スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ソードアート・オンライン」8巻感想 ※ネタばれ有 

「ソードアート・オンライン」8巻読了~。

20110815_01.jpg

400ページ超とか大ボリュームでした^^;
その分、見どころ満載です。

とりあえずペラとめくった内表紙が
RPGゲームのパッケージと見紛うようなデザイン。

20110815_02.jpg

無性にゲーム欲求が掻き立てられますw

今巻は3本の短中編で構成されてますが、
まずは1本目の"圏内事件"。

既刊でその名称は聞いてましたが、いよいよ語られることに。

このころのアスナはまだツンが目立ってます。
ここから次第にキリト色に染められていくと思うとニヤニヤがw

20110815_04.jpg

圏内事件のほうはミステリっぽく話が展開されていきますが、
個人的な見どころとしてはラフコフの頭首<PoH>の登場でしょうか。

20110815_05.jpg

ラフコフとキリトの因縁はGGOでその一端が描かれたけど、
SAO内での決着はまだ描かれていない。
きっと嫌~な感じのエピソードなんだろうけどねw
気になります。

圏内事件そのものについては、ドラマ的ではあるものの
人の正と負の両面がうまく描かれているという印象。
みんなエゴで動いているのだけれど、
SAOというデスゲームの中で現実を生きてるのだと感じました。

2本目"キャリバー"は、エクスキャリバー獲得クエストの話。

これぞMMORPGというかの如く、久しぶりに全力でゲームを楽しんでいるのが
読んでいても楽しいし興奮する展開。

クエストに挑む7人もいかにも華やか。

20110815_03.jpg

だが、これまでのエピソードを読んでいれば、
最強の布陣ともいえるでしょう。
頼もしすぎる。

中でも注目は、ALO側では初めてその腕を披露してくれるシノン。
GGOでは超絶スナイパーだったけど、ALOで武器は違えどその腕前は劣らず。
ステータスに依存されないALOだからこそ、
その純粋な能力の高さがカッコ良すぎる。
キリトとは別種の高みを極めた人ですね。

そんなクールなシノンとキリトの絡みがまた格別に面白かった。

20110815_06.jpg

キリトの周りの女性陣の中では最もツンツンなシノン。
キリトとのやり取りも、他の女の子とは一味違った牽制戦というか、
相手の意表を突ける隙を狙い合っているかのようw

20110815_07.jpg

初手でセクハラまがいの力技でシノンから技ありをとったキリトから、
女性の武器と自分の気持ちのスレスレ利用した会心の口説き文句で
見事な一本をとるシノン。

GGOのときはシリアス強めだったけど、
今回の純粋な日常風景でこの2人の関係が一気に好きになりました。

クエストのほうではキリトの無双っぷりに勝るとも劣らない活躍もしてるし、
もっともっと活躍する姿を見たいです。

3本目はSAOというデスゲーム開始直後を描いた"はじまりの日"。

MMORPGは情報こそ命。
たとえそれがデスゲームであっても、他人より有利な点を利用するのは
人としてというよりゲーマーとして当たり前の感覚でしょう。

いきなりのMPKをかましてくれたコペルだが、
それがアンモラルだとわかっていても極限状態での選択肢としては
納得できないまでも理解しなければならないのだろうか。

コペルの行動を受け止めることのできたキリトの心理状態もまた極限だからこそだったのかも。
この後のキリトにはいくつもの試練が待っているわけだが、
この経験はキリトにとって教訓なのかトラウマなのか、
もしくは目覚めや自覚といった刹那的なものなのか。

とにもかくにも、デスゲームの始まりとしては相応な衝撃的スタートには違いない。

超ボリュームで綴られた本作。
内2本がSAOの話ということで、
濃密な仮想世界での現実はそれだけエピソードが満載なのでしょう。

とはいえ、今回のALOのエピソードも非常に魅力的だったし、
もうあっちもこっちも面白さで溢れかえってますよ。
あれも読みたい、これも読みたい状態w

次巻はまたしても新展開「アリシゼーション」編ってことで期待してます。

んで、巻末には川原礫の今後の続刊予定が掲載。

アクセルワールド10巻が10月10日で10が3つ揃いますね。
これは覚えやすいw

10巻って書いてあったけど、9巻ですね。
10が多いから勢いで10巻って書いちゃった誤植でしょうかw
ってことで、10月10日に9巻発売。

ソードアート・オンライン9巻は2012年春頃ってことで、
こちらは若干間が空く形。

アクセルワールドはついに二桁に突入です。
面白さの加速もとどまることをしらず、まだまだ走り続けてくれるでしょう。

楽しみにしてます。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2011.08.16 Tue. 00:32 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「魔法先生ネギま!」35巻感想 ※ネタばれ有
アニメ「カーニバル・ファンタズム」1stSeason感想 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/563-f69c9398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。