スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「週刊少年ジャンプ」2011年35・36合併号感想 ※ネタばれ有 

月曜は「週刊少年ジャンプ」の発売日。
今週は合併号。

20110808_01.jpg

表紙はアニメ化の主人公集合。

今週はハンター×ハンターが連載再開。
どこまで続くか注目w

「鏡の国の針栖川」は鏡からの脱出方法っぽいものの情報を入手。

20110808_02.jpg

相思相愛となれるパートナーが現れると脱出できるという。
怪しい占い師ってのもあるし、ベタなロマンスが鍵だったりと
どこまで真実か謎だけど、これはこれでわかりやすくていいかな。

真桜の勘違いが働いている現状だと、針栖川と咲をくっつけようと暴走するかと予想。
鏡の秘密を知られてはいけないという制約の中、
針栖川と真桜以外の人間を巻き込むとすれば、どういう展開になるのか。

針栖川がいきなり告白~なんてないだろうしねぇw
ラブコメ度の加速に注目したい。

「めだかボックス」は先輩による後輩指導的な何かw

20110808_03.jpg

ここぞとばかりに嫁のポジションを獲得しようとする鰐塚とかね。

それにしてもどこまでも冷静かつ強い阿久根がカッコいい。
柔道は打撃はないけど、着衣有の寝技では最強でしょうねぇ。
特に絞め技での意識の刈り取り具合は芸術だと思ってます。

ノーマルながら阿久根とここまでの攻防を繰り広げた鰐塚。
阿久根の弟子っていうのが格闘面なのか生活面とか諸々なのかはわからないけど、
これまでで一番候補生の成長への期待が感じられた話でした。

「マジコ」の扉絵とサブタイトルを見て最終回が頭をよぎったのは私だけではないはず。。

とりあえず終わらなくてよかったけど、
もう話の展開が収束していきそうで怖い。

20110808_04.jpg

久しぶりに活躍のエマはエギドナの器足りえた魂だけに、
エマ自身の力もそれに匹敵したってことかな?

指輪をパスとしてシオンと繋がったり、
シオンとエマの力からガスパの心を解放したりと、
エマの力のあり方はやはり温かいものであったようでなにより。

エマが力を使ったことでエギドナが活性化とかないか心配ではあるものの、
力の方向性というか有用性がこれまでと違う道に見出される可能性はできたかも。

いい嫁ですw

合併号ということでページ的にもいつもより読み応えがあった今週号。
おおよその作品がそれなりにキリがいいとこで続いてるので、
今回は心穏やかに2週間待ちたいと思いますw

再来週の発売を楽しみにしてます。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ジャンプ

2011.08.08 Mon. 23:50 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「ハヤテのごとく!」29巻感想 ※ネタばれ有
「月刊少年マガジン」2011年9月号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

ハンター×ハンターはこの時期に「貧者の薔薇」はやばくね?と思いました…。
まあ、売れっ子だからできるのかな?(穿った見方だけど、確信犯な気も)そうでなかったら自粛しそうだし、編集サイドでまず許可しないのでは?
と、ヒネた思考をするような人なんです、私(^^;

鏡の国の針栖川
ゴールが見えましたね。かなり回り道することは必然でしょうがw …えっと、青い鳥?

めだかボックス
ああいう勝敗の決め方、やるなぁ、とw
ほんと毎回ルールを逆手にとるなぁw …えっとほめ言葉ですよ(^^;
ああいう師と弟子の絆は個人的にお気に入りです。師弟の関係は師から弟子への依存や片道通行の交流ではなく、互いの向上につながるものだと思っているもので。

マジコ
…ほんと今後の展開が不安。ジャンプはもう少し新人を長い目で観て欲しいです。でないと前例踏襲の作品ばかりになるんじゃないかと。読み切りなんてストーリー作成のマニュアルがあるんじゃないかと思うくらい似たり寄ったりな代物ばかりだし。一見抜けてるけど、実は強いとか(苦笑)
エマが黒魔女の力を内包することになったのは逆境で鍛えられたためか、黒魔女の力を抑えることができる素質故か、或いは両方か。
守られるだけでなくなりそうなのも、今後の展開に期待できそうです。…打ち切りされなければ(爆)

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2011.08.14 11:24 * 編集 *

ジャンプの姿勢については「バクマン。」じゃないですが、
色々と思うとこはありますね。
ハンター×ハンターが連載再開すると特に。

私の認識としては新人を育てる雑誌では全くないので、
「マジコ」はやはり心配になるところ。

「めだかボックス」の西尾維新原作のように、
実績を残している原作者の話を描かせるってのも
ひとつの育成手段だとは思いますけどね。
これはジャンプではめずらしいタイプな気もしますが。

なにはともあれ「マジコ」は今が踏ん張りどころ。
頑張ってもらいたいです。

「めだかボックス」はあざとさもありますが、
見せどころをわきまえてますねw
色々な意味で安心して見続けられそうです。

URL | むらちゃん #-

2011.08.14 20:15 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/555-408106a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。