スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「3月のライオン」6巻感想 ※ネタばれ有り 

「3月のライオン」6巻読了~。

20110723_06.jpg

帯のコメントは"戦いの第6巻"。

いじめとの戦い、将棋の対戦相手との戦い、自分自身との戦い。
だがこの戦いは胸が熱くなるというよりも、
締め付けられ掻き毟りたくなるような苦痛を伴うものばかり。

前巻でいじめられていた子を助けたばかりに、
今度は自身が標的とされてしまったひなた。

家族に打ち明けるものの突破口の見えない戦いの始まりに
本人も周りもどう動くのか。

20110723_07.jpg

ひなたの祖父の言葉がなんと力強いことか。
何も間違っていないという言葉と共に、
自分たちは味方だと支える力もこもっているように見えた。

祖父のような言葉をかけることができなかったと落ち込むあかりも、
その心はひなたと一緒になって戦ってるんだと思う。

零も零の担任の林田も高橋も、直接の解決はできないけど
ひなたの味方はみんなでいい方向への道を模索している。

でも、状況は一向に改善されることなく耐える日々を過ごすひなた。

20110723_08.jpg

悔しい気持ちを怒りと共に溢れさせるひなた。

ベストな解決方法なんてないのなら、
いっそクラスメイトたちを全員殴ってしまえばどれだけ楽か。
相手にしなければ、逃げてしまえばどれだけ・・・。
とりあえず担任だけはどうにかしないと気が済まない。
そんな気持ちが次から次へと溢れてきました。

でも耐えるだけじゃない、戦い続けている彼女のなんと強いことか。

そしてそんな彼女をそこからすぐに救うことのできないのがどれだけ歯痒いか。

ひなたの支えになろうと自分ができることを探し、
少しでも多く対局料を得るためトーナメント戦に力を入れる零。

そんな折に、対局相手の非情な千日手の前に体調を崩した二階堂。

20110723_09.jpg

ひたなと二階堂という戦い続ける2人の気持ちをどのように受け止めたのか。
自分以外の人間と触れ合って感じたことを思い出し、
どんな気持ちで一手を差し替えたのか。

このときの零の一手に込められた意味は、
きっと零にとってこれからも大事なものになるんじゃないかと感じた。

とまぁ、本来なら喜びのひとつもあっていい新人王の獲得なんだけど、
すでに気持ちがひなたに向いているのが零らしいw

修学旅行に京都にきていたひなたを探して、
もはや必然といえる意味をもって探し当てた零。

20110723_10.jpg

案の定孤立して河原にひとり佇むひなたと、
そんなひなたを支える零。

安心した気持ちが湧くとともに、やはりやりきれない想いも抑えきれない。

どうしたらこの状況を良い意味で抜け出せるのだろうか。
そんなことばかりを考えていた6巻でしたよ・・・。

とまぁ、気持ち的にはとても暗いのですが、
今巻で戦う人々から勇気をもらったのもまた事実。
こんな風に自分を貫けるっていうのは、憧れを通り越して尊敬の念を抱く。

でも、そうしなければならない状況っていうのは誰にでもあるはず。

そこで逃げてしまわず、他人に責を負わさず、
自分が解決することに意義を見出さなければならない。

私だけでなく、3月のライオンを読んだすべての人が、
今身の回りで起きている、もしくは今後起きたときに
ひなたや二階堂をはじめ、この作品に登場する人物の強さを思い出すことができれば、
実行することができれば、きっとそれで救われる人だっていると思う。

作中ではまだ問題は全く解決していないけれど、
このエピソードは前を見る力を与えてくれるのだとして受け取りたい。

次巻の展開も注目したいです。


3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
(2011/07/22)
羽海野チカ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.07.23 Sat. 23:34 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2011年33号感想 ※ネタばれ有り
「ほしのこ!」3巻感想 ※ネタばれ有り »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/546-4749b486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。