スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「クレイモア」20巻感想 ※ネタばれ有り 

「クレイモア」20巻読了~。

20110605_01.jpg

プリシラを封じるため破壊者と一体となったクレア。
肉体として存在してるかは不明だが、
その存在は感じ取れるほどに残っているもようだが、まさに異形の姿。

20110605_02.jpg

クレアを解放しようとすることは同時にプリシラをも解き放つことになる。
仲間たちも扱いに困るようだが、果たしてどのような選択をとるか注目。

さて、今巻の注目は激戦を潜り抜け生き延びた仲間たち。
中でもデネヴがかっこよすぎる。

20110605_03.jpg

どちらかというと感情を表に出さないが、
その内なる熱さは人一倍の人情の人。

20110605_04.jpg

仲間にかける言葉、助けた相手にかける言葉、
どれもが胸をつくほどに心揺さぶるというか、惚れてしまうわw

背中で語るのがこんなに似合う女は類を見ない。

そしてそんな彼女を始め、仲間たちが一目を置くのがミリア。
前巻ラストではもう死んだかと思われたものの・・・

20110605_05.jpg

生きててくれた!

しかもその生き残った理由が、戦う姿を見ただけで戦士たちを味方になったという
計算せずに生き様だけで人間が集まるというカリスマを発揮。

ミリアが戦士たちを味方につけたことで、
いよいよもって、組織との対決は最終局面に向かうのか。

組織側もかつてのナンバー1の死体を利用して対抗しようとかしてるし、
最も思い入れがあるテレサはそんな風に使われてほしくないなぁ。
若干不安です。

それにしても、デネヴ大活躍な20巻。
ミリアまで復活で、もうテンションが上がりっぱなしでした。
なんかこのまま一気に立ちふさがる敵をなぎ倒せそうな雰囲気。
まずは打倒組織ですね。

次巻も熱い展開に期待してます。

CLAYMORE 20 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 20 (ジャンプコミックス)
(2011/06/03)
八木 教広

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.06.05 Sun. 22:17 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2011年26号感想 ※ネタばれ有り
「パンティ&ストッキング with Garterbelt」感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/514-52d524e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。