スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

漫画版「Another」3巻感想 ※ネタばれ有 

「Another」3巻読了~。

20110902_01.jpg

相変わらず目力が強いこの漫画。
今巻も緊張感と恐怖の連続でした。

まずは千曳の口から語られた
過去に三年三組に起こる現象の話から推測されるルールが色々と明らかに。

何十年も前からの話なのでこのルールの信憑性は高いとみてよさそう。

同時に恒一の母親も15年前にこの災厄によって亡くなったことが判明。

20110902_02.jpg

15年前に三年三組だった怜子だが、その事実に未だ苦しみながらも
靄がかかったような記憶にも悩まされ続けている。

そんな怜子の口から語られるのは、その年は途中で災厄が止まったという記憶。

怜子の言葉を頼りに災厄を止める要因を探す恒一だが、
災厄は待ってはくれないとばかりに、担任の衝撃的な自殺を遂げる。

20110902_03.jpg

これはきつい。
いよいよ<いないもの>の効果もないとばかりに、通常の扱いに戻される恒一と鳴。

<いないもの>とか正直信憑性のない対抗策だっただけに、
今更感なんだけど、それだけ周りはわらにもすがる思いだったのでしょうねw

何はともあれ、ようやく災厄を止める手がかり探しを
クラスメイトと協力してできるようになったのは大きい。
心理的安心も大きく左右しそうで、これは良い兆候。

そんな災厄を止める手がかりも意外なところからの情報で一気に前進・・・。

20110902_04.jpg

といえば前進なんだけど、
カセットテープの修理とか後手に回ったのはちょっと嫌な展開。
何より優先すべき懸案なんだけど、
同じくらい重要なクラス合宿が先に開始されてしまう。

20110902_05.jpg

記念撮影とかベタながらも後に語られる不吉な一枚になりそうで怖いw

写真とってるときに超睨んできてる赤沢さんとか
絶対何かしでかしそうでこちらも怖すぎるけどw
もうこのクラス合宿が誰が生き残るか的なイベントにしか見えなくなってます^^;

いよいよ物語が佳境に突入してきた感があるけど、
正直今年の<死者>が誰だかさっぱりわかりませんねぇ。

怪しいのは恒一と鳴なんだけど、恒一は現在の情報を信じるなら死者の条件からはずれるし、
鳴は何やら自身ありげに自分は<死者>じゃないとか言ってるし。。

担任に昇格した三神先生が最有力かって思うけど、怪しみ始めたらもう全員怪しいw

とまぁ、単純なホラーだけじゃないミステリ感があるのは
怖いながらも楽しめていいですね。
今感は続々出てくる情報も面白さを増長させてよかったです。

次感も楽しみにしてます。


Another (3) (角川コミックス・エース 170-7)Another (3) (角川コミックス・エース 170-7)
(2011/09/02)
清原 紘

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.09.02 Fri. 21:41 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「マジコ」2巻感想 ※ネタばれ有
「長門有希ちゃんの消失」3巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/575-201e6771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。