スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「新約 とある魔術の禁書目録」2巻感想 ※ネタばれ有 

「新約 とある魔術の禁書目録」2巻読了~。

20110810_01.jpg

いつもぶ厚いので300ページ以下だと逆に違和感w

帰ってきた上条当麻。
そして集結する3人のヒーロー。

大きく変わった世界のバランス、台頭する新勢力。
つかの間の平和を捨て、自ら選択した戦いのある日常。

新約となって1巻目はあれよあれよと巻き込まれる展開だったが、
今巻では魔術とは何かのおさらいと、新たな勢力を含めた現状の解説編といった形。

20110810_02.jpg

バードウェイとかいい解説役が登場したものですw
ちなみにバードウェイは前日発売の「とある魔術の禁書目録SP」で登場してるので、
そちらをチェックするといいみたい。
・・・私はまだ未読ですが^^;

当麻は認知するとこが多いけど、一方通行と浜面は魔術に関しては素人。
ロシアでその存在の一端には触れたけど、
改めて魔術がどういうものか、魔術と科学の対立により起こされた第三次世界大戦が
どれほどの規模であったかなど知ることができた。
ヒーロー3人がようやく知識として同じ位置に立てたと言えるかな。

とまぁ、話の内容は非常にシリアスながらも、
バードウェイの長い解説の合間合間に乱入してくる女性陣たちとの絡みが笑えました。

当麻帰還の報が流れたあたりからの展開からしてもうなんていうか、
上条さんマジぱねぇ感じに。

20110810_03.jpg

浜面が師匠と呼びたくなる気持ちもわかるというもの。

それにしても自分の想い人が他の女性と絡むと、
不穏な空気を遠隔から察知するパターンは毎回ツボにきて笑ってしまう。

滝壺やラストオーダーあたりはその能力もあって察知度は高そうだ。
だが、一番面白いのは五和だったりするんだけどね。

さてさて、そんなラブコメ展開がありつつも、
早速新勢力であるグレムリンがご挨拶とばかりに世界を危機に陥れる。

20110810_04.jpg

というか、世界の危機を招いてみたり、聖人である神裂といい勝負してみたりと
なにやら計り知れない力をご挨拶として行使するグレムリンが脅威的すぎる。

魔術サイドの組織になるようだけど、何やら科学的な技術も用いているっぽい雰囲気で、
まさに魔術と科学に対する第三勢力といった風情。

元々第三勢力といえば上条勢力として科学と魔術側には認知されていたこともあるし、
魔術師と超能力者が混成できる上条勢力は、
グレムリンに対抗するのにうってつけともいえるのかな?
上条勢力は状況が生み出した名前だけの存在ではあるんだけどw

まぁ、当麻が動けば利用なり好意なりで力を貸してくれる人は多いのも確か。

新たな戦場に向かう当麻に真っ先に力になろうとしたのが美琴ってのはニヤニヤですがね。

20110810_05.jpg

いよいよ真ヒロインが本領を発揮するか。
無印のときの不遇な扱いを新約で払拭してくれることを祈ってます。

そんな美琴の頑張りとは対象的に、
今巻でもインデックスさんの扱いは相変わらずすぎて泣けたw
見せ場だった魔術解説まで、ほとんどをバードウェイに取られてしまって、
このヒロインさんはこれから先出番があるのだろうか。。

まとめ。。。

これまでのおさらいと、新たな敵との開戦の狼煙があがった今巻。
科学サイドも魔術サイドも想定外の事態に突入したようで、
各々の思惑によりどのように動くのか注目となりそう。

規模も要する能力も見えないグレムリンの目的は当麻だけなのか、
他に何かしらあるのかといった点も明かされてくるのかな?

一方では当麻攻略フラグを立てた美琴。
並み居るヒロイン候補たちに一歩先んじた状況を利用し、
どこまでメインとして食い込めるかがラブ的な意味で大注目w

全体的には幕間といった話ではあったけど、
状況整理をしつつ息抜きが出来るコメディ要素もあって面白かったです。

次巻も楽しみにしてます。


新約とある魔術の禁書目録 2 (電撃文庫 か 12-30)新約とある魔術の禁書目録 2 (電撃文庫 か 12-30)
(2011/08/10)
鎌池 和馬

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2011.08.10 Wed. 17:15 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「レトロゲームマスター渋沢」感想 ※ネタばれ有
「兎の角」2巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/558-e66c36f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。