スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「魔法少女リリカルなのはViVid」5巻感想 ※ネタばれ有 

「魔法少女リリカルなのはViVid」5巻読了~。

20111022_01.jpg

4人全員が選考会を良好な結果で通貨したチームナカジマ。
いよいよインターミドル地区予選の開幕。

ってことで、バトル満載となった今巻。
注目カードはガッツリ描かれているので見所も盛りだくさん。

まずは八神家流からの初参加となるミウラ。
対するは抜刀術のミカヤ。

攻防が凄まじいながらも魔法戦というより純粋な格闘に近い展開。
初撃で大ダメージをくらいながらもその圧倒的スピードと重い打撃で、
近接戦闘のペースを握り始めるミウラ。

20111022_02.jpg

そこへきてミウラの集束系魔法。
あくまで真っ向から迎え撃つミカヤの士道ってのもあったけど、
まさかの大逆転勝利とか熱いバトルでした。

カウンター使いのヴィヴィオにとっては相手の攻撃が重いほど
カウンターから生み出す力も増すだけに、
次のヴィヴィオ対ミウラの展開が楽しみです。

そして個人的にも最大の注目カードとなるのが、
同門対決となるアインハルト対コロナ。

20111022_03.jpg

アインハルトの実力を知るからこそ、
自分との力の差を知るコロナだが、
それでも自分にしかない力であくまで勝利を目指すその意志。

20111022_04.jpg

正直コロナもリオも、ヴィヴィオの友人という脇役的スタンスという印象だったけど、
3、4巻での活躍を見た上で、この素直な気持ちを聞くと
応援したくなる気持ちがぐっと上昇してきましたよ。

秘策もあるみたいだし、どちらかといえば真っ正直なアインハルトに対するには
常に自分に有利な展開を作り出してって形になるのかな。

そして始まるアインハルト対コロナ戦。

20111022_05.jpg

うまくファーストアタックを決めたコロナは、
ゴーレム創成の体勢を整える・・・ってとこで終わりかぁ。。

コロナ自身も近接戦向きではないなりに、
ゴーレム創成と組み合わせた重い一撃でガードの上から体力を削るとか
なかなかどうして格闘もできますねぇ。

コロナのペースで始まった対決。
勝敗も含めて次巻の展開に期待です。


魔法少女リリカルなのはViVid (5) (角川コミックス・エース 169-7)魔法少女リリカルなのはViVid (5) (角川コミックス・エース 169-7)
(2011/10/23)
藤真 拓哉

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.10.22 Sat. 22:23 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「生徒会の金蘭」感想 ※ネタばれ有
「ダイヤのA」28巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/609-ab01c401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。