スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「宙のまにまに」10巻感想 ※ネタばれ有 

「宙のまにまに」10巻読了~。

20110926_06.jpg

2桁の大台に乗ったとこで、これがまさかの最終巻!?
終わりって知らなかったので結構ショック。

でも美星たち3年生の卒業で幕を下ろすのは展開的には納得。
そして最後まで感動させていただきました。

では最終巻の感想を。

まずは気になる受験の結果。

合格発表前には3年生たちのそれぞれの心境など描かれたり。

印象的だったのはふーみんこと琴塚。
今の自分の力を確認することに不安を抱きつつも、
その結果を前向きに受け止めることができる強さ。

更には朔との関係にもそれとなく妥協点というか、
現状のポジション確認というかw

美星とは違うタイプだけど、朔とふーみんもお似合いなんだよなぁ。。

20110926_07.jpg

それはそれとして、美星とふーみんは揃って志望校に合格。
このあたり感情移入して読めたので、嬉しくて感動してました^^

なんだかんだで腐れ縁続きの美星とふーみん。
これからもこの二人の関係はいい意味でそのままなんだろうなぁ。

みんなの肩の荷が下りたところで、朔の引越し騒動などはさみつつ
大規模観望会の開催。

20110926_08.jpg

もうこれはお祭り。

OGOBまで勢揃いだったけど、結果的にはこれが美星たちが在学して最後の観望会。
過酷ながらも全力で楽しむ姿はまさに学園、そして部活動。

他校との交流もすっかり自然体です。
高天ネット初参加のときと比べると実に成長してますw

20110926_09.jpg

仲間同士の交流が目立ったけど、それとないラヴ臭もちらほらで
色々な意味で頬が緩みました。

"部活から離れない部活もの"を描こうとしていたという作者の想いが、
毎巻の積み重ねとしてこの形となったと思うと感慨も一塩。
まさに青春グラフィティ。

最後に気になる美星と朔の関係。

20110926_10.jpg

答えが出たと言えるのか言えないのか微妙なところだけど、
最後まで2人らしい関係が感じられるいいシーンでした。

変わるけど変わらないみたいな。

姫の恋心もまだまだ燃えてるしで、
朔たちの恋愛模様はこれからも波乱含みなのかな?w

彼ら彼女らの青春はまだまだ続くよってな終わり方でしたが、
うん、本当まだまだこの物語を読みたかったです。

この作品を読んでから、ふと空を見上げることも増えました。
知識はなくても、空の星を見るとちょっと幸せな気分になれたのも
その楽しさを感じている朔や美星たちの姿があったからこそ。

星だけでなく、日常的なシーンも印象に残ったのも魅力のひとつ。
私はもう学生生活は通り過ぎましたが、
感情移入だけはがっつりできたので、
登場人物たちの一喜一憂が我が事のように感じられました。

天文という一般的には地味な分野を、
星の魅力をふんだんに描く、そしてそれを語る素敵なキャラクター達。

私にとって最高の作品のひとつになりました。

柏原麻実先生、「宙のまにまに」完結おめでとうございます。
そしてお疲れ様でした。
また素晴らしい作品が読めることを楽しみにしています。


宙のまにまに(10) <完> (アフタヌーンKC)宙のまにまに(10) <完> (アフタヌーンKC)
(2011/09/23)
柏原 麻実

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.09.27 Tue. 00:51 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「WORKING!!」10巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2011年42号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/594-8d04b010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。