スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「僕は友達が少ない」7巻感想 ※ネタばれ有 

「僕は友達が少ない」7巻読了~。

20110920_01.jpg

アニメ放送直前の本作。
今巻はアニメDVD付き特装版が発売ってことで、こちらをゲット。

内容のほうは・・・とりあえず肉の凄さはよくわかったw
この威力半端ない^^

闇鍋の話だったけど、これを食事しながら見た私はある意味十分堪能したとも言える。
ていうか、美少女が台無しすぎる。

アニメーションはよくできていたけど、
演出がちょっとくど過ぎて好みじゃなかったのが若干心配かな。

ブリキ絵といえば「電波少女と青春男」のクオリティが良かっただけに
比較されること必至と考えると、もうちょっとがんばって欲しいかも。

とにもかくにもアニメ放送は楽しみにしてます。

さて本編。

小鳩の誕生会も明けて、いよいよ学園祭の準備も本格化する隣人部。

小鳩のクラスが映画を上映するときいて、
盛り上がった面々も映画を撮ることに決定。

今巻はこの映画撮影をメインに、これまでにないシリアス方向に話が進展。

まず話の中心は夜空。

撮影の参考にと小鷹を映画に誘い、何気に2人きりのデートを決行。
何気に選んだ恋愛映画のベッドシーンで赤面したり、
ねこ喫茶で猫語を話すなど普段とのギャップを見せたりと可愛すぎる。

20110920_02.jpg

小鷹との過去を気にしている様子も見せたりと、
ちょっといい雰囲気なんじゃないかなとか思ったりもしたけど、
このエピソードのタイトルからして修羅場フラグとか言ってる罠w

そして修羅場フラグの意味がすぐに判明するわけだが。。

思いのほか良質な脚本を仕上げた夜空だが、
想定外のキャスティングによりシナリオに手を加えるといいつつ、
小鷹と夜空が幼馴染になるよう強引な改悪を加えてしまいトラブルに。

20110920_03.jpg

めずらしく星奈が夜空に勝つという光景だったけど、
さすがにここは星奈の言い分が正しいね。

夜空が過去の思い出にしがみつこうと必死なのもわかるけど、
今を蔑ろにしてまでな態度はちょっと。。

と、ここでシリアス路線がどこまで続くのかと思ったけど、
星奈の言葉を真摯に受け止めたのか、小鷹との会話が効いたのか、
夜空なりの答えを示して元通りってのはちょっと安心しました。

なんだかんだで夜空と星奈は言いたいこと言い合うだけあって、
わだかまりも小さいのだろうかね。

とかいってこの夜空の脚本は後々全却下を食らうわけだがw

そんな夜空問題が解消したかと思ったら、
次に起こるは星奈との許婚騒動が表面化。

20110920_04.jpg

当初はペガサス理事長の勘違いだったのか~みたいに描かれていたが、
予想通りというか、小鷹の父親とも過去に許婚の約束を交わしたことがあるという事実も発覚。
それでも小鷹の父親は自覚してない可能せいがあるっぽいけど。

とりあえずここで重要なのは、小鷹と星奈にも過去の接点があったということで、
夜空がアドバンテージだとしていたものより
強烈な設定を持ってこられてしまったということでしょうか。

小鷹を巡って夜空と星奈はお互い意識しているのは明白ながらも、
常に過去に目を向けている夜空にとってはマイナス思考にならざるを得ないか?

さらに複雑なのは、小鷹を巡っては三角関係ではなくそれ以上の多角形な点。

最も押せ押せなのが理科。
彼女が報われないのは毎回のことだが、今回は物語を動かす役を演じます。

20110920_05.jpg

冒頭1ページめの台詞なのでしょうね。
隣人部が隣人部員である資格を持たない場合どうなってしまうのか。
つまり、お前らもうリア充じゃね?ってことなんだけどw

複雑に考えると、友人を飛び越えて恋人ができそうな小鷹は、
すべて現状維持というのも難しいという点において、
今の関係を崩したくないというのもわかる気はするかな。
ぶっちゃけ小鷹ハーレム崩壊の危機(`・ω・´)

部員の中で最も客観的かつ合理的である理科にとって
隣人部が先に進むための鍵はとうの昔にわかっていたのだろう。
理科のこういう面は頼もしくもあり、時としてちょっと怖さも感じるけど。

そんな理科の言葉を始め、
小鷹と夜空や星奈との関係の変化、
マリアがクラスメイトに囲まれる小鳩を見たときの気持ちなど、
隣人部発足時とは違う今の関係は自覚せざるを得ない時がきているのでしょう。

現状維持するも、次に進むも小鷹の気持ち次第か?

果たして隣人部の行く末はどうなってしまうのか。
次巻からの展開に注目したいです。


僕は友達が少ない7 DVD付き特装版僕は友達が少ない7 DVD付き特装版
(2011/09/21)
平坂 読

商品詳細を見る



僕は友達が少ない7 (MF文庫 J ひ 2-25)僕は友達が少ない7 (MF文庫 J ひ 2-25)
(2011/09/21)
平坂読

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2011.09.21 Wed. 00:02 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

« 「碇シンジ育成計画」12巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2011年41号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

内容全然知らなかったんですが、DVD観て視聴決定しました。
ヒロインのゲ〇とかすごすぎますw

メジャーな作品に(軽い気持ちで?w)よく出てる売れっ子俳優には絶対できない演技ですねw

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2011.09.21 22:50 * 編集 *

内容知らずにDVD付きの今巻を買う黒鉄さんカッコいいwww
アニメ視聴するのであれば、まずはアニメで、
続いて原作をって流れになることに期待してますw

ゲロをモザイクなしの残念顔で吐いてしまうヒロインは
この作品以外に知りません。
きっとアニメではもっと残念な姿を見せてくれると思いますので、
楽しみにしたいです^^

URL | むらちゃん #-

2011.09.22 00:34 * 編集 *

めちゃくちゃすごい。よくまとめられましたね、これ

URL | 無知 #-

2011.09.28 17:02 * 編集 *

>無知さん

登場人物が多い上に、個々が持つ本音が微妙に隠されていたりで
なかなか複雑な人間関係になってきてますね。

物語としては色々なことが同時並行しているようで、
実際にはひとつの方向に集約してきているのが、
この作品の意外と(笑)巧みなところでしょうか。

基本的には難しく考えないで
頭を空っぽにしても楽しめる点も好きですけどw

URL | むらちゃん #-

2011.09.29 01:08 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/588-e25f8380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。