スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「週刊少年ジャンプ」2011年25号感想 ※ネタばれ有り 

月曜は「週刊少年ジャンプ」の発売日。

20110530_01.jpg

表紙は「ワンピース」。

今週面白かったのは、先週に引き続き熱い展開の「バクマン。」

スランプ脱出できそうなシュージンだが、
再びPCP模倣犯のニュースが流れショックを隠しきれない。

だが、逆に怒りをぶつけるかのように、
それでいてPCPのあるべき姿を伝えようと筆に込める熱い想い。

20110530_02.jpg

個人的にはこれまでのバクマンの中で一番心に響いた話な気がする。
漫画家が世論と戦うとか、読者にPCPの本当の姿を見せ付けるというか。
そういう主張をあくまで漫画で表現するってのがよかった。

「マジコ」は最初から最後まで和み一色^^

20110530_03.jpg

1コマ目のエマの表情を見た瞬間から終始顔がゆるみっぱなしw
ルーとアニスも含めて、この仲良し家族っぷりがたまらなく和みました。

世界を知らないエマとルーに、
それとなく何の憂いもなく世界の空気に触れる機会をあげたシオンの優しさもグッド。
この空気が最高だ。

「めだかボックス」はまずは暗号解読。

問題文の怪しさはわかったんだけど、そのカラクリにはたどり着けなかったorz
なるほどね~。。

20110530_04.jpg

ゲーム脳な喜々津が真っ先に解いたのは予想通りだったけど、
協力プレイとは、しかも先輩まで味方にするとは。。
深読みというよりも天性でとった行動っぽいので、
こういうところがいわゆる持っている能力的な意味合いになってくるんだろうか。
最良の選択をするってのはノーマルにも身につけられる才能だし。

それにしても高レベルな人々から阿久根の評価がめっぽう高い。
単純な強さでない何かを持っているんだろうなぁ。
めだかとは異なる求心力とか、ノーマルでありながら高みにいるとかなのか。
色々と気になる人物ですわ。

「保健室の死神」は、ぶちかましたれ経一な回。

根性でなんとかするかと思ったけど(笑)、
ストーゲの裏切り?で、形勢逆転。

20110530_05.jpg

相手側が一枚岩ではないというか、
各々の思惑がかみ合ってない集団な気はしていたけど
ここまで明確に反旗を翻したのは初ですねえ。
だが、この状況ではむしろこうあって欲しい展開でよかった。

とこ小探偵団+ロリコ・・もとい才崎(兄)の登場とか、
みのり先生や絶花など、出演者勢ぞろいな様相に。
もう完全にクライマックス間近すぎ・・。

あとは決着を見守るのみです。。

今週は熱い、和む、笑うが全部楽しめる優良な一冊でした。
満足度が高くてよかったです。

次週も楽しみにしてます。



テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ジャンプ

2011.05.30 Mon. 21:38 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「僕らはみんな河合荘」1巻感想 ※ネタばれ
「ココロコネクト クリップタイム」感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

バクマン。
今日日はブログなりtwitterなりで手軽に主張できますが、メインはあくまで漫画、逆風にへこたれるどころか、逆手にとって作品で模倣犯の展開を作りだしたのは見事でした。
余談ですが、ああいうケースで元にした漫画などを引き合いに出すのは正直腹立たしいものがあります。作中でもありましたが「自分の子供にやっていいことと悪いことを教える」ことが肝心、外部要因に責任転嫁するなと。

マジコ。
今回(あと次回も?)はインターバルってとこですか。
ルーの娘発言で周りが沸くところがええですわw 確かにいい家族っぷりでした(^^
余談ですが、ルーの10年後が楽しみでなりません(爆)
しかし、今回のエマの異常なまでのツキは魔女の心臓の影響だったりしないのか気になります…(考えすぎ?)

めだかボックス。
はっはっは、私なんてはなから解くことなんて諦めてましたともw
確かに協力しあうことが禁じられているわけじゃないから、協力するも利用するもよしですからね。こういうところが西尾維新先生らしいと思います(良くも悪くもフリーダム)。
ここんとこ、阿久根の影が薄い気がするし、名誉挽回してほしいところであります。能力があっても、気迫とか執着とかも脆いのかな?周りも散々焚きつけてるし。

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2011.05.31 00:42 * 編集 *

「自分の子供にやっていいことと悪いことを教える」は最良解ですね。
私も黒鉄さん同様に、
犯罪とアニメや漫画などに結びつけるのは反感を覚えます。
今回のバクマンは跳ね除けるパワーを見せ付けるとか
漫画に限らず、表現するものの可能性を感じるいい話でした。

マジコでのエマの運は、魔女の力の存在がよぎってしまいますね。
加護だけであればよいのですが。。
ルーの10年後は私も見たいですw

西尾維新作品は多く読んではいませんが、
敵と味方というよりも、目的優先なキャラが多い印象はありますね。
長期的視点ではよい関係でありながらも、
利害から一時的な敵対をしてみたり、共闘してみたりと。
熱いようなドライなような奇妙さが、独特の魅力でしょうか。

阿久根も隠した牙を本気で見せる日がいつかくるのかどうか。
その日が楽しみです。

URL | むらちゃん #-

2011.05.31 20:30 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/510-2170b933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。