スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「スピカ-羽海野チカ短編集-」感想 ※ネタばれ有り 

「スピカ-羽海野チカ短編集-」読了~。

20110720_01.jpg

「ハチミツとクローバー」や「3月のライオン」といった、
長編で描かれるものとはまた一味違う、
短編ならではの羽海野チカの世界。

まさにそんな印象を抱かせた本作。

掲載されている作品は、ヒューマンストーリーがメイン。

心に残ったのは、本のタイトルにもなっている「スピカ」。

20110720_02.jpg

恋愛要素を絡めつつも、少年と少女の夢にかける気持ちが描かれている。

子供の頃は頑張る姿を素直に素敵だと思えない時期があったり、
大人は大人で保守的になったり、ましては親なら尚更。

それでも真っ直ぐに生きることを恥じずに進むことは大切なこと。
その気持ちが他人に伝われば嬉しいし、伝わらなくとも自身の糧になる。

話的には青春時代な感じなんだけど、
こういう気持ちは大人なっても大切にしたいですね。

もう1つ印象に残ったのは「はなのゆりかご」。

20110720_03.jpg

現実から目をそむけ、愛する人も見ようとしなかった博士が、
視力を失ってからようやく気付いた大切な人の存在。

単純には失って初めて気付く大切な事を描いた話。
でもこういうシンプルな話こそ、
読み手にとっては自分にとって意味のあることに置き換えやすくもあるものです。

より深く読み取れば、同じ人であっても時が変われば違う感情を抱くような。
さらに言うと、羽海野チカが描いてこそのテーマがここにあったような気がしました。

羽海野チカが描く優しい絵柄や、表情豊かなキャラクターたちだからこそ
より素直に優しい気持ちになれたようにも思っています。


短編集としてのストーリーのシンプルさ。
それとは逆に伝わる感情、生まれる感情の豊富さが魅力的な羽海野チカの短編の数々。

素敵な一冊です。

スピカ ~羽海野チカ初期短編集~ (花とゆめCOMICSスペシャル)スピカ ~羽海野チカ初期短編集~ (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/07/20)
羽海野チカ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.07.20 Wed. 23:54 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「ほしのこ!」3巻感想 ※ネタばれ有り
「はじめてのあく」10巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/544-9e28b8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。