦い。
にしてルダスの力はこれまでで一番醜いというか胸糞悪い。

だが、戦うのが経一だというのがまさにうってつけというか、
誰よりも情に厚い男だからこそ、ぶちかましてもらいたい。

20110523_06.jpg

で・・・私は今まで真里也だと思ってたのは実は弟の明羅だったようで。。
あまりに普通に名前を呼んでたんだけど、
気づいてなかったのは私だけか?w
兄さんってこれ以前にも呼んでたかな~。。
コミック読み返せばわかるかもだけど。

とまぁ、ハデスからしてみれば真里也だけでなく明羅とも決着をつける必要はあるし、
ことの真相が暴かれるのも近いかな。
注目したい。

今週も平均的に面白かった。
「スケットダンス」が季節はずれのバレンタイン話が
次回にくるようでニヤニヤ展開に期待したい。

次週も楽しみにしてます。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ジャンプ

2011.05.23 Mon. 22:40 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「かへたんていぶ」2巻感想 ※ネタばれ有り
「カナクのキセキ」2巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

バクマン。ああいう展開はいいですね。上っ面の優しさではなく、傍目にはきついけど、互いに信頼し合っている。
慣れ合いにはない、緊迫感がありました(^^
バクマンの売りは、一般的に知られていない漫画界を取り上げているという点だと思いますが、こういう厳しさと緊迫感でもあると思います。

マジコ。ルーが仲間になったのは予想通りでしたけれど、それでも良かったと思えました(^^ ああいう「小さな共同体」っていいますか、和むものがあります。
そもそも、ガキの諦め顔なんて見たくない。やかましくてもうっとおしくても、ガキは元気が一番!(^^b
余談ですが、アニスの「ちょっと賢いお姉さん」発言にも和みました。確かにルーより精神的にお姉さんだわw

めだかボックス。流石、球磨川。そこに痺れる、憧れるワケナイジャナイデスカ?(^^; 漢のロマンとか思ったりしませんよ、ええ、思いセンヨ?(^^;;
確かに、少年マンガの世界じゃ勝てませんわ(きっぱり)
それにしても、ここ最近は球磨川の株が上がりまくり。敵対してた時より生き生きしている気がします(笑)
リーダーやるよりも、トリックスターや汚れ仕事の方が性に合っているような?
…他人とは思えなくなってきました(苦笑)

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2011.05.25 00:34 * 編集 *

「バクマン。」は色々な話を展開してきて、
私個人としては受け入れられたりちょっとな~って思ったりと半々でしたが、
今回は素直に心に響くプロとしての真摯さが感じされました。
実際の漫画家もこうした緊迫感が日常にあるのでしょうかね。

「マジコ」の中でのアニスの立ち位置はいいですよねw
解説役としてだけでなく、助言をしたり気持ち的に支える言葉をくれたり。
気取っていながらも優しく賢いお姉さんはぴったりですw

球磨川はもう完全に人吉の上を行ってますわ・・・。
日常だとツッコミ不要のボケ倒しって感じなのにw
これ以上汚れ役が似合う男もそうそういないです。

URL | むらちゃん #-

2011.05.25 22:06 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/503-0574870d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。