スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「織田信奈の野望」7巻感想 ※ネタばれ有 

「織田信奈の野望」7巻読了~。

20111113_01.jpg

浅井朝倉連合軍との対決を中心に、
良晴、信奈、十兵衛ちゃんの三角関係やら
武田・北条陣営とのちょっとエッチな絡みがありつつの篭城戦が描かれた今巻。

まず気になるのが、前巻のひきでの十兵衛ちゃんとのやり取り。

20111113_02.jpg

良晴の気持ちを聞いた十兵衛ちゃん。
自分の気持ちを誤魔化しているというか素直に認められないながらも、
衝動に突き動かされてキスしてしまうあたりは
もうどうしようもできないほどに良晴に惹かれているのでしょう。

空気読めなさだけが非常に残念なのは変わらないけどw

そんな十兵衛ちゃんの知らぬ間に婚前旅行とう裏の目的を秘めつつ、
武田・朝倉との和睦交渉のために小田原城に向かう良晴と信奈。

この道中がなんかもう・・・エロい!

20111113_03.jpg

信奈との旅籠での一夜(未遂)とか、
またしても温泉で遭遇する勝千代+朝倉などなど。。

特に良晴を自陣に引き込もうとする勝千代が、
良晴の相手とさせるために、武田四天王を裸で並べて検分させるとかなにこの展開w

動揺はあるんだろうけど意外と冷静に批評する良晴とかさすがの大物っぷり。
口惜しいかな四天王の挿絵がないので、読者としてその体を検分できない(血涙

信奈一筋と決めて数々の誘惑に耐える良晴の態度には好感がもてますが、
それはそれ、これはこれと据え膳に手を出す展開もちょっと見たかったかなw

んで、本来の目的である和睦交渉。

良晴を大将として武田騎馬隊をもって伊達軍を撤退させることを
和睦の条件に出した策士北条氏康。

20111113_04.jpg

雑賀孫市の鉄砲ツッコミでまさかの良晴死亡とか、さすがになかったですね^^;
まぁそれにしてもこの時代の鉄砲はやはりすごい。
そしてそれを臨機応変に登用する伊達政宗の器量もただの中二病じゃない証明か。

政宗と面識があった・・というか焚きつけた張本人の良晴。
政宗との交渉についてはやはり利よりも情のほうが通じる相手でした。

母親との確執という点では信奈との共通項のある政宗。
信奈の説得で撤退を決意することとなったけど、
この後の展開として異なる決断をした2人として対照して描かれてるのが印象的。

和睦交渉も無事締結ってことでいよいよ浅井朝倉連合軍との決着。

見所はやはり信澄と長政の恋の行方。
ここで史実の信長でも有名な髑髏杯のエピソードを持ってきましたねぇ。

果たして良策とはいえないが、
浅井朝倉の滅亡を決定的に世にしらしめるには十分な効果を発揮。
そのせいで信奈と母親である土田御前との確執は、
よりいっそう深いものになってしまう訳ですが。

20111113_05.jpg

冷めた祝宴の場に最後まで残った家臣たちの前に現れた
男装を解いた長政ことお市。

生きてこの場に出られるために犠牲にしたもの
その数その大きさを思うと何ともいえない感慨を覚えるシーンでした。

フィクションだからこそこうしてたった一つの幸せを手に入れるに至ったけど、
実際の戦国時代には家の問題、身分の問題による悲恋のほうが多いのでしょう。

だからこそこの結末の先はただ男女の幸せのみ残っていて欲しいですね。

というわけで、仮初めながらも展開めまぐるしい状況は一旦の落ち着きとなるかな。

外敵としては西には毛利、東には武田、北条、上杉といよいよ名だたる大国が待ち受ける。
国内では信奈、十兵衛ちゃんの三角関係も気になるし、半兵衛ちゃんの容態も心配。
突如現れたドン・シメオンが語る良晴を現代に戻す方法の真偽も気になる。

次巻からは新章突入ってことです。
一国の主となった良晴。
ドン・シメオンこと黒田孝高の登場もあって、内政面とかも描かれると面白いかな。

次巻も楽しみにしてます。


織田信奈の野望 7 (GA文庫)織田信奈の野望 7 (GA文庫)
(2011/11/16)
春日 みかげ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2011.11.13 Sun. 17:28 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2011年49号感想 ※ネタばれ有
「魔法科高校の劣等生」3巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/625-ca5273ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。