スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ワールドエンブリオ」8巻感想 ※ネタばれ有り 

「ワールドエンブリオ」8巻読了~。

20110610_01.jpg

ほぼ丸々過去編な今巻。
舞台は初音島。

唐沢、タカオ、そしてレナの戦いの始まりが明らかに。

物語は唐沢視点で描かれ、
現在において裏ですべての糸を引いていた彼が、
小夜子との出会い、愛し、別れ、そして生まれ変わった彼女と出会う。

20110610_02.jpg

柩姫のマユは、死んだ人間を取り込みその人間に生まれ変わる。
成長することで、遂には記憶まで戻るという。

ジュリもタカオの母親を取り込んでいるようで。

20110610_03.jpg

唐沢とタカオはお互いの目的のための協力関係ってのが大きかったみたいだけど、
どこかで通じ合えると思ったいた部分もあったのかなぁ。
柩姫を求める人間という点で共通項を感じていたかも?

そしてレナ。

掟に縛られた家の中で、掟に苦しめられた少女。

20110610_04.jpg

狂った環境の中で選んでしまった選択。
過去の自分を見た外の世界に出た今のレナはどのような心境なのか。
状況が呼び込んだ悲劇ではあるものの、
自分がそれを選び取った事実を受け入れるには支えが必要だろう。

だが、唐沢の選んだ道が自身と酷く似ていたことに気付くリクオもまた、
ネーネに対して、自分自身に対しての気持ちに整理がつかない状況。

20110610_05.jpg

それでも掴んだレナの手。
リクオたちは自分たちが犯した罪と向き合う道を歩み始める。

いくつもの選択を迫れらてきたリクオたちに、
せめて幸せな未来が待っていて欲しい。

さて、物語的には7巻からの内容も含めていくつも明らかになった世界の謎。
ちょっと整理。

エンブリオとか柩とか呼ばれているものの存在が最重要のキーであり、
それに干渉するためには3人の柩姫が必要って感じ。

かつては3人の姫に対してひとりの渡人だったようだけど。

棺守は柩姫もしくはエンブリオが生み出しているでいいのかな?
唐沢はエンデがもつ小夜子の記憶の再構成のために
エンブリオにアクセスしようとしたみたいだけど、
果てしてその実体はまだ明らかでない。

ネーネのマユは誰が持っていて、誰が天音を取り込ませたかはまだ不明。
風間病院での出来事は今後も重要なポイントとなりそう。

現在の世界での状況はまだ把握できていないけど、
ひとまずジュリは刃旗核に存在を変えて?いるようで、
リクオはジュリのためにそれを集めているようだし、
素直に味方とできる関係ではなさそう。
とはいえ、ジュリとの敵対はなしでいいはず。

唐沢を失ったと思われるエンデが今後どうでるかと、
ネーネ誕生の謎諸々は気になります。

今後としてはF.L.A.Gとしては感染源の根絶が目的であるし、
合流したリクオたちもそちらの流れに組み込まれるのかな?
ネーネを探し出す目的や、とりあえずまずは自分自身の気持ちの整理も必要だろうし。

色々なことがわかったり自覚したりで、
おそらく気持ちを新たにした一歩目を踏み出す必要があるであろう人たち。
前を向いて歩いて行けるように見守りたいですわ。

次巻からの展開も楽しみにしてます。

ワールドエンブリオ 8 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 8 (ヤングキングコミックス)
(2011/06/10)
森山 大輔

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.06.10 Fri. 17:32 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「アクセル・ワールド」8巻感想 ※ネタばれ有り
「月刊少年マガジン」2011年7月号感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/517-16986e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。