スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ハナヤマタ」1巻感想 ※ネタばれ有 

「ハナヤマタ」1巻読了~。

20111212_05.jpg

「空色スクエア」ですっかり虜になった双改め浜弓場双氏の最新刊。
何気に今月一番楽しみにしていたコミックを手に軽く興奮w

物語は内向的な文学少女の関谷なると、
アメリカからの留学生ハナとの出会いから始まる。

20111212_06.jpg

夜の街で舞うハナを妖精と勘違いしたなるは、
よさこいを踊りたくて仲間を集めてたハルに逆に目をつけられる。

20111212_07.jpg

女子中学生とよさこいというのが斬新なんだけど、
ハナのよさこいにかける一途さと、
なるが次第によさこいに惹かれていく過程がきちんと描かれていて、
読んでいてよさこいへの興味がわいて来るくらい魅力が感じられました。

ってことで、日本人なら誰でも知っているよさこいなんだけど、
実際にお祭りってどんな雰囲気なんだろうってのは知らないので軽く調べてみました。
※よさこいは高知発祥だけど、現在は全国各地で派生しているようですね。
 北海道の祭のサイトにわかりやすい説明あったのでこちらを参照。

YOSAKOIソーラン祭り

ニュースで見ただけではわからなかったんだけど、
①「鳴子」を持って踊ること
②演舞に使う曲に「ソーラン節」のフレーズを入れること
この2点が守られれば踊りも曲も自由ってのには正直驚き。

これってもうほとんど原型とどめないアレンジも可能なのでは?みたいな。
だからこそ、各チームの特色を持って挑める上に、
古い伝統を活かすも、新しい色を取り込むも自在な魅力があるのでしょう。

四国三大祭のほうがこれほど自由なルールかは知らないけど、
作中でも表現のあるとおり、日本の踊りの自由型って感じですね。

一度は見てみたいと思うけど、機会があるかなぁ・・。

閑話休題。

ハナの説得や、自身の思いもあって、
メンバー集めを手伝う決意をしたなる。

20111212_08.jpg

一方、なるの親友の笹目ヤヤは、
なるがハナと行動を共にするようになったことで、
なるを取られたような気持ちになって無意識の寂しさを感じるように。
ついにはその苛立ちから、なると喧嘩してしまう。

20111212_09.jpg

原因が自分にあることを自覚して、それが嫉妬からによるものだと気づいたりと、
ヤヤのツンデレっぷりににやけてしまいます(●⌒∇⌒●)

なるもなるで結構な頑固者っぷりを見せてくれますし。。
物語序盤ではヤヤはもうちょっとクールなキャラだと思ってたけど、
意外なおもしろキャラになってきてますねw

ハナとの相性の悪さっていうか苦手っぷりも、
傍から見てると面白いです。

20111212_10.jpg

最終的に仲直りできてよかったけど、
なるはこのまま踊り手として練習に励む方向なのかな?
何気に武道を嗜んでいるなるが意外な実力を発揮したり・・するかな?^^;

次巻からは夏祭りに向けてメンバー集めも本格化するだろうし、
新キャラの登場しそうだし、物語はまだまだこれからですね。

で、最後に・・・
やっぱり双氏の描く女の子が可愛すぎる(>▽<)
正直私的にはこれだけでも満足度が高いですよ。

微妙な女の子心理がからんだり、
よさこいという題材がどこまで活かせるかっていう期待もあったりで
この先が物凄く楽しみです。

次巻も期待してます。

ハナヤマタ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)ハナヤマタ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/12/12)
浜弓場 双

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.12.12 Mon. 22:02 -edit- Trackback 0 / Comment 5

△page top

« 「僕と彼女のゲーム戦争」2巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2012年2号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

はじめてコメントさせていただきます
RENPOUNASUと申します

よさこい
私も名前だけでその実態を知らずに
今回wikiで軽く調べた口なのですが
その新旧なんでもありで飲み込む自由度の高さは
ある意味、盆暮れ正月、バレンタインからクリスマスまで
何でもありの日本らしいものなのかなと感じました

作品の方はそれぞれの内面描写がしっかりしていてよいですよね
私もヤヤの煩悶っぷりにはにやけさせられましたw

URL | RENPOUNASU #-

2011.12.15 10:23 * 編集 *

よさこいやってます♪

はじめまして。
横からコメント失礼します。
よさこい漫画に惹かれて買っちゃいました。
絵がかわいいですね♪
よさこいは、調べてみると全国各地でやってます。
東京近辺では、日野、原宿、池袋、お台場など、夏になるとたくさんイベントがあり、原宿スーパーよさこいでは本場高知のチームも参加します。
よさこいと、ソーランはよく一緒にされるんですが、実は違います。
ソーランは北海道の踊りで、鳴子は持たず、ソーラン節(ヤーレンソーランソーラン♪)でステージ型で激しく踊るものです。
よさこいは、高知の踊りで、鳴子を持って、よさこい節(土佐の高知のはりまや橋で坊さんかんざし買うをみた~♪よさこいよさこい♪)のフレーズをいれた曲で踊ります。
よさこいはステージではなく、流し踊り(道路を踊り歩く)が主流です。
いまでは、ソーランとよさこいが合体したヨサコイソーランチームがたくさんあります。

この漫画でよさこいに興味をもってくれる方が増えると嬉しいです♪

URL | みゃん #-

2011.12.16 00:23 * 編集 *

>RENPOUNASUさん

私も身近なように感じてましたが、
調べてみて初めて知ることが多かったです。
踊るほうも見るほうも楽しそうなのがいいですね。

内面描写がきちんとしてると、感情移入もしやすいです。
ヤヤはきっと今後もニヤニヤさせてくれそうですね^^

>みゃんさん

よさこい経験者、素晴らしいです。
北海道の祭りのページで調べていて、
ソーラン?ん?って思ってましたがやっぱり違うんですね。
あちらは流し踊りの部門と、ステージの部門もあるようで、
ご指摘いただくと違う部分が色々見えてきました。

ハナヤマタは私のようなよさこいの知識が無い人間でも、
興味を抱かせるには十分な魅力が表現できてるなって感じます。

可愛いな女の子たちの交流も楽しみですが、
せっかくのよさこいという題材を最大限活かして、
その魅力をもっともっと教えて欲しいなって思います。

URL | むらちゃん #-

2011.12.16 01:15 * 編集 *

初コメント失礼いたします
結論から言ってしまうと数年ぶりにこんな良い作品に出合いました。重い出補正と経験補正が同時にかかり、興奮冷めやらないほどこの作品に期待をしております

割と辛辣なコメントとなりますがそもそもよさこいソーランと言う物は全くよさこいと関係ないと断言しときます。高知県民はよさこいソーランと同様の扱いをされるのを嫌う傾向にあるので要注意です。

私は昔よさこいを多少齧っていたものですが、この作品を見て運命を感じましたね。また始めてみようかと。今ならなるちゃんに教えられるレベルにありますし・・・ww
それと、高知県は昔から一風変わった場所です。文化的にも、思考的にも。女性はきついですしね・・・wwwwwwあらゆる意味で寛容克つ自由、今でも田舎の方に行くと草木が茂っており、落ち着く場所です。これを機にヲタク界隈でも高知が流行ると嬉しい限りですね。


URL | 高知の良心 #-

2012.02.18 17:43 * 編集 *

>高知の良心さん

コメントありがとうございます。

よさこいとソーランを混同してしまったのは
自分の反省点としてあえて感想のほうは訂正なしにしてます。
確かに地元民の方は勘違いされるの嫌がりますよね。
自分にも覚えがあるのでわかります。

逆に、本作を地元の方が評価しているというのは、
作品のファンとしては嬉しいです。

と同時に、よさこいファンの注目を浴びる本作が
どこまでその期待にこたえられるのかというのも凄く気になるし、
私のようなにわかとしては、ぜひこたえて欲しいという期待感も高まるというもの。

高知の空気を知っているとより作品の雰囲気も楽しめるのかと思うと、
それを知っているのがうらやましいです。

本作については当ブログにしてはめずらしく(笑)多くの感想をいただいているので、
私も動画サイトなどでよさこいの雰囲気を知ろうと巡回してみたりしてます。

一ファンとしてより作品を楽しむための努力していきますよっ(>▽<)

URL | むらちゃん #-

2012.02.18 23:25 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/648-20e4f9c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。