スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「アイドルマスター2-The world is all one-」1巻感想 ※ネタばれ有 

「アイドルマスター2-The world is all one-」1巻読了~。

20111126_06.jpg

Pになって日が浅い私が始めて手に取るアイマス漫画。

弱小芸能プロダクションの765プロでお留守番の日々を送る
春香、雪歩、響の3人がヒロイン。

961プロからスパイとして潜り込んだ冴えないプロデューサーが、
彼女たちの魅力に惹かれつつプロデュースしていく展開。

20111126_07.jpg

まずは絵のクオリティが高くて、ヒロインたちの魅力が伝わりやすいのがいいですね。
春香や響なんて特に笑顔がポイントなので、
表情豊かに描かれているのが見ていて楽しい。

雪歩は私はまだゲームではプロデュースしたことないけど、
なんでアイドル目指したんだって感じの恥ずかしがり屋な性格でしょうか。
おどおどしてる普段と、アイドルとして活動するときの表情のギャップも良い感じ。

20111126_08.jpg

ユニット名が決まってからは、この3人がよりひとつにまとまって、
目標に向かって歩んでいくのが意識できる展開になってきます。
漫画ながらに自身がプロデュースしてる心境になってきました。

20111126_09.jpg

とはいえ、プロデューサーは961プロのスパイ。
黒井社長の指令を守らないといけないけど、
3人の信頼も裏切りたくないという板ばさみ。

これまで直接的な指令がなかったようだけど、
ラストではライブを滅茶苦茶にしろって指令がきて、
果たしてどうなってしまうのか。

次巻が気になります。

と、非常に面白かった本作。

絵のクオリティが高いのもいいし、
トップアイドルへの階段をひとつずつ登っていく感じが
キャラクターの成長と共に描かれて話でも見せてくれます。

プロデューサーが顔出しで登場するけど、
決してアイドルより前に出ないってのもわかってるなって感じw

竜宮小町を始め765プロに所属する他のアイドルも登場と、
SprouTの3人以外のファンにも見所があるんじゃないかな?

とにもかくにもこれは良いアイマス漫画。
大満足です。
この勢いで次巻以降も楽しませて欲しい。

次巻も楽しみにしてます。


アイドルマスター2The world is all one! (1) (電撃コミックス)アイドルマスター2The world is all one! (1) (電撃コミックス)
(2011/11/26)
バンダイナムコゲームス

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.11.26 Sat. 23:26 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2011年51号感想 ※ネタばれ有
「よつばと」11巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/634-2d879025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。